• はてぶ
  • あとで
【終了】新潟の夜をアツくする!3日間におよぶ「新潟まつり」が今年も開催

2019年8月9日(金)から11日(日)にかけて開催される「新潟まつり」は、新潟県内でも比較的大きな規模で行われる年に1回の夏まつり。お神輿から花火大会までありとあらゆる催し物が行われ、新潟を熱くさせること間違いなし。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「新潟まつり」開催

開催日:2019年8月9日(金)、10日(土)、11日(日)

2019年は8月9日(金)から11日(日)にかけて開催される「新潟まつり」。3日間に分けて開催されるとあって行事数も多く、見どころ満点のお祭りとなっています。場所は新潟駅から北西の方向、信濃川を超えて対岸のあたりの一帯が使用されることになっています。
9日(金)は”大民謡流し”と呼ばれる、浴衣を着た踊り手が新潟甚句(じんく)や佐渡おけさを踊るという催しが行われます。その踊り手の数なんと1万5000人にもなるとあって、大迫力のパフォーマンスを見ることができそうです。
※画像はイメージです

※画像はイメージです

10日(土)は、平安時代の衣装を身にまとった方々が町を練り歩き、お祭りの伝統を感じることができるという住吉行列や、ブラスバンドなどによる新潟キラキラパレード、そしてお神輿を見ることができます。お神輿は陸だけでなく、水上みこしが信濃川を渡るそうなのでお祭り好き必見ですね。
※画像はイメージです

※画像はイメージです

最終日の11日(日)には、最大のイベントと言っても過言ではない花火大会が開催されます。時間は19時15分から、信濃川沿いに設置された打ち上げ場所から花火が上がります。約1万発の花火が上がる光景は圧巻で、夜の新潟の町を明るく染めます。

新潟の夏を楽しもう

※画像はイメージです

※画像はイメージです

3日間に及ぶ新潟まつりは、大民謡流しという踊りから、お神輿、花火までザ・夏まつりといった体験ができる良いチャンスになりそうです。みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■2019年 新潟まつり
開催日:2019年8月9日(金)、10日(土)、11日(日)
花火大会時間:19:15〜20:55
花火大会会場:昭和大橋西詰
※荒天の場合、翌日12日に順延。

信濃川

- 09

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する