• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】自然xアイヌ文化×デジタルアート。“阿寒湖の森ナイトウォーク”釧路に誕生

火山と森と湖が織りなす原生的な自然を有する阿寒摩周国立公園を舞台に、光や映像、音響、インタラクティブな仕掛けが散りばめられた夜の森を冒険する、これまでにない体験型観光コンテンツ「阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA」が2019年7月5日(金)に北海道釧路市阿寒湖畔に誕生しました。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA」オープン

開催期間 : 2019年7月5日(金)から11月10日(日)

火山と森と湖が織りなす原生的な自然を有する阿寒摩周国立公園を舞台に、光や映像、音響、インタラクティブな仕掛けが散りばめられた夜の森を冒険する、これまでにない体験型観光コンテンツ「阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA」が2019年7月5日(金)に北海道釧路市阿寒湖畔に誕生しました。
舞台となる夜の森の中には、プロジェクション・マッピングやシノグラフィー(光と音の舞台装置)、リズムスティックと連動したインタラクティブな仕掛けなどが多数盛りこまれていますよ。
阿寒湖畔の地形や景観を活かした演出も見どころのひとつで、木の枝にとまっているように映し出されるフクロウの姿や羽ばたく音、木立の中を駆け抜けるエゾシカの姿、湖畔に現れる幻想的なマリモなど、森に暮らす動植物の姿がリアルに生き生きと、自然に溶け込むよう描かれているそう。
KAMUY LUMINAのコースは日中も歩くことができるようになっています。KAMUY LUMINAで夜の森を歩いた後、日中に散策してみると、さらにこの森の素晴らしさを楽しむことができるかも。
このイベントでは、阿寒のアイヌに古くから伝わるユーカラ(叙事詩)「フクロウとカケスの物語」がベースにされていて、自然への感謝を忘れかけている人間をカムイがいさめるストーリーが8つのゾーンで展開されています。
参加者は、アイヌの杖をモチーフに作られた「リズムスティック」を手に、真っ暗な夜の森を歩いていきます。主人公のシマフクロウとカケスとともに、ゲスト自らも物語に参加する仕組みになっているそうです。またこのリズムスティックは、特定の場所に到着するとナレーションや音楽が流れたり、さまざまな色に輝く仕組みになっているようですよ。
このKAMUY LUMINAのストーリーは、アイヌの人々が古くから語り継いできた「大飢饉から人々を救ったカケスの神の物語」を題材とし、自然を敬い感謝し、共存してきたアイヌ民族が大切にする世界観、「自然との共生の大切さ」がテーマにしているそうです。是非アイヌの文化に触れてみては?

アイヌ文化とともに

ここ北海道「阿寒摩周国立公園」は火山と森と湖が織りなす原生的な自然に溢れ、日本一酸素濃度が高いと言われている神秘的なエリアでもあるんです。今もなお手つかずの美しい自然が多く残る阿寒湖温泉地区は、アイヌ民族と和人(アイヌ以外の日本人)がともに暮らしてきた歴史を持つ稀有な土地で、アイヌ文化にふれてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

開催期間 : 2019年7月5日(金)~11月10日(日)
*冬季は積雪のため休業し、翌春より再オープン(2020年は5月下旬~11月上旬開催予定)

開催時間 : 7月ー19:30~22:30
     8月19:00~22:30
     9月18:00~22:30
     10月17:30~22:30
     11月17:00-21:30(予定)
    *日没30分後からのスタートのため、日毎に若干の時間変動があり
所要時間 : 約45分(歩行距離:約1.2 km)
  • 北海道 阿寒摩周国立公園
  • 0154-67-2624

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する