• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界初公開の作品も!上海に「teamLab Borderless Shanghai」オープン

アート集団チームラボの大規模なミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」が、中国の上海・黄浦濱江に、2019年11月5日(火)に開館することが決定。巨大な複雑で立体的な空間に、世界初公開の作品を含む、チームラボによる約50点の作品群が展示されます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

上海に「teamLab Borderless Shanghai」オープン

オープン日:2019年11月5日(火)

アート集団チームラボの大規模なミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」が、中国の上海・黄浦濱江に、2019年11月5日(火)に開館することが決定しました。
チームラボボーダレスは、アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による《地図のないミュージアム》。境界のないアートは、部屋から出て移動し、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合います。そのような作品群によって境界なく連続してつながっていく1つの世界が、チームラボボーダレスなのだそう。
2018年6月に開館した東京・お台場のチームラボボーダレスは、開館から1年で、世界160以上の国と地域から約230万人が来館しました。単独のアーティストの美術館としては、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館(216万1160人)を上回る、世界最大規模の年間来館者数なんだとか。
そのチームラボボーダレスのコンセプトを更に拡張し、境界のない作品群をより発展させたteamLab Borderless Shanghaiには、巧みに入り組んだ、複雑で立体的な空間が広がります。また、東京のおよそ1.5倍の大きさとなる《ランプの森》や、実験を繰り返し、上海で初めて完成状態で展示する、巨大な走り回る彫刻群である《光群落》をはじめ、約980台のムービングライトを使用した作品など、いくつかの大規模な作品が世界で初めて公開されますよ。

前売りチケット発売中!

いかがでしたか?teamLab Borderless Shanghaiでは、巨大な複雑で立体的な空間に、世界初公開の作品を含む、チームラボによる約50点の作品群が展示されます。前売りチケットは2019年9月11日(水)より販売が開始されていますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

■teamLab Borderless Shanghai
場所: 中国上海市黄浦区花園港路100号C-2単元
開館日: 2019年11月5日(火)
時間: 月 - 金 10:30 - 21:30、土日祝 10:30 - 22:30
※最終入館は閉館の1時間前まで
休館日: 毎月第1・第3月曜日
料金:
・大人 平日チケット 229元(土日祝・休館日を除く、月曜日から金曜日)
・大人 全日共通チケット 249元(休館日を除く全日程)
・小人 無料(身長100cm以下、保護者の同伴が必要)

公式チケット販売サイト

  • 中国上海市黄浦区花園港路100号C-2単元

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する