• はてぶ
  • あとで
目の前に広がる幻想的な世界。アメリカで「国際気球フェスタ」が10月に開催

毎年10月にアメリカ・ニューメキシコ州・アルバカーキで、「Albuquerque International Balloon Fiesta(アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ)」が開催されます。世界最大級の気球フェスティバルでは、見たことのない絶景を堪能することができます。是非この記事を参考にして足を運んでみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

気球で有名なところといえば…

気球が観賞できるところとして有名なのは、トルコの「カッパドキア」ではないでしょうか?たくさんの奇岩があることで世界遺産にも登録されている場所なんです。この幻想的な景色を見たいと誰もが憧れてしまいますよね。
まるで絵本の世界にいるかのようなこの不思議な体験ができる場所、実は他にもあるんですよ!それが、今回ご紹介するアメリカの「アルバカーキ」。世界最大級規模で行われる「アルバカーキ国際気球フェスティバル」の魅力をご紹介していきたいと思います!

アメリカの「アルバカーキ国際気球フェスティバル」とは?

2021年開催期間:10月2日(土)〜10月10日(日)※2020年は中止

アメリカの「アルバカーキ国際気球フェスティバル」は毎年10月に開催されます。2020年は中止になってしまいましたが、来年の2021年、現地時間で10月2日(土)〜10月10日(日)の期間で開催され流ことが決まっています。9日間で約88万人もの人たちが気球のフェスティバルに訪れに来るんですよ。
1日に飛ばされる気球の数はなんと数100個!そんなたくさんのバルーンが一斉に打ち上げられる姿は本当に大迫力です。朝方には「Dawn Patrol(ダウン・パトロール)」と呼ばれる早朝飛行が行われます。夕方や夜の時間はエモーショナルな雰囲気に包まれ、1日中楽しむことができるのがこちらのイベントです。
アルバカーキはニューメキシコ州の中でも一番大きな街。カラっとしたお天気が特徴的で、年間を通してほば晴れるため気球を飛ばすには持って来いの環境。映画の撮影地になったりと人気の観光都市でもあります。砂漠の砂は真っ白でその美しさを見に訪れる人もいるんだとか。
キャラクターものの気球があったりととっても可愛らしいこの「アルバカーキ国際気球フェスティバル」では、ツアーもあるんです。公式サイトにグループツアーもあるので気になる方は是非チェックしてみてください。年に一度の祭典は、カメラをしっかり準備して、訪れてみてくださいね!

さあ、絶景を見に行こう。

今回は世界ではちょっと珍しい気球のお祭り、「アルバカーキ国際気球フェスティバル」を紹介しました。雄大な空を風に乗って流れるたくさんの気球は圧倒的な大迫力です。この幻想的な景色をみに訪れてみてはいかがですか?※2020年は中止となっております。来年の開催を楽しみに待ちましょう。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

詳細情報

■アルバカーキ国際気球フェスティバル
日程:2021年開催期間:10月2日(土)〜10月10日(日)
会場:アメリカ・ニューメキシコ州・アルバカーキ「バルーンフェスタパーク」
公式サイト:https://balloonfiesta.com/

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する