• はてぶ
  • あとで
海と自然に囲まれた街!「北海道・函館」のおすすめ観光スポットまとめ

数々の映画や小説の舞台となり、どこか懐かしい街並みや美しい自然が残る場所、北海道・函館。そんな函館には訪れるべき観光地からグルメ、思い出を作れるアクティビティーなどやりたいことがたくさんあります。そこで今回は「函館」の観光のオススメスポットをジャンル別でご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

観光編

1. 金森赤レンガ倉庫

最初にご紹介するのは「金森赤レンガ倉庫(かねもりあかレンガそうこ)」です。幕末から商業エリアとしても栄えた倉庫街をリノベーションしたこちらのスポットは、ビアホールやレストランが入った函館市内でも人気のショッピングエリアです。街並みも美しく、倉庫街を歩いているだけでも十分楽しめますよ。

詳細情報

北海道函館市末広町14-12

4.09 66553

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 大正湯

続いてご紹介するのは「大正湯(たいしょうゆ)」です。こちらは、大正時代に建てられた和洋折衷の建築様式の建物で、創業100年以上の老舗銭湯です。ピンク色の外観が目を引き、今では若い観光客からも注目されている観光スポットになっているんですよ。実際に銭湯に入ることもできるので、旅の疲れを癒しに訪れてみるのはいかがでしょうか?

詳細情報

北海道函館市弥生町14-9

写真を投稿する
3.00 00

3. 八幡坂

続いてご紹介するのは「八幡坂(はちまんざか)」です。坂道が意外にも多くある函館で1番美しい坂と言われているこちらの坂は、函館山方面から海まで一直線に伸びていて、坂の上からの眺めがとても綺麗なんですよ。ドラマやCMのロケ地としてもつかわれる有名な坂道へ、是非足を運んでみてくださいね。

詳細情報

4. 五稜郭公園

続いてご紹介する観光地は「五稜郭公園(ごりょうかくこうえん)」です。江戸時代末期に建てられた城塞「五稜郭」は、美しい星型をしていて、春には桜・秋には紅葉などの絶景を楽しめる函館を代表する観光スポットです。

詳細情報

5. はこだて明治館

続いてご紹介するのは「はこだて明治館(めいじかん)」です。ここは1911年に建てられた北海道初の郵便局で、第2次世界大戦などの戦争を耐えて今もなお当時の姿を残す貴重な建物なんです。今では函館の地元の名産品や工芸品を販売する場所になっていて、素敵なお土産にも出会えるスポットとなっています。

詳細情報

北海道函館市豊川町11-17

3.49 311

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 函館ハリストス正教会

続いてご紹介するのは「函館ハリストス正教会」です。国の重要文化財にも指定されているこちらの教会は、「ロシア風ビザンチン様式」という珍しい建築様式の教会なんです。カトリックやプロテスタントとは異なる宗派のキリスト教の教会で、日本国内ではなかなか見ることのできない特別なタイプの聖堂なんだとか。見学の際は、お静かに。

詳細情報

7. 立待岬

続いてご紹介するのは「立待岬(たちまちみさき)」です。函館市の南西に位置するこちらの岬からは、切り立った断崖絶壁やそれを囲む広大な海を望むことができ、函館の自然を感じられる場所となっています。美しい朝日や夕日を見ることのできる絶景スポットとしても人気なんですよ。

詳細情報

8. 函館山

続いてご紹介するのは「函館山(はこだてやま)」です。函館市内を一望できる場所としても人気のこちらの山は、ロープウェイを使って山頂まで行くことができ、ガラス張りのゴンドラの中からも函館の美しい街並みを見ることができます。昼間に訪れるのはもちろん、夜は函館の港町の夜景を見られるロマンチックなスポットになり、観光客で特に賑わいます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する