• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ。沖縄に「星野リゾート バンタカフェ」オープン

2020年5月20日(水)、沖縄県・読谷村に圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」がオープンします。海との距離が近いテラス席や、ゴロゴロしながら海を望めるソファ席などから気に入った場所を見つけて、沖縄らしい食材を使った鮮やかなドリンクやフードを楽しめます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

沖縄に「星野リゾート バンタカフェ」オープン

オープン日:2020年5月20日(水)

2020年5月20日(水)、沖縄県・読谷村に圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」がオープンします。
バンタカフェが建つのは、沖縄中部エリアの西側に位置する読谷村の西海岸です。那覇空港と、観光地の多い本部エリアのちょうど中程にあり、空港からは車で1時間の距離。沖縄の方言で「バンタ」には「崖」という意味があり、魚の影を見つけるために登る崖や大きな岩を「イユミーバンタ(魚を見る崖)」と呼びます。海に面したイユミーバンタの上にカフェが建つことから、「バンタカフェ」と名前をつけたそう。
少し高さのある崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りればすぐに波が足元に迫る臨場感を楽しめます。自然海岸に残るイユミーバンタを活かすことで、目前に海が広がる圧倒的なスケールと絶景を楽しむ海カフェが実現しました。バンタカフェの建物を入り江に沿うようにつくることで、外界から遮断された非日常空間を生み出したそう。正面には、たくさんのサンゴが育つ豊かな海と青い空が広がります。夕刻になり、目の前の海に日が落ちるドラマチックな景色も必見です。
エリア内には、目前に広がる海を眺めて自由に過ごせるように、自然海岸が生み出した地形を活かして様々なタイプの席が設けられています。海との距離が近いテラス席や、ゴロゴロしながら海を望めるソファ席などから気に入った場所を見つけて、マンゴーやハイビスカスなど、沖縄らしい食材を使った鮮やかなドリンクやフードを楽しめます。
ふわふわの泡とカラフルな水玉模様が特徴の「ぶくぶくジュレソーダ」は、沖縄で長く親しまれている「ぶくぶく茶」からアイデアを得たドリンクです。ソーダの中に浮かぶ水玉にはマンゴーやハイビスカスのジュレが入っており、味わいからも南国らしさを感じられます。他にも、ゴーヤをアクセントに使用したピザトーストや、出来立てのポークたまごおにぎりなどの軽食も揃い、朝食からお茶の時間まで、幅広い用途で利用できます。

一度は行きたい絶景。

いかがでしたか?お気に入りの席を楽しみながら探せるように、エリア内には回遊できる道をつくり、ドリンクを片手に散策し、そのまま海へ出ることもできるんだとか。自然の地形から生まれた非日常空間で、心に残る絶景に出会ってみては。

詳細情報

■星野リゾート バンタカフェ
オープン日:2020年5月20日(水)
  • 沖縄県中頭郡読谷村字儀間560

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する