• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
最も沖縄の贅沢を感じるリゾート。グスクの居館に滞在する「星のや沖縄」誕生

星のやブランドでは8軒目となる施設「星のや沖縄」が、2020年5月20日(水)に沖縄県・読谷村(よみたんそん)に誕生します。全ての客室から近い距離で海を眺められるように、低層階のオーシャンフロントにこだわって設計。施設のコンセプトは「グスクの居館」です。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

沖縄県・読谷村「星のや沖縄」開業

開業日:2020年5月20日(水)

星のやブランドでは8軒目となる施設「星のや沖縄」が、2020年5月20日(水)に沖縄県・読谷村(よみたんそん)に誕生します。位置するのは、沖縄で「イノー」と呼ばれるサンゴ礁に囲まれた、浅く穏やかな海が広がる海岸です。現在の沖縄では希少となった、人の手が入っていない自然海岸が続いています。
星のや沖縄では、最も贅沢な沖縄での過ごし方は、美しい海を眺めて暮らすように滞在することだと考えているのだとか。客室はその海岸線に沿うように配置し、全ての客室から近い距離で海を眺められるように、低層階でオーシャンフロントであることにこだわって設計されています。大きな窓が配された客室の中を心地よく海風が抜け、部屋のどこにいても海を感じられます。
施設内には、沖縄の風景を切り取ってデザインされた、独自の景観が広がります。施設を囲う「グスクウォール」は、沖縄の「グスク」からインスピレーションを得て作られた塀です。空に浮かびあがる模様には、読谷村の伝統的な織物のデザインを採用。グスクウォールと海岸線の間には、客室や畑が広がります。畑ではアセロラやパパイヤなどの果樹や南国の草花が育ち、沖縄らしい風景を醸成しています。
各客室には気軽に出入りできる土間を設け、大きなテーブルを備えた「土間ダイニング」が。食事をしたり、話をしたりと、リゾートでの暮らしを楽しむ拠点となる場所です。そちらは簡単な調理機能を備えており、客室に届いた下準備済みの料理を、好きなタイミングで自分で仕上げて味わう「ギャザリングサービス」を利用できます。豊富なバリエーションから好みのメニューを少しずつ選び、自宅で食事をとるように気ままに出来立てを味わえるんです。
客室タイプ「フゥシ」は、中央の入り口に土間ダイニング、両脇に独立したリビングルームとベッドルームを配した、90平米の広々とした客室です。長期滞在や家族での利用にも適しています。リビングルームには、眺めの良い大きな窓と、ゆったりとした掘りごたつ式のソファを備えています。
海の中にいるような落ち着いた雰囲気が特徴のメインダイニングでは、「琉球シチリアーナ」をコンセプトに、沖縄の食材とシチリア料理の技法を組み合わせたコース料理が登場。沖縄と同様に、美しい海と温暖な気候に恵まれたシチリア島の料理からヒントを得ることで、沖縄の食材から新たな魅力を引き出します。料理を際立たせる食器には、海を想起させる器や、地元の作家が手がけた琉球ガラスが使われます。

海を眺めて暮らすように滞在。

いかがでしたか?沖縄で最高な贅沢を味わえる「星のや沖縄」。ベッドルームの一面には、琉球紅型の壁紙が飾られます。沖縄では馴染み深い動植物をモチーフに、読谷村に伝わる伝説や風習をストーリーとして加えた、オリジナルの壁紙で、客室タイプごとに異なるデザインを楽しめるそうですよ。

詳細情報

■星のや沖縄
オープン日:2019年5月20日(水)
  • 沖縄県中頭郡読谷村字儀間474

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する