富山県では9月から紅葉が見られる。「立山黒部アルペンルート」で紅葉が見ごろ

2019年9月中旬から、山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の紅葉が見ごろを迎えます。10月、11月に見られるイメージがある紅葉。「立山黒部アルペンルート」ではなんと9月から紅葉が見られるんです。本州で最も早い紅葉を見にいきませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前に確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

「立山黒部アルペンルート」の紅葉が見ごろ

見ごろ:2019年9月中旬~10月下旬

2019年9月中旬から、山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の紅葉が見ごろを迎えます。
標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く、総延長37.2km、最大高低差1,975mの世界有数の山岳観光ルート。春に見られる『雪の大谷』が有名ですよね。そんな「立山黒部アルペンルート」は山頂から麓にかけて標高差があるため、さまざまな場所で時期をずらしながら紅葉期間が長いんです。
北海道の大雪山と並んで日本で最も早く、例年9月中旬から室堂付近で紅葉がスタートし、赤や黄色だけでなく、ハイマツの濃緑・チシマザサの淡緑など色彩が豊富なんです。なんと10月上旬には初雪・紅葉・緑の「三段紅葉」が見られることも。高低差のある「立山黒部アルペンルート」だからこそ見られる紅葉の景色を堪能しましょう。
立山ロープウェイは、美しい景色を大パノラマで楽しむことができる「動く展望台」。大きく取られた窓から、西には大斜面の大観峰、東には後立山連峰と黒部湖の絶景が広がります。景観と環境保全の観点から大観峰と黒部平の間には1本も支柱がないため、360度全山燃えるような立体的な紅葉が鑑賞できます。

ロープウェイで楽しみたい。

本州で1番早い紅葉。やはりバスでの鑑賞もいいですが、やはりロープウェイでの空中散歩で楽しみたいところ。富山県でいち早く秋の訪れを感じましょう。

詳細情報

■立山黒部アルペンルートの紅葉
期間:2019年9月中旬~10月中旬
場所:立山黒部アルペンルート
料金:○立山駅~扇沢 片道
○扇沢~立山駅 片道
おとな 8,290円 → 8,100円
こども 4,150円 → 4,100円
発売期間:~10月31日(木)まで
利用期間:~11月4日(月・祝)まで
○立山駅~黒部湖 往復
おとな 10,790円 → 10,450円
こども 5,400円  →  5,300円
発売期間:~10月31日(木)まで
利用期間:~11月4日(月・祝)まで
○扇沢~室堂 往復
おとな 9,050円 → 9,000円
こども 4,530円 → 4,500円
発売期間:~11月25日(月)まで
利用期間:~11月30日(土)まで

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する