• はてぶ
  • あとで
【終了】西日本屈指の1万8000発の花火が夏空を彩る「筑後川花火大会」が今年も開催

2019年8月5日(月)、西日本屈指のスケールを誇る「筑後川花火大会」が福岡県の京町会場と篠山会場開催されます。なんと1万8000発もの花火が空を彩りますよ。夏を十分感じることのできる花火大会です。大切な人とロマンチックに鑑賞したり、友達とわいわい鑑賞したりと、思い出を共有してはいかがでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「筑後川花火大会」開催

開催日:2019年8月5日(月)

2019年8月5日(月)19:40~21:10、福岡県の京町会場と篠山会場で「筑後川花火大会」が開催されます。
「筑後川花火大会」は、西日本でもスケールが大きい花火大会としてとても人気な花火大会の一つです。1万8000発もの花火が夏空を彩ります。また350年以上の歴史を持つ伝統ある花火大会でもあります。
花火は京町会場と篠山会場の2つの会場から鑑賞することができます。京町会場は、JR鹿児島本線久留米駅で降り、徒歩約10分ほどで。京町会場は、篠山会場より少し小ぶりの花火を鑑賞することになりますが、立地の関係で花火を真上で見ることができ、観覧スペースが少し狭く、振動を感じるので、花火の迫力をより一層感じることができますよ。
篠山会場は、JR鹿児島本線久留米駅で降り、徒歩約15分で行くことができ、また西鉄久留米駅から西鉄バスで「大学病院」で降り、徒歩約10分ほどで行くこともできます。篠山会場は京町会場よりも大きな花火を見ることができますよ。さらに、観覧スペースが広いのも特徴です。

迫力満点の花火を見るなら「筑後川花火大会」

夏の風物詩でもある花火、ぜひ大切な人とロマンチックな瞬間を、また大切な友達と一生に残る瞬間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■筑後川花火大会
開催日:2019年8月5日(月)
開催時間:19:40~21:10   
会場:京町会場、篠山会場
*荒天の場合は順延
  • 福岡県久留米市城南町
  • 0942-32-3207(筑後川花火大会実行委員会)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する