• はてぶ
  • あとで
【終了】2万発も打ちあがる北陸最大級の花火大会、「川北まつり北國大花火川北大会」が今年も開催

2019年8月3日(土)、石川県能美郡川北町の手取川河川敷(手取川簡易グラウンド)にて「川北まつり北國大花火川北大会(ほっこくおおはなびかわきたたいかい)」が開催されます。古くからの歴史ある通称”川北まつり”は、北陸の中でも最大級な花火大会としても知られているんですよ。そんな”川北まつり”の見どころはたくさんあります。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「川北まつり北國大花火川北大会」開催

開催日:2019年8月3日(土)

2019年8月3日(土)20時10分~21時30分の予定で、石川県能美郡川北町の手取川河川敷(手取川簡易グラウンド)にて「川北まつり北國大花火川北大会」が開催されます。「川北まつり北國大花火川北大会」は、4部構成になっていて、北國大花火川北大会の前に、川北まつり(手取りの火まつり)があります。
川北まつり(手取りの火まつり)は、歴史あるお祭り。日本最大級の高さを誇る「大かがり火」は一番の見どころです。かなり迫力満載ですよ。他にも「虫送り太鼓」、「送り火」、「手取亢龍太鼓」が次々と披露される川北まつり(手取りの火まつり)は、花火をみる前からワクワクしてしまいます。
そんなまつりの最後を飾る「北國大花火川北大会」は、北陸最大級の花火大会としても知られていて、2万発もの花火が打ち上げられます。また、斜め打ちのスクランブルスターマインが打ち上げられるのもかなり特徴的です。フィナーレの2000発もかなりの迫力です。
※こちらはイメージ画像となります。

※こちらはイメージ画像となります。

会場である手取川河川敷(手取川簡易グラウンド)では、多くの屋台が立ち並んでいるのも嬉しいポイント。夏祭りの雰囲気を思う存分楽しむことができますよ。

ここでしかみられない花火を

北陸最大級の花火大会でもあり、日本最大級の高さを誇る「大かがり火」もみることのできる「川北まつり北國大花火川北大会」は、ここでしかみることのできないお祭りばかりです。ぜひ夏の雰囲気を楽しんでみてくださいね。

詳細情報

■第34回川北まつり北國大花火川北大会
日程:2019年8月3日(土)
※小雨決行
※荒天の場合は翌日に順延
時間:20時10分~21時30分

会場:手取川河川敷(手取川簡易グラウンド)

有料観覧席のご案内:
・プラチナ席:1名2500円
・いす席:1名2000円
・芝生シート:5名7000円
・テーブル席:5名7000円

石川県能美郡川北町山田先出

3.34 38

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する