ディープなラオスがここにある!自然豊かなラオス「バンビエン」でしたい7つのこと

世界中の旅人が心惹かれる場所、それが東南アジア。中でも最近では、ラオスのバンビエンという小さな街が人気を集めています。自然豊かで美しい田舎町ですが、なんでもディープなラオスを感じることができるんだとか。今回は、そんなバンビエンでしたいことをご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。(掲載されている情報は、2019年9月公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

旅人の都、ラオスの「バンビエン」とは

最近、東南アジアのなかでも旅行先として人気が高まっている国、ラオス。アジアらしい原風景や美味しいご飯、優しい人々など、ラオスを訪れる旅人が増えているのもよくわかります。そんなラオスでは首都の「ビエンチャン」や美しき古都「ルアンパバーン」といった街が人気ですが、最近注目を集めているのが「バンビエン」。
ここバンビエンは、その二つの都市のちょうど真ん中あたりに位置する自然豊かな街。アクティビティも楽しめるんです。今回は、そんなバンビエンでしたい10のことをご紹介します。それではご覧あれ!

【1】やはりまずは「ブルーラグーン」へ

1つ目に紹介するのは、やはりまずは「ブルーラグーン」へ行くこと。ここ「ブルーラグーン」は、バンビエンのメインストリートから自転車でだいたい2,30分ほどでたどり着くことができるラグーンなんです。
バンビエンのシンボル的な存在であるここ「ブルーラグーン」。真っ青で神秘的なラグーンで、暑い日が多いバンビエンで涼しめるスポット。水着を着て泳いだり、木の上から飛び込んで楽しんでいる人たちも。レストランなどもあるので、のんびりすることができますよ。

詳細情報

Blue Lagoon

Vang Vieng, Vang Vieng 1003, Laos

写真を投稿する
3.00 00

【2】レンタルバイクで街を散策

2つ目に紹介するのは、「レンタルバイクで街を散策」すること。バンビエンには、街のいたるところにレンタルバイクを貸してくれるところがあります。宿などでも借りられることがあるので、これを借りてバンビエン散策をしましょう!
免許がなかったり、バイクの運転が少し不安…という方は、自転車で回るのもオススメ。のんびりとバンビエンの街並みを眺めながら、風を感じて走ってみては?前述のブルーラグーンに行くのもバイクや自転車でいくのもオススメです。

【3】川沿いのバーでのんびり

3つ目に紹介するのは、川沿いのバーでのんびりすること。バンビエンのシンボルとも言えるのが、ナムソン川といわれる川。暑い暑いラオスではこの川が人々の憩いの場所のようです。ナムソン川沿いにある「Smile Beach Bar」でのんびりしましょう!

Smile Beach Bar

ここ「Smile Beach Bar(スマイルビーチバー)」は、そんなナムソン川のほとりで美味しいビールを飲みながらのんびりすることができる最高のチルスポット。ハンモックに揺られながら、ラオスのビール「ビアラオ」をのんで川の流れをみてゆっくりするのがオススメです。

詳細情報

Smile Beach Bar

Smile Beach Bar, Vang Vieng, Laos

写真を投稿する
3.00 00

【4】「チュービング」で大はしゃぎ

4つ目に紹介するのは、「チュービング」で大はしゃぎすること。自然豊かなバンビエンで人気のアクティビティの一つがこのチュービングなんです。これは、ナムソン川で大きなタイヤに浮かんでぷかぷか浮かぶというシンプルなもの。
これがシンプルなのですが、ぼーっとできてとっても楽しいんです。街中にチュービングを扱っているお店があったり、ホテルでも予約ができます。浮かんでいる川岸にはいくつかバーがあり、途中途中で休みながらこのチュービングをゆっくり楽しむことができますよ。

【5】「Sakura Bar」で夜遊びも

5つ目に紹介するのは、「Sakura Bar」で夜遊びもしてバンビエンのワイルドさを感じてみること。自然が豊かなラオス・バンビエンですが、意外にもナイトシーンもゼロではありません。そんな街の中心的な夜遊びスポットがここ「Sakura Bar」なんです。
夜になると、人種や国籍関係なく、たくさんの人が踊ったりお酒を楽しんだりととても賑やか!早い時間に行くと、フリードリンクもあり、お得に夜を楽しめます。そんなクラブとバーの中間のようなSakura Barで、ぜひ素敵な夜を過ごしてみては?

詳細情報

【6】ホステルやゲストハウスに宿泊してみる

6つ目に紹介するのは、ホステルやゲストハウスに宿泊してみること。バンビエンには瀟洒な高級ホテルもあるのですが、充実しているのがドミトリータイプのお宿。旅情があり、また他の旅人との出会いもあったりして、東南アジア旅行ではとってもオススメなんです。

Vang Vieng Rock Backpacker Hostel

バンビエンにはいくつも魅力的なゲストハウス・ホステルがありますが、なかでもここ「Vang Vieng Rock Backpacker Hostel」は、中心からも近くにあり、比較的清潔なのでホステル初心者にもオススメ!女性専用のドミトリーもあるので、女性のステイにもぴったりです。

詳細情報

【7】「何もしない」を楽しむ

7つ目に紹介するのは、「何もしない」を楽しむこと。今までいくつもバンビエンでおすすめのことやものを紹介してきましたが、それらをするもしないも全て自由。ゆったりと時間が流れているバンビエンで、何をしないのを楽しむというのもとってもオススメです。
豊かな自然に心癒されたり、人々との交流を楽しんだり、現地の人の生活を覗き見したり…特にアジェンダもなく、自由に過ごすのがやはり一番オススメです。都会での生活に疲れた、とここバンビエンにやってくる旅人が多いのも納得。たまには何もしない、気ままな旅をするのはいかがでしょうか?

心惹かれる田舎、バンビエン

いかがでしたか?最近、旅行者も増えますます人気に火がつくと考えられているラオス・バンビエン。ラオスのディープな魅力が詰まっており、旅情を掻き立てられます。ぜひ参考にしてみてくださいね。(掲載されている情報は、2019年9月公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ashita-ga-birthday明日、誕生日です!

このまとめ記事に関して報告する