• はてぶ
  • あとで
私達の”夏にしたいこと”を全部叶える。福岡一泊二日おすすめプランはこれだ!

今『福岡』が女子旅に大人気!夏らしい景色を堪能できる「のこのしまアイランドパーク」や「シーサイドももち海浜公園」はもちろん、可愛らしいスイーツやレトロ感漂う屋台など、写真を撮りたくなってしまうようなスポットが満載です!今回は夏を満喫したい女子必見!夏にしたいことを全部叶える福岡一泊二日のプランを紹介します。夏の旅行に福岡へ出かけませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目《定番をしっかり味わう》

【11:30】 福岡名物明太子で腹ごしらえ

福岡に到着したらまずは名物の明太子でお腹を満たしましょう。今回紹介するのは「味の明太福太郎 天神テルラ店」です。併設されているカフェスペースでお昼をいただきます。ここではランチタイムに「福太郎のめんたいボウル」を注文してみましょう。とてもリーズナブルなお値段で明太子を食べ放題で堪能できます。
食べ放題で提供される明太子2種類は日替わりです。それぞれ味が異なる明太子にご飯の組み合わせは旅の始まりにもってこいです。食事が終わったら、お店名物の明太子のおせんべい「通称 めんべい」もお土産としてゲットしちゃいましょう!

詳細情報

【14:00】 太宰府天満宮へお参り

続いて向かうのは「太宰府天満宮」です。最寄り駅の西鉄・太宰府駅から徒歩5分程度でアクセスできます。国内外から年間1000万人を超える人が参拝に訪れており、天神さま(菅原道真)をお祀りする神社の総本宮として称えられている場所。学問や厄除けの神様として有名です。
太宰府天満宮は境内だけでなく、そこに行くまでの参道にも活気があふれています!注目は名物「梅ヶ枝餅」、参道にはお店が数多く出店していますので是非食べてみてください。また、毎年夏には「夏の天神まつり」という菅原道真の生誕祭も開催されていま。時期を合わせて参拝し、より夏らしい日本を感じることもしたいですね。太宰府天満宮であなたはどんなお願い事をしますか?

詳細情報

福岡県太宰府市宰府2-7-16

3.10 05

【16:30】 大濠公園でアクティブに水遊び

再び中心部に戻ってきて訪れたいのは「大濠公園」です。電車では大濠公園駅・唐人町駅(福岡市地下鉄空港線)などからアクセスできます。園内には日本庭園や能楽堂があり、そちらを見学して歴史を堪能しても良し、池の周路をのんびり歩いて過ごしても良しな場所です。
おすすめはアクティブにボートで楽しむこと!大濠公園の中心にある大きな池では王道の白鳥ボートや手漕ぎボートを借りることができ、最大3名から4名で利用できるそうです。時間があったら近くの舞鶴公園まで散策しに行って季節の花を見るのも良さそうです。

詳細情報

少し休憩したくなったら

歩き回って疲れてきたら、お洒落なカフェで可愛いソフトクリームを食べましょう!こちらの「DAIMYO SOFTCREAM」は地元で大人気なソフトクリーム専門店です!口に入れた瞬間とろけてしまう甘さなので、すこし休憩してみるのもいかがですか?

詳細情報

【19:00】 中洲屋台街で食べつくす

夜は懐かしいレトロ感漂う「中洲屋台街」へ向かいます。福岡に多くある屋台の中でも特に古くから有名なのが、こちらの中洲屋台街。JR博多駅や福岡市営地下鉄天神駅、西鉄福岡駅の中間地点辺りにあり、それらの駅からアクセスするのが一番行きやすいです。
人気に伴い、最近では新店舗も続々とオープンしているんだそうです。定番のとんこつラーメンや、おでん・明太子玉子焼きなど、いろいろなお店をはしごして楽しみたいですね。また、屋台一軒一軒で出会う店主や地元の方との会話も屋台の醍醐味!旅の一期一会もぜひ味わってみてくださいね。

詳細情報

2日目《夏らしさをいっぱい感じて》

【11:30】 すだちうどんで身体に夏を

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する