• はてぶ
  • あとで
夏を近場で楽しみたいなら!東京都内の「夏大満喫スポット」8選

東京に住んでいる皆さんは、この夏どんなことをして夏を楽しむ予定ですか?忙しかったり金欠で遠出をして夏を楽しむことはできなくても、東京都内にはいろいろな方法で夏を満喫できるスポットがあるんです。そこで今回は、この夏行きたい東京都内の「夏大満喫」スポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. ひみつ堂 / 日暮里

最初にご紹介する夏大満喫スポットは、東京都内でもひときわ有名なかき氷専門店「ひみつ堂」です。日暮里駅から徒歩4分ほどのこちらのお店は、平日でも行列ができるという人気店。夏を満喫するなら是非食べたいかき氷をいただくことができます。
こちらのお店のかき氷は、手動式の機械で削ったフワフワの食感の氷に、店内で手作りの無添加のシロップを使っているため、とても優しくてまろやかな味わいなんです。静岡県産のいちごをたっぷりと使った人気の「苺三昧」や、みかん・抹茶の味が楽しめるかき氷など、日本の夏を味わいたい方におすすめのかき氷がいただけますよ。

詳細情報

東京都台東区谷中3-11-18

4.38 91467
ふわふわかき氷 ふわふわかき氷 ふわふわかき氷

夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。 夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。 夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 未来につなぐバーチャル花火 / 東京スカイツリー

続いてご紹介するのは「未来につなぐバーチャル花火」です。2021年7月16日(金)~7月22日(木・祝)、8月12日(木)~8月18日(水)、8月21日(土)~8月23日(月)の期間中、「東京スカイツリ―」にて夏の風情を感じられるイベントが開催されます。
展望台で花火映像を上映するほか、すみだ水族館では、日本最大級の屋内開放型ペンギンプールに花火映像を映し出す「ペンギン花火」、プラネタリウム天空では、各作品の上映前に花火の映像を映し出す「花火ウェルカムドーム」を実施するなど、様々な施設が集まる東京スカイツリータウンならではの花火を楽しめるコンテンツ満載です。

詳細情報

3. 国営昭和記念公園 / 立川

次にご紹介するのは、立川にある「国営昭和記念公園」です。春や初夏に多くの花々が咲き乱れる人気の公園ですが、夏も涼しげな水辺や新緑を楽しむことができます。さらに公園内でバーベキューをすることもでき、夏のおでかけにぴったりなスポットなんです。(2021年7月現在、こちらのスポットは開園していますが新型コロナウィルスの影響でいくつか制限があります。詳細は公式ホームページをご確認ください。)
また、7月下旬~8月中旬頃にはひまわりが咲き誇り、夏ならではの絶景が一面に広がります。東京の中心部からは少し離れていますが、自然豊かでリフレッシュもできるおすすめのスポットです。ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

4. 江戸東京たてもの園 / 武蔵小金井

続いてご紹介するのは、武蔵小金井駅からバスと徒歩で15分ほどの「江戸東京たてもの園」です。江戸時代・明治時代から残る、歴史的にも貴重な建物が多く保存されています。広々とした園内には、ユニークな建物の数々が並んでいます。
どこか懐かしいレトロな雰囲気の建物を見学でき、まるで遠くへ旅行に来たかのような非日常感を味わるこちらのスポット。意外と知られていないので、気になる方はぜひチェックしてみてください。(2021年7月現在、事前予約制が導入されています。詳細は公式ホームページをご確認ください。)

詳細情報

5. THE FRENCH KITCHEN / 六本木

次にご紹介するのは、六本木の高級ホテル「グランドハイアット東京」にあるカフェレストラン「THE FRENCH KITCHEN」です。ムシムシと暑い夏の喧騒から離れられるこちらのスポットでは、旬のフルーツをたっぷり使ったデザートメニューがいただけるんですよ。
2021年7月1日(木)~ 9月20日(月)の期間中、「マリー・アントワネット ~ シークレット サマーフルーツ ガーデン」を堪能できます。夏が旬のパッションフルーツを使ったデザートメニューの数々は、どれも美味しくて見た目も可愛くインスタ映えばっちりです。

詳細情報

ikyuRestaurantで見る

東京都港区六本木6-10-3 グランドハイアット東京 2階

3.18 1170

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. マクセル アクアパーク品川 / 品川

次にご紹介するのは、品川駅からすぐの水族館「マクセル アクアパーク品川」です。アクセス抜群のこちらの水族館では、東京都心にいながら様々な海洋生物を見ることができます。仕事終わりに訪れてゆったりとまわるのもおすすめです。
2021年7月〜8月の期間中は、ザスタジアムにてデイバージョンとナイトバージョンに分かれたドルフィンパフォーマンスが開催されています。イルカたちが繰り広げるダイナミックなジャンプが融合した迫力満点のパフォーマンスを楽しむことができますよ。

詳細情報

7. 羽伏浦海岸 / 新島

続いてご紹介するのは、新島にある「羽伏浦海岸」です。高速ジェット船か飛行機で行くことができる新島。伊豆諸島の1つであり、大自然が残るリゾート離島として有名です。美しいビーチや雄大な自然、様々なアクティビティを楽しむことができます。
新島を代表するビーチ、羽伏浦海岸。島の南北に約7kmにも渡って連なるとっても美しいビーチです。真っ白なメインゲートと、青い海と空のコントラストが綺麗で、まるで海外のリゾート地にいるかのような写真を撮ることができます。

詳細情報

東京都新島村 羽伏浦海岸

3.92 748

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

8. アートアクアリウム美術館 / 日本橋

最後にご紹介するのは、2020年8月28日(金)にオープンした「アートアクアリウム美術館」です。毎年「日本橋三井ホール」にて新感覚のアートアクアリウムイベントが開催されていましたが、2020年の夏、日本橋に美術館がオープンしました。
今までの日本橋会場と比べると、広さは約3倍で過去最大の大型展示となります。3万匹以上の金魚と五感で楽しめる幻想的なアートは、一度は見てみたいですよね。期間限定ではなく年間を通して開催する常設展となったので、四季折々の演出を楽しめます。

詳細情報

東京都中央区日本橋本町1-3

3.91 11422

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

近場の「夏大満喫」スポットへ出かけよう!

いかがでしたか?今回は、東京都内にいながら夏を満喫できるスポットをグルメやイベントなど様々な視点からご紹介しました。今年は東京都内で夏を思いっきり満喫しましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する