• はてぶ
  • あとで
自然も伝統文化も体験できる!岐阜県のふるさと納税でできる体験4選

本州のほぼ中心に位置する岐阜県では、山奥のわさび田を訪れるツアーや、伝統文化の1つである染め物の体験など、ここでしかできない地域に根づいた体験をすることができるんです。今回はそんな岐阜県でふるさと納税の返礼品としてももらえる体験を4つ厳選して紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①坂折棚田の炭焼き塾

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
1つ目にご紹介するのは、恵那(えな)市で行うことができる体験です。恵那市にある「坂折(さかおり)棚田」は、日本の棚田百選に選ばれた、築400年を超える歴史ある棚田です。坂折棚田では長年にわたって行われている山仕事があり、そのおかげで、美しい里山の景観が保たれているそうです。「炭焼き塾」という体験プログラムでは、木を焼いて炭にする炭焼きなどの技術の習得や伝承を行います。体験できる期間は、2020年の1月中旬から2月の上旬までで、3日間に渡って行われます。どのように美しい自然を保たれているのかを学ぶ良い機会になるのではないでしょうか?

②柿渋染め体験

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
2つ目にご紹介するのは、山県市伊自良村(やまがたしいじらむら)の伝統文化である「柿渋」に触れられる体験です。「柿渋染め」は名前からも分かるように、渋柿の果実の汁を使用した染料を使って染めを行います。なんと「柿渋」の文化は、半世紀ぶりに復活したのだそうです。柿渋染めならではの色合いを楽しみながら、この世に1つしかない渋柿染めのストールを作ってみてくださいね。体験できる期間は2020年の3月31日までです。参加日の1週間前までに事前連絡確認が必要なので、訪れる際はご注意ください。

③美濃和紙雑貨手作り体験

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
3つ目にご紹介するのは、美濃市にある「美濃和紙雑貨体験ショップ石川紙業」で体験できる美濃和紙雑貨の手作り体験です。今回ご紹介する体験では、招き猫とうさぎの「和紙ころころおきあがりこぼし」の2つを作ることができます。美濃和紙をあしらった一つひとつ手作りの起き上がりこぼしは、ころんとした形が可愛らしく、お土産にもぴったりです。体験期間は2020年3月31日までとなっています。

④スキンケアクリーム3個&ワサビ田ツアー

全国ふるさとの魅力体感プロジェクト
4つ目にご紹介するのは、奥美濃の山奥のワサビ田を巡るツアーです。また、こちらの体験には、ワサビ田のツアーに加えて、奥美濃地方で暮らすニホンミツバチのミツロウや、オーガニックハーブを使用したスキンクリームを3つ付いてきます。ツアーという体験だけでなく、お土産もいただくことができるのは、嬉しいポイントなのではないでしょうか?ぜひ奥美濃の澄んだ空気を感じて、スキンケアクリームまでゲットしちゃいましょう。

岐阜県でしかできない体験をしてみない?

岐阜県ならではの体験はいかがでしたか?魅力がたっぷりな岐阜県ですが、今回紹介した体験は『ふるさと納税』の返礼品でもあるんです。地方を応援しながら、これまでにない旅行体験ができるなんて素敵ですよね。ふるさとを元気にするためにぜひ一度訪れてみてくださいね。期間限定の取り組み等もあるので、体験内容の詳細と合わせて以下からチェックしてみてください◎

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する