• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
次の旅先で迷ったら奈良へ!令和元年のいま「橿原・飛鳥」をおすすめする6つの理由

2019年は元号が変わった特別な年。次の休日は心機一転、いつもと違った旅を楽しんでみるのはいかがでしょうか?今回は令和元年のいまだからこそおすすめしたい、奈良県にある「橿原・飛鳥」の魅力をご紹介。意外と知られていないパワースポットからここでしか食べられない注目グルメまでそろっている奈良県、ぜひ次の国内旅行先として検討してみて♪

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

令和元年の今年はいつもと違った旅へ行こう!

by RETRIP
令和元年だからこそ、今年の秋の連休はいつもと違ったスポットへ行ってみませんか?今回おすすめしたいのが、日本のはじまりの地ともいわれている「橿原(かしはら)」と、かつて日本の都がおかれていた「飛鳥」。

旅行を通じて気持ちをリフレッシュして、明日からのパワーをチャージしに行きませんか?令和元年のいま、次なる旅先として「橿原・飛鳥」に行くべき6つの理由をご紹介します。

①心が洗われるようなパワースポットで元気がもらえるから

橿原神宮(かしはらじんぐう)

by RETRIP
最初に紹介するのは「橿原神宮」です。「橿原神宮」のある畝傍(うねび)山東南の地は、奈良時代に完成した歴史書『日本書紀』で、第一代天皇として神武天皇が御即位された地と記されていることから“日本のはじまり”といわれていて、今年令和元年ということもあり、改めて注目が集まっているスポットです。

また「橿原神宮」には神武天皇と皇后が祀られており、勝運祈願でも有名なんです。新しい1歩を踏み出すのにぴったりなパワースポットとして注目です。

本薬師寺跡(もとやくしじあと)

by RETRIP
「本薬師寺跡」は、淡いむらさき色のホテイアオイが水田一面を彩る絶景スポット。実はここは、平城京西の京にある世界遺産のお寺「薬師寺」の前身にあたるお寺があったとされている場所なんです。

8月末から9月ごろに満開を迎えます。自然が溢れ、古代が息づく場所でゆっくりと時間を過ごすことでパワーがもらえた気分になれるかもしれませんね♪

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)

提供:飛鳥坐神社
神をまつる神聖な場所を意味する“飛鳥の神奈備”とも呼ばれているのが、「飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)」。創建は定かではないものの、古典の中に記されていることから長い歴史を持つ神社です。

こちらの神社で毎年2月の第1日曜に開催されている「おんだ祭」は、夫婦和合の珍しいお祭りとして注目を集めています。縁結びや子授けの神社としても有名な神社に、興味のある方はぜひ一度訪れてみて。

②歴史を肌で感じられるスポットだから

飛鳥寺

飛鳥エリアで訪れておきたいのが、「飛鳥寺」。こちらのお寺は飛鳥時代に活躍した政治家・蘇我馬子(そがのうまこ)の発願により、日本で最初の本格的寺院として建てられたお寺なんです。境内には日本最古の大仏「飛鳥大仏」があり、建立当時から変わらずこの場所に置かれているのだとか!

古の時代からこの地で見守り続けている大仏様を見ていると、大仏様がどんな景色を見ていたのか、どう歴史が移り変わってきた考えるのも楽しくなります。日本の歴史を肌で感じるスポットに、ぜひ一度訪れてみては?

万葉文化館

提供:奈良県立万葉文化館
奈良時代に成立した和歌集であり、新元号・令和の出典としても注目を集めた『万葉集』をはじめ、日本の古代文化について学べる総合文化施設がここ「万葉文化館」。

万葉歌人の歌をもとにした人形劇や、この時代を生きた人々を再現し、彼らにインタビューができるといったおもしろ体験など、子供から大人まで楽しめる魅力が満載!令和元年の今だからこそ、万葉人を身近に感じる時間を過ごしてみてもいいかもしれませんね。

今井町(いまいちょう)

by RETRIP
「今井町」は、戦国時代には自治都市として、そして江戸時代には商業都市として発展したエリア。江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気が魅力的で、エリア内には国指定の重要文化財である「旧米谷家住宅」や、江戸時代の暮らしを体験できる「今井まちや館」があります。歴史を学びながら街歩きを楽しむことができますよ。

③奈良産のおいしい料理が食べられるから

農家のオーベルジュこもれび

by RETRIP
先ほど紹介した今井町で旬の野菜をいただけるのが、ここ「農家のオーベルジュこもれび」。人気の「花籠ランチ」は、子連れでも安心して食べられるお料理をテーマに、オーナーが自ら仕留めたフレッシュなジビエ肉や、地元でとれた無農薬野菜を多く取り入れた一皿。

小皿に乗ったメニューは日替わりで、いつ訪れても新しい味に出会えるのが嬉しいポイントです!

あすかの食卓

提供:あすかの食卓
新鮮な野菜を含め、100種類以上の食材を使った料理で人気の「あすかの食卓」。ランチタイムにはおまかせのコースをいただくことができます。

料理はスープからはじまり、色とりどりの野菜が盛り付けられたサラダや野菜のメインディシュなど、およそ3時間〜4時間かけていただくコースになっているんだとか!完全予約制のため、気になる方はぜひ事前予約をして訪れてみてくださいね。

④かわいい素敵カフェがたくさんあるから

うのまち珈琲店

by RETRIP
岡山県に本店があるブックカフェ「うのまち珈琲店」は、2018年12月、今井町にオープンしたお店。バニラアイス、ミルクプリン、ホイップの3層から成るオリジナルメニュー「クレームブリュレの季節のパフェ」が写真映えするかわいさで大人気なんです!

パフェの他にも、ラッシーや期間限定で楽しめるJR東海とのコラボドリンク「タピオカ新幹線」(写真1番右)などがあるんだとか♪コラボドリンクは、東海道・山陽新幹線のネット予約サービスの公式スマホアプリ「EXアプリ」をインストールして、お店のスタッフさんに提示すると注文することができます。

カフェ睦月(むつき)

by RETRIP
今井町の長屋を改装した小さなカフェ「カフェ睦月」。人気のメニューは1日10食限定の「睦月ティラミス」。枡に入ったフォトジェニックなティラミスは、見た目とうってかわって、甘さ控えめな大人の味。

中にはあんこや抹茶水ようかんが入っており、食感も楽しい一品です。お店では食事のほかに、吉野杉のお箸や可愛い雑貨を購入することもできますよ。

cafeことだま

提供:Cafe ことだま
「cafeことだま」は、明日香村に魅了され移住したオーナーさんがスタートさせたカフェ。地元産の野菜を使った料理が中心ですが、中でも旬のフルーツを思う存分いただける「いちじくとぶどうのパフェ」は必食。

2018年にも提供されていた人気メニューで、今年もいただけるのだそう。フルーツとジェラートの贅沢なコラボレーションに、思わず舌鼓を打ってしまうこと間違いなしです!

⑤奈良の良さを感じられるお宿があるから

嘉雲亭(かうんてい)

by RETRIP
江戸時代の町並みが残る今井町は、強い独立精神を持ち、自治を信条とする気風があり、よそ者を宿泊させない風習が残っていたため、町の中に宿泊施設がありませんでした。

しかし今井町の活性化につながるということで、町ができてから約500年経って、今井町に一番最初の町家民宿として2007年に開業されたのが「嘉雲亭(かうんてい)」なんです。昔からの間取りを残しつつ、居心地の良い空間が残り、どこか懐かしい気分が味わえるのが魅力なんです。

オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井

提供:オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井
日本全国にフランス料理店を展開する「ひらまつ」による、たった9室の贅沢なオーベルジュ「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」。

ホテルに滞在しながら、奈良県産の野菜をはじめ、県産食材をふんだんに使った本格フランス料理を楽しむ時間を過ごすことができます。記念日旅行など、特別な日のステイにもおすすめです!

⑥自分用にも欲しくなっちゃうお土産があるから

御菓子処 美松(みまつ)

by RETRIP
「御菓子処 美松(みまつ)」は、大和八木駅や八木西口駅にも近いお菓子屋さん。こちらのお店で注目すべきお土産は、旬のフルーツをふんだんに使ったフルーツ大福。

フルーツそれぞれの個性によって異なるジューシーな果肉感を楽しめるスイーツ、ぜひ友人や家族へのお土産に買ってみてはいかが♪

柿の葉すし 山の辺

柿の葉すし 山の辺
奈良の大人気土産・柿の葉すしを購入できるのが「柿の葉すし 山の辺」。柿の葉すしは、古くから保存食としても親しまれてきた料理なんだとか。ふんわり広がる酢飯の香りと、サケやサバの食感を楽しみながらいただけるお土産です。

11月から12月上旬の秋の季節には、期間限定で紅葉の葉の柿の葉すしを購入することができますよ♪

いかがでしたか?

by RETRIP
いかがでしたか?

日本の原点といわれる「橿原・飛鳥」エリアは、令和元年の今だからこそ訪れたい魅力がたくさん!ぜひ次の国内旅行には奈良県を選んでみてくださいね。

「日本のはじまり」橿原・今井町を訪れるなら今がおすすめ!

今回紹介したスポットだけでなく魅力たっぷりの橿原・今井町をめぐるのにおすすめなのがスペシャルバスプラン!効率的に行きたかったスポットを巡れる期間限定プランをお見逃しなく!

奈良の情報なら「うまし うるわし 奈良」

今回紹介した橿原・今井町だけでなく、奈良にはたくさんの魅力的スポットがあります。奈良に行ってみたい!と思ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連するリンクこの記事に関連するリンク