• はてぶ
  • あとで
これぞ、日本の趣。島根県「足立美術館」の紅葉が11月中旬より見ごろに

島根県安来(やすぎ)市にある「足立美術館」の日本庭園にて、11月中旬から紅葉が見ごろを迎えます。ドウダンツツジやモミジが真っ赤に染まり、息をのむような景色が堪能できます。秋の特別展と合わせて、日本の秋の趣を感じに訪れてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

足立美術館の紅葉が見ごろに

紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

島根県安来(やすぎ)市にある「足立美術館」の日本庭園にて、11月中旬から12月上旬にかけて、紅葉が見ごろを迎えます。米誌の日本庭園ランキングで、16年連続第1位に選ばれているこちらの庭園。秋色に彩られ、より一層美しさを増します。
日本庭園のある「足立美術館」は、近代・現代日本画を中心に展示している美術館です。JR安来駅から無料のシャトルバスが出ており、20分ほどでアクセスできます。日本庭園は秋だけでなく、青葉が映える夏、雪景色が見られる冬など、一年を通して様々な景色を楽しめます。
また、足立美術館には「生の額絵」「生の掛軸」という場所があります。これは、実際の日本庭園の景色を、そのまま絵画のように見立てているというユニークなスポットなんです。このスポットから庭園を見れば、紅葉もより一層美しく見えるはず。
庭園の写真撮影は可能なので、とっておきの秋の風景を写真に収めてみてくださいね。遠くの山々の景色を借りて庭園を作る借景という技法を用いたこちらの庭園は、庭の紅葉と山々が一体化していて、見渡すすべてがまるで絵のようになっています。島根県に来たらぜひ訪れたいスポットです!

圧巻の紅葉を目に焼き付けよう

秋の風物詩である紅葉やツツジが堪能できるだけでなく、“芸術の秋”にもってこいの展覧会まで楽しめる「足立美術館」。米子空港からのアクセスも良好なので、秋の出雲女子旅のプランに組み込んでみてはいかがでしょうか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

■足立美術館 日本庭園 紅葉
場所:足立美術館(島根県安来市古川町320)
例年の見ごろ:11月中旬~12月上旬
開館時間:10月~3月 9:00~17:00
入館料金:大人2300円、大学生1800円、高校生1000円、小中学生500円(20名以上で団体割引あり)

島根県安来市古川町320

4.10 48716

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する