• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
大自然の中で、まだ見ぬ絶景との出会い。「小笠原母島」でしたいこと5選

島への旅行は、日常から離れゆったりとした時間の流れを感じることができますよね。東京から南に1050㎞離れた場所にある「小笠原諸島母島」をご存知でしょうか?青い海も、美しい山も楽しめる、世界自然遺産の島です。ゆったりとした時間を感じに、近くて遠い旅に出かけてみませんか?今回は「小笠原母島の魅力5選」をご紹介します!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①「ホエールウォッチング」でダイナミックな生き物を観察

小笠原母島観光協会
まずは「ホエールウォッチング」を楽しみましょう。ホエールウォッチングとは、自然の中で生活しているイルカやクジラを観察する、というアクティビティです。ボートに乗って母島列島をクルーズするドルフィンクルーズや、ホーエルウォッチングなどを楽しめます。
小笠原母島観光協会
小笠原では、陸からも海の上からもホエールウォッチングを楽しむことができます。ホエールウォッチング(ザトウクジラ)が見られる時期は12月~4月頃で、時季によってみられる確率も変化するのでご注意ください。また天候や海況によってツアーの催行も左右されるので、参加する際には各観光会社に直接問い合わせみてくださいね。

詳細情報

  • 東京都小笠原村字東町商工観光会館(Bーしっぷ)内
  • 04998-2-3215

②「ナイトツアー」に参加し、夜の自然に触れる

小笠原母島観光協会
夜には自然を巡る「ナイトツアー」に参加しましょう。母島では、アオウミガメやオカヤドカリなど、自然の生き物を観察するものと、満天の星空を鑑賞するものの、2種類のツアーがあります。それぞれ専門のガイドさんがいるので、自分の目的にあったツアーを探してみてくださいね。ガイド付きのナイトツアーは、「小笠原母島観光協会」の公式サイトから、空き状況の確認することができます。
小笠原母島観光協会
かわいいカメの赤ちゃんが見れたら最高の思い出になることでしょう。ウミガメの赤ちゃんが見れる時期は7月下旬~9月上旬頃にかけてですので、ウミガメの赤ちゃんが見たい方は、このシーズンに訪れてみましょう。小笠原母島のナイトツアーには自然の魅力がいっぱい詰まっています。

③「トレッキング」で絶景に出会う

乳房山

小笠原母島観光協会
大自然を全身で感じたい、という方におすすめなのが「トレッキング」です。母島には「小富士」と「乳房山」の2つの山があり、それぞれにツアーがあってトレッキングに参加することができます。山道では、小笠原固有種の植物に出会うことができ、山頂からは美しい海を眺めることができます。それぞれのガイド付きツアーは「小笠原母島観光協会」の公式サイトから、空き状況を確認することができます。

小富士

小笠原母島観光協会
乳房山は小笠原群島の最高峰で463m、小富士は86mの高さで、天気が良ければ山の上から小笠原母島の最高の絶景をみることができますよ。両方とも、登頂前に観光協会に申し込むと、登頂記念証(300円)を発行してもらえますので、小笠原に来た記念に登ってみましょう。

詳細情報

  • 東京都小笠原村母島
  • 東京都小笠原村母島
  • 04998-3-2300

➃シュノーケリング&ダイビングで透明度の高い海を満喫

小笠原母島観光協会
せっかく島に遊びに来たからには、思う存分海で遊びたいですよね。「ダイブリゾート母島」では、「スクーバダイビング」や「ドルフィンスイム」などのアクテビティに参加することができます。またシュノーケリングの器材の貸し出しなども行っています。事前予約制となっているので、母島に訪れる際にはぜひお早目にチェックしてみてくださいね。

詳細情報

asoviewで見る
  • 東京都小笠原村母島字静沢
  • 0499832442

⑤お土産に「海底熟成ラム Mother」を買う

小笠原母島観光協会
旅の最後には、思い出にお土産を買って帰りましょう!母島でおすすめのお土産は「海底熟成ラム Mother」です。小笠原では戦前、サトウキビの栽培が盛んで、同時にラムの製造もおこなわれていました。その「小笠原ラム」を母島の海底に沈め、海の底で1年間熟成させたものが「海底熟成ラム Mother」です。取扱店舗は、公式サイトからチェックしてみてくださいね。
小笠原母島観光協会
ちなみに「海底熟成ラム Mother」には、「ラムオーナー制度(受注販売)」というものがあり、注文を受けてから1本ずつシリアル番号をつけて、ラムを小笠原の海底に沈めてくれるサービスがあります。商品が届くまで約1年の時間がかかってしまいますが、あなただけのために母なる海で熟成された1本を記念に買ってみては?

母島で、大自然と触れ合おう。

いかがでしたか?東京都の南国、母島。母島で、海も山も満喫して、大自然と触れ合ってみてくださいね。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

  • 東京都小笠原村母島
  • 04998-3-2111

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する