• はてぶ
  • あとで
思い出づくりに!長野県・白馬村のふるさと納税でできる体験5選

長野県にある白馬村(はくばむら)をご存知ですか?1998年の冬季オリンピックの会場となった競技場があることで有名です。そんな白馬村では、ウィンタースポーツや、美しい景色を楽しめる体験など、ここでしかできない地域に根づいた体験をすることができるんです。今回はそんな白馬村でふるさと納税の返礼品としてももらえる体験を5つ厳選して紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①熱気球係留体験

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
まずはじめにご紹介するのは、美しい景色を一望することができる「熱気球係留体験」です。地上およそ30メートルの場所から、景色を浮遊しながら眺める体験はなかなかできないので、忘れられない思い出になるのではないでしょうか。およそ5分間の「熱気球係留体験」では、北アルプスの山々を臨場感たっぷりに味わうことができます。こちらの体験は完全予約制で、開催期間は限られています。訪れる際には事前の情報確認をお忘れなく。

②白馬森のわさび農園グランピング

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
続いてご紹介するのは、宿泊して存分に自然を楽しむことができる「白馬森のわさび農園グランピング」です。グランピングは、2017年にオープンしたオートキャンプ場で行われます。オートキャンプ場は、自然豊かな「森のわさび農園」に併設されています。1口の申し込みで、グランピングサイト1区画と5名までの利用ができるチケットを購入することができるので、家族や仲間との思い出づくりなどにぴったりだと思いますよ!

③湖上ホタルツアー

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
続いてご紹介するのは、幻想的な世界を体験できる「湖上ホタルツアー」です。こちらのツアーでは、ホタルの宝庫として知られる青木湖で、ボートに乗りながら光り輝くホタルを鑑賞することができます。体験できる期間は、7月から8月にかけてのおよそ1か月間です。7月はゲンジボタルが、8月にはヘイケボタルが飛び交います。条件の良い日には非常にたくさんのホタルの光を楽しむことができるそうですよ。夏のロマンチックな思い出づくりにぴったりなのではないでしょうか。

④スキーを満喫

続いてご紹介するのは、ウィンタースポーツの名所で楽しむ「スキー体験」です。1口の申し込みで、「HAKUBA VALLEY 10スキー場共通1日券」を購入することができます。このチケットを利用すれば、10か所ものスキー場の中から好きなスキー場のリフトを1つ利用することができます。「HAKUBA VALLEY」とは、長野県の北アルプスの山麓に位置する白馬村、小谷村、大町市を指す総称だそうです。ぜひ世界的にも名を馳せるウィンタースポーツの聖地で、スキーを楽しんでみてくださいね。

⑤八方アルペンラインで絶景を楽しむ

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
最後にご紹介するのは、「八方アルペンライン」というリフトを利用して絶景を満喫する体験です。1口の申し込みで、「八方アルペンライン 往復乗車券」を購入することができます。こちらの券を使えば、白馬岳、杓子岳などを指す白馬三山(はくばさんざん)が湖上に映る八方池までのトレッキングなどを楽しむことができます。「八方アルペンライン」から見える景色は、北アルプスの展望台とも呼ばれるそうです。ぜひ、リフトからの絶景を楽しんでみてくださいね。

白馬村で思い出づくりしよう!

白馬村ならではの体験はいかがでしたか?魅力がたっぷりな白馬村ですが、今回紹介した体験は『ふるさと納税』の返礼品でもあるんです。地方を応援しながら、これまでにない旅行体験ができるなんて素敵ですよね。ふるさとを元気にするためにぜひ一度訪れてみてくださいね。期間限定の取り組み等もあるので、体験内容の詳細と合わせて以下からチェックしてみてください◎

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する