• はてぶ
  • あとで
知らなかった、こんな場所があるなんて。糸魚川ジオパークの5つの楽しみ方

皆さん、「ジオパーク」ってご存知ですか?「Geo(ジオ)」は大地や地球を指し、「Park(パーク)」は公園を意 味します。簡単に言えば“わたしたちの地球について学び、楽しめる場所”、それがジオパークなんです。あま り聞き慣れない言葉かもしれませんが、ジオパークは世界遺産と並ぶユネスコの正式プログラムです。今回は新 潟県にある「糸魚川ジオパークの5つの楽しみ方」についてご紹介します。自然の恵みをたっぷりと体感し、学 べるスポットが揃っています。是非参考にして実際に訪れてみてくださいね。(なお、情報は記事掲載時点のも のです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①絶景ビュー付き温泉でホッと一息。

提供:糸魚川ジオパーク協議会
糸魚川ジオパークの楽しみ方としてまずご紹介するのは「絶景が見渡せる温泉に入る」こと。複数の野天風呂がある秘湯“蓮華温泉”は、蓮華温泉ロッジから 15 分ほど登ったところにあり、その高さはなんと標高約 1,550メートル。かつて戦国時代の武将 上杉謙信が鉱山開発の際に見つけたといわれており、北アルプスの大パノラマを眺めながらの入浴は、疲れた体を癒すこと間違いなしです。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
特に、木々一面が黄や赤に染まる紅葉の時期はおすすめですよ。ちなみに、蓮華温泉の一番奥に位置する“薬師湯”は、女性の方でも安心して入れる女性優先の野天風呂です。視界を遮るものはなにもありません。目の前に広がる雄大な糸魚川の自然を眺めながらホッと一息ついてみてはいかがですか?
提供:糸魚川ジオパーク協議会
山間地に位置するため、車で行くことができるのは6月下旬頃から10月中旬頃までの短い期間ですが、上杉謙信も惚れ込むほどの魅力をもつ温泉は行く価値アリです!

詳細情報

新潟県糸魚川市横町5-5-14中部山岳国立公園

3.44 11

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②慌ただしい日常から離れて。小滝川ヒスイ峡で大自然を感じる。

提供:糸魚川ジオパーク協議会
2 つ目にご紹介するのは「小滝川ヒスイ峡で糸魚川の大自然を感じる」こと。糸魚川市街地から車で約40分、“小滝川ヒスイ峡”は日本の国石に指定された“ヒスイ”の日本随一の産地で、糸魚川ジオパークへ来たら絶対に外せないスポットです。夏の暑さを忘れるほどの涼しさ!慌ただしい日常から一旦離れて、糸魚川の大自然を感じてみては?
提供:糸魚川ジオパーク協議会
じつは、ヒスイが誕生するにはなんと 5 億年もの年月が...!透き通ったキレイな水が流れる小滝川には、巨大なヒスイ原石がゴロゴロ転がっており、ここにあるヒスイが長い年月をかけて海岸まで流されるんですね。糸魚川の海岸ではヒスイ探しが楽しめ、運がよければヒスイに出会えるかも...?
※小滝川ヒスイ峡とその周辺は国の天然記念物に指定されているため、石や動植物等の持ち帰りは法律で一切禁止されています。海岸で見つけたヒスイはお持ち帰りOK です!
提供:糸魚川ジオパーク協議会
小滝川ヒスイ峡とセットでぜひ訪れたいのが高浪の池(たかなみのいけ)。この池には、浪太郎(なみたろう)という体長 4m の巨大魚が棲んでいるという伝説が...。池のほとりには食堂や売店のほか、キャンプ場などもあり、知る人ぞ知る避暑地として県内外から多くの人が訪れています。特に、満天の星空の下のキャンプは最高で、都会ではなかなか味わえない絶景ですよ。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
高浪の池展望台からの眺めは、糸魚川ジオパークでおすすめの絶景スポットのひとつ。新緑や紅葉、季節ごとに異なった景色が楽しめます。小滝川ヒスイ峡・高浪の池ともに山間地に位置するため、行くことができるのは 4月下旬から 11 月上旬ごろまでです。

詳細情報

新潟県糸魚川市小滝

3.44 14

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③"断崖絶壁"親不知からの眺望を楽しむ。

糸魚川ジオパーク協議会
3つ目にご紹介するのは「“断崖絶壁”親不知(おやしらず)からの眺望を楽しむ」こと。標高 3,000m 級の北アルプスの山並みが日本海に落ち込む、約 10 kmにも渡る断崖は迫力満点のスポットで、この断崖の一部が国の名勝に指定されています。かつては、波打ち際を歩かなければならず、命を落とす旅人もいたほど危険な場所でした。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
展望台からは、天気が良ければ能登半島や佐渡島を望むことができますよ。親不知には、“四世代道路”と呼ばれる4種類の道路があります。ちなみに第一世代の道は、松尾芭蕉や旅人らが命がけで通っていた波打ち際の道。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
そして親不知には、全国でも珍しい海の上を走る高速道路(北陸自動車道)が通っており、なんと親不知インターチェンジは海の上にあります。もちろんこれは第四世代の道です。そのほかの世代はどのような道だと思いますか?

詳細情報

④絶対に見逃せない。弁天岩からのサンセットを眺める。

提供:糸魚川ジオパーク協議会
4つ目にご紹介するのは「弁天岩からサンセット(夕日)を眺める」こと。弁天岩は、約100万年前の海底火山の噴火によってできた岩礁で、海の安全を守り豊漁を祈る神様を祀る厳島神社が併設された全国でも珍しい灯台。火山灰や溶岩の様子を間近で観察することができます。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
弁天岩越しに日本海に沈む夕日は圧巻です。そんな弁天岩とサンセットのコラボは絶対に見逃せない瞬間。是非足を運んでみてくださいね。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
弁天岩から車で5分、“道の駅 マリンドリーム能生”のすぐ隣には“トットコ岩”と呼ばれる岩が。“トットコ”とは糸魚川地方の方言でニワトリという意味で、こちらも人気の夕日スポットです。ニワトリが餌をついばんでいるように見えませんか?

詳細情報

新潟県糸魚川市能生

3.16 16

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

➄糸魚川の“ジオ(大地)の恵み”を堪能する。

提供:糸魚川ジオパーク協議会
最後にご紹介するのは「糸魚川のジオ(大地)の恵みを堪能する」こと。じつは、自然豊かな糸魚川の地で育まれた美味しいお米や海産物などの食べ物もジオパークに含まれるんですよ。糸魚川ジオパークを訪れた記念に、お土産としてジオの恵みはいかがでしょうか?
提供:糸魚川ジオパーク協議会
特に、弁天岩をはじめとする糸魚川の海には、深さ 2,500~3,000m ほどの巨大な海底の谷があり、この谷に様々な種類の魚が生息しています。弁天岩近くの“道の駅 マリンドリーム能生”では、能生漁港で水揚げされた新鮮で美味しい魚介類をお手頃価格で購入することができます。購入したカニや浜焼きはその場ですぐに食べることも可能で、目の前に広がる日本海を眺めながら食べるベニズワイガニは絶品ですよ。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
もちろん海産物以外もおすすめ!新潟といえば米や日本酒のイメージが強いかもしれません。なんと糸魚川市内 には5つの酒蔵(「加賀の井」・「根知 男山」・「謙信」・「雪鶴」・「月不見の池」)があります。酒造りに適した糸魚川の自然と風土が生んだ五醸それぞれ特色のあるこだわりの地酒を楽しむことができます。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
糸魚川の食材をふんだんに使った料理と一合瓶の五醸がセットになった“おみちよう御前”は、糸魚川のジオの恵みをまるごと楽しめちゃいます!こちらは市内飲食店数か所で提供しており、五醸のうちお好きな銘柄1つを選ぶことができます。
提供:糸魚川ジオパーク協議会
各店オリジナルのメニューぜひご賞味あれ!ちなみに、“おみちよう”は“道中お気をつけて”という意味で使われていた糸魚川の方言です。

詳細情報

新潟県糸魚川市能生小泊3596-2

3.19 668

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

糸魚川ジオパークへ自然の恵みを体感しに行こう。

提供:糸魚川ジオパーク協議会
糸魚川ジオパークの5つの楽しみ方をご紹介しました。いかがでしたか?地球や大地、またその土地の文化を守り、そしてより多くの人に知ってもらうためにできたジオパーク。自然の雄大さ・ジオ(大地)の恵みを感じるスポットがてんこ盛りです。是非この記事を参考にして足を運んでみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)
【糸魚川の観光に関する問い合わせ先】
糸魚川市観光協会(糸魚川駅アルプス口 糸魚川ジオステーション ジオパル内)
TEL:025-555-7344 E-mail:itoigawa-kanko@ae.wakwak.com

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する