• はてぶ
  • あとで
滋賀のローカル線「近江鉄道」でめぐる観光名所

滋賀県の湖東に住む人以外は乗ったことがないのではないか・・・と思われる、かなり穴場なローカル線、「近江鉄道」!沿線にある観光名所をご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

近江鉄道とは?

琵琶湖の東側を南北に結んでおり、地元では「ガチャコン電車」という愛称で親しまれています。

出典:fanblogs.jp

舞台となる近江鉄道の沿線及び近郊には、佐和山城があったとされる佐和山城址や、彦根城などかつての武将たち縁の史跡が多く見られることで有名です。また、多賀大社をはじめとする寺社仏閣やその界隈の風情ある景色、近江商人の街並みなど、歴史的スポットや素敵な観光名所も豊富です。

出典:fanblogs.jp
近江鉄道とは、滋賀県湖東部を走るローカル線。愛称を「ガチャコン電車」というらしいのですが、私は知りませんでした。笑
甲賀市の「貴生川(きぶかわ)」「近江八幡(おうみはちまん)」、「米原」をつないでいます。ただ、滋賀県はほとんど車文化の県なので、あまり利用者がいないのも実態。万年赤字と言われている私鉄です・・・。でも、いかにも田舎!なワンマン電車に、ひなびた駅のかんじを楽しむのもたまには良いのでは?運賃が高額な近江鉄道ですが、一日乗り放題チケットがあるので、ぜひこちらを利用してみてください。ということで、完全に穴場な近江鉄道沿線にある観光スポットをご紹介します。

【1】彦根城/彦根駅

姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継(なおつぐ)・直孝(なおたか)によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成しました。

出典:www.biwako-visitors.jp

天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、年間を通じて多くの人々が訪れます。

出典:www.hikoneshi.com
「ひこにゃん」で一躍有名になった、「彦根」。そこに建つのが「彦根城」です。全国にたくさんお城があると思いますが、ほとんどが「城跡」かそこに再建されたものです。しかし、この彦根城は江戸時代に建てられたものがほとんどそのまま現存している貴重な歴史的遺産で、姫路城、松本城、犬山城とともに国宝に指定されています。滋賀観光の際にはぜひ訪れてほしいスポットです。
▶スポット情報
【施設名】 彦根城
【所在地】 彦根市金亀町1-1
【アクセス】 近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分
【営業時間】 8:30から17:00
【定休日】 なし
【料金】 大人600円、小人200円
【問い合わせ】 0749-22-2742

【2】多賀大社/多賀大社前駅

古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社です。

出典:www.tagataisya.or.jp

延命長寿・縁結びの神として古くから全国的な信仰を集め、豊臣秀吉の厚い信仰もありました。

出典:www.biwako-visitors.jp
多賀大社は、滋賀県で最も古く、最も有名な神社。祭られているのが「伊邪那岐大神 (いざなぎのおおかみ)」と「伊邪那美大神 (いざなみのおおかみ)」で、実はこの2人が夫婦で、八百万(やおよろず)の神々を生んだ、とされています。つまり、伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおみかみ)を生んだのも、この2人。そういうわけあって、命を生み出す神様=「命の神様」としてあがめられています。初詣にも人気のスポットとなっています。
▶スポット情報
【施設名】 多賀大社
【所在地】 多賀町多賀604
【アクセス】 近江鉄道/多賀線 「多賀大社前駅」 下車 徒歩 10分
【営業時間】 8:00~16:00
【定休日】 なし
【料金】 庭園拝観料300円
【問い合わせ】 0749-48-1101

【3】太郎坊宮(阿賀神社)/太郎坊宮前駅

近江鉄道太郎坊駅から北へ約1.1km、標高350mの赤神山(あかがみやま)の中腹にあり、“太郎坊さん”の名で親しまれています。

出典:www.biwako-visitors.jp

約1400年前に創始されたと言い伝えられいます。勝運・厄除・開運・商売繁盛に御利益があり、天照皇大神の第一皇子神、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を祀っています。

出典:www.biwako-visitors.jp
太郎坊宮(たろうぼうぐう)は、正式名称を「阿賀神社(あがじんじゃ)」といい、勝運の神様として地元から愛されている神社です。夫婦岩という大きな岩があり、神力によって2つに開いたといわれているこの岩は、嘘をついた人が通ると岩に挟まれてしまう、という言い伝えがあります。また、ここからの眺望も素晴らしく、山々や琵琶湖の景色を楽しむことができます。
▶スポット情報
【施設名】 阿賀神社
【所在地】 滋賀県東近江市小脇町2247
【アクセス】 近江鉄道/八日市線 「太郎坊宮前駅」 下車 徒歩 15分
【営業時間】 なし
【定休日】 なし
【料金】 なし
【問い合わせ】 0748-23-1341

【4】花の郷 日野ダリア園/日野駅

「花の郷・日野ダリア園」は2002年にオープンしました。町内出身者で還暦を迎えた同志が地域の恩恵に感謝し、郷づくりの一端を担えればとボランティアで発起、10,000㎡の休耕田にダリアをいっぱいに咲かせました!

出典:hinodariaen.com

10,000平方メートルの土地に100種類・10,000本以上(年々増えている)のダリアが植えられている。初夏から秋にかけて咲きほこる。

出典:www.jalan.net
2002年にオープンしたダリア園。シーズンの初夏~秋にかけて、たくさんのダリアの花畑を見ることができます。また、ダリアの季節以外でも、2月下旬~5月下旬はいちご狩り、4月下旬~5月下旬は牡丹の花を楽しむことができます。
▶スポット情報
【施設名】 花の郷 日野ダリア園
【所在地】 滋賀県蒲生郡日野町鎌掛2198-1
【アクセス】 近江鉄道「日野駅」より車で約10分
        ※タクシーOR町営バスを利用 ※町営バスは「鎌掛線バス」「鎌掛(停)」下車。
【営業時間】  10:00~16:00
【定休日】 火曜・祝日
【料金】 大人:500円 小学生:200円
【問い合わせ】 0748-52-5651

【5】水口城跡/水口城南駅

近江鉄道水ロ城南駅の北約150mのところにある城跡。

出典:www.biwako-visitors.jp

明治7年に廃城となった水口城が復元されて、現在水口城博物館として公開されています。

出典:www.biwako-visitors.jp
江戸時代、江戸幕府3代将軍徳川家光の上洛の際の休憩所として作られた水口城。その後廃城となり、現在建っているのは復元されたものです。しかし、お堀や石垣などは当時のまま残されており、風情ある一角を見ることができます。復元されたお城は、水口城博物館として中に入ることができます。
▶スポット情報
【施設名】 水口城跡
【所在地】 滋賀県甲賀市水口町本丸
【アクセス】 近江鉄道/本線 「水口城南駅」 下車 徒歩 5分
【営業時間】 資料館:10:00から17:00
【定休日】 資料館:木曜日、金曜日、年末年始
【料金】 資料館:大人100円、小中学生50円
【問い合わせ】 0748-63-5577
いかがでしたでしょうか。穴場のローカル線「近江鉄道」。普段と違う旅をしてみたいかた、電車好きの方、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する