• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】色とりどりの“美”が広がる空間「和のあかり展×百段階段2019」を体験してきた

2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園にて、2019年7月6日(土)~9月1日(日)の期間、「和のあかり×百段階段2019」が開催されます。今回は、一足お先に体験してきた筆者が、その魅力をレポートします。累計31万人を超える動員数を誇る文化財でのあかりアート展、見どころ満載ですよ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「和のあかり×百段階段2019」開催

開催期間 : 2019年7月6日(土)~9月1日(日)

2019年7月6日(土)~9月1日(日)の期間、ホテル雅叙園東京館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて、夏の人気企画「和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~」が開催されます。
第5回目となる今回は北は青森から、南は鹿児島まで40にも及ぶ個人・団体が集結し、新たな展示構成で開催されるよう。そんな注目のイベントに一足先に参加してきたので、見どころ含め紹介したいと思います。

作品紹介

こちらは竹あかり作家による「都会の中に生まれたオアシス~夏の涼しさ~」をテーマにした作品。こちらの部屋に流れる清涼感のあるBGMがまた、その世界観を際立てていてゆっくりとした雰囲気が漂ってます。
こちらは、長崎ランタンフェスティバルの風景の一つともいえる回廊の提灯をくぐると、竜宮城をテーマにした絢爛豪華な展示されています。威風堂々とした竜や周りの金魚や鯉たちの表情も是非みてみてくださいね。
こちらは、九州6県で取り組む「冬の九州・灯りの祭典」の一環として開催されている「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」をテーマにした展示。和傘や竹を使ったオブジェが古きよき街並みを彩っていて、幻想的な世界観を感じることができますよ。
こちらは山口県柳井の民芸品である「金魚ちょうちん」をモチーフにした展示です。可愛らしい金魚ちょうちんから洩れるほのかな灯りは、幻想的で落ち着く雰囲気を醸し出しています。

和を感じるアート展へ

今回は「和のあかり展×百段階段2019」を紹介しました。今までで累計31万人を超える人気のイベント、大注目ですね。都会の喧騒を忘れる、そんな時間を過ごすことができますよ。

詳細情報

■「和のあかり×百段階段2019」
開催期間 : 2019年7月6日(土)から9月1日(日)
時間 : 日~木曜日 10:00~17:00
   金・土及び8月11日~18日 : 10:00~20:00
料金 : 大人1600円
   大学生・高校生 1200円
   中学生・小学生 600円
   ※未就学児無料

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する