• はてぶ
  • あとで
鳥取が誇る温泉地!知る人ぞ知る三朝温泉の人気宿7選

今じわじわと人気を集めているのが、鳥取県の三朝温泉。三徳川に沿ってレトロな温泉街の街並みが続いており、その姿を見れば感動すること間違いなし。そんな今回は、三朝温泉の魅力とタイプ別で選べる7つのおすすめの宿をご紹介していきます!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「三朝」と書いて「みささ」と読む

三朝(みささ)の温泉はラジウム温泉として有名で、個性的な温泉が数多く楽しめるのが魅力!街のシンボルである「三朝橋」のすぐ近くにある「河原露天風呂」では、圧倒的な開放感と自然と一体感が感じられること間違いなしです。
春夏秋冬で様々な景色を見せてくれる三朝温泉ですが、特に毎年夏に開催される「キュリー祭」での三徳川に反射する花火の姿や、架け橋とのコントラストはなんともいえない美しさです!そんな温泉も景色もユニークな三朝温泉を旅行する方におすすめしたい7つの宿を、こだわりたいポイント別にご紹介します。

①女子旅にぴったり、映える宿

三朝館

非日常的な時間を過ごしたい女子旅におすすめなのが、こちらのレトロな純和風旅館。ロビーに入ってすぐ目の前にある日本庭園は、食事処や客室など館内の様々な場所から望められ、思わず写真におさめたくなってしまいます。
また、女湯の露天風呂では、毎日15:00~(22:00まで)に約200輪のバラが浮かびます。エステや三朝温泉でしか体験できない湯治の鉱泥湿布がオプションで付けられるのも、日頃の疲れを三朝温泉で癒したい女子にぴったりです。

詳細情報

rakutenで見る

鳥取県東伯郡三朝町山田174

3.14 133

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②家族でのんびりと過ごせる宿

三朝ロイヤルホテル

三朝川沿いに佇み、中国山地が望める大型リゾートホテル。広々とした和洋室・洋室でゆったりとした時間を過ごせます。自然に囲まれた庭園大浴場や大露天風呂のほかにミストハウスがあり、追加料金を支払えば、貸切の家族風呂でのんびりと温泉を楽しめます。夏季にはホテル内でプールが利用できるのも、お子さん連れには嬉しいですね。
なんといってもこの宿の魅力は、夕食・朝食に用意された豪華なビュッフェ(夕食は会席料理も選べます)!夕食の海鮮ビュッフェでは、赤碕漁港でその日に獲れた新鮮な魚を使用。お刺身や、サザエ・ホタテ・海老・蟹などの海鮮焼き、実演コーナーでつくる寿司や天ぷらなどを思う存分食べられます。

詳細情報

③こじんまりとしたアットホームな宿

みささガーデンホテル

こちらの宿は部屋数が7つと少なく、温泉街から少し離れた閑静なペンションタイプです。部屋は広々していて、ボードゲームやトランプの貸し出しがあるなど、お子さん連れにもとっても優しいんです。
夕食は当日に和食・洋食・軽食で数多くのメニューから選択可能。その日の気分で一人一人選べるのが魅力的です。サービスで提供される梅ジュースも美味しいと評判です!小規模でこじんまりとした宿ならではの暖かさがいいですよね。

詳細情報

3.07 034

④バラエティ豊かな温泉が楽しめる宿

依山楼 岩崎(いざんろう いわさき)

こちらは三朝温泉で最も歴史ある旅館で、数々の皇族や著名人も宿泊したことも。部屋からは三徳川の清流や、裏山の相国寺別院、南苑寺が眺められます。山陰ならではの旬の食材を使ったこだわりの料理は夕食だけでなく朝食でも楽しめるので、温泉街で夕食を食べて、翌日に旅館の朝食をいただくのも良いですね。
この宿が誇るのは、『山の湯』という回遊式大庭園露天風呂!刺激的な足湯などが楽しめる「左の湯」と、レトロで癒される「右の湯」に分かれています(右の湯は改装工事を経て2019年8月にプレオープン)。深夜で男湯と女湯が入れ替わるので、両方の温泉が楽しめます。様々なタイプの温泉に入れるので温泉好きにはたまりません!

詳細情報

rakutenで見る

鳥取県東伯郡三朝町三朝365

3.42 266

⑤街の中心部でアクセスが良い宿

木造りの宿 橋津屋(はしづや)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する