• はてぶ
  • あとで
レトロ古民家で文学を味わう。高円寺の古本酒場「コクテイル書房」が穴場だった

隠れた名店の潜む高円寺。そんな高円寺の商店街で、古書に囲まれた雰囲気抜群のお店を見つけました。今回は読書好き・レトロ好きにはたまらない古本酒場「コクテイル書房」をご紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前に確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

古着屋だけじゃない。隠れた名店の潜む「高円寺」

古着の聖地として人気の高いJR中央線沿線の街「高円寺」。ですが高円寺の魅力は古着屋だけではありません。レトロで味のある喫茶店からセンス溢れる雑貨店まで、隠れた名店が多く潜む穴場スポットなんです。懐かしさと新しさの混じる商店街を歩けば、気になるお店がチラホラ…

古書に囲まれたレトロな空間。古本酒場「コクテイル書房」とは

高円寺駅北口を出て左へ進むと現れる中通り商店街。喫茶店や居酒屋が建ち並ぶこの通りをまっすぐ歩いて行くと北中通り商店街へ続きます。そんな商店街の一角で存在感を放つ、多くの古書に囲まれたこちらの民家が今回ご紹介する古本酒場「コクテイル書房」です。
古本屋として多数の本を取り扱うこちらのお店ですが、お店の外側にある「まちのほんだな」では、自分の持ち寄った本と交換形式で棚の本を手に取れる交流の場ができています。古本屋の多い高円寺ならではの素敵な取り組みですよね。
民家を改装してつくられた店内は、たくさんの古本に囲まれた味のある空間が広がっています。店内の本は販売も行っているんですよ。大正時代にタイムスリップしたようなレトロな空間で、お気に入りの本探しを楽しめます。

文学をコンセプトにしたメニューって?

原稿用紙と小説…?いえいえ、こちらはお食事メニューなんです。夏目漱石や谷崎潤一郎をはじめとした文豪や彼らの小説をイメージしたお酒や料理は、説明を読んでいるだけでもなんだかワクワクしてしまいますね。
酒の肴の種類が豊富ですが、日替わりのカレーもおすすめです。1種盛りが900円、2種盛りは1000円で異なる味の変化を楽しむことができますよ。スパイスカレー好きも大満足な絶品カレーなので、お越しの際はぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたか?

いかがでしたか。高円寺に立ち寄った際は、ぜひこちらの「コクテイル書房」で古本に囲まれた文学の時間を楽しんでみてくださいね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前に確認することをおすすめします。)

詳細情報

東京都杉並区高円寺北3-8-13

3.39 140

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する