• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
実際に食べてきた!2019年にオープンした京都のカフェ・スイーツまとめ

もうすぐ夏休み!夏のおでかけに京都に行く人も多いはず。今回は、筆者が実際に足を運んで食べてきた、2019年にオープンした京都のカフェ・スイーツをご紹介します。美味しいものばかりなので、ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①tubara cafe

オープン日:2019年2月4日(月)

まず初めにご紹介するのは、今年の2月に堀川今出川にオープンした「tubara cafe」です。1803年創業の老舗和菓子店「鶴屋吉信」がプロデュースしたカフェで、鶴屋吉信京都本店のすぐ隣にオープンしました。
店内に入ると、木のぬくもりを感じる、広々とした明るい空間が広がります。気持ちが良くてゆったりとくつろぐことができそう。窓際の席では、庭を眺めながらお茶することもできますよ。
そんな店内でいただけるのは、マスカルポーネあんをはさみこんだ焼き菓子「つばらつばら」。鶴屋吉信の看板菓子をアレンジしたものだそう。私は抹茶をテイクアウトでいただきました。驚いたのは生地のモチモチ感。しっとりもちもちの生地には軽めの抹茶クリームが。大粒のあずきと相性が良く美味しかったです。このモチモチ感はくせになりそう!

詳細情報

■tubara cafe
営業時間:10:30~17:30(L.O.17:00)
定休日:水曜
  • 京都府京都市上京区西船橋町340−5
  • 075-411-0118

②koé donuts

オープン日:2019年3月21日(木)

お次にご紹介するのは、今年の3月にオープンした、出来立てのドーナツをナイフ&フォークスタイルで楽しむ体験型のドーナツファクトリー「koé donuts」です。「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードに、地球環境にも配慮し、素材や製造にこだわった、新しいドーナツを楽しむことができます。
広い店内にはドーナッツが並ぶ棚、カウンター、奥にはイートインスペースがあり、グッズ販売コーナーもありました。可愛いトレーとトングを持って、ドーナッツのもとへ。種類豊富なドーナッツはどれも魅力的!人気商品は「コエドーナツ プレーン(税抜き200円)」と「モンブラン(税抜き280円)」だそう。
悩みに悩んで最終的に「あんバタークルーラー(税抜き300円)」をチョイス。テイクアウトにしたらとてもキュートなバックに入れてくれましたよ。オイルでジュワッとした生地と、あんこの甘さ、バターの塩気がマッチ。1個を2人でシェアしましたが充分満足感がありました。他のドーナッツも気になります!

詳細情報

■koé donuts kyoto
営業時間:8:00~20:00
  • 京都府京都市中京区中之町557
  • 075-748-1162

③伊右衛門サロンアトリエ京都

オープン日:2019年3月29日(金)

3番目にご紹介するのは、同じく今年の3月にオープンした「伊右衛門サロンアトリエ京都」です。10年に渡り"お茶を通じた新しいライフスタイル"を提案してきたカフェ「伊右衛門サロン京都」がリニューアルオープンしたお店なんです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する