• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
「札幌」の冬夜景がすごいらしい!絶景を満喫できる1dayプランとは?

札幌といえば時計台や大通り公園などの有名な観光地と、札幌ラーメンやジンギスカンなどのグルメが印象的ですよね。ただ、札幌の魅力はそれだけではないんです。この季節にオススメしたいのは札幌の絶景。冬の季節こそ楽しみたい、札幌ならではの夜景なんです。今回は、札幌の冬夜景が素晴らしい理由とその絶景を堪能する1dayプランをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください♪

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日本新三大夜景都市に「札幌」がランクイン!

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
2018年、夜景観光コンベンション・ビューローによる『日本新三大夜景都市』が新たに発表されたのをご存知ですか?その発表で、世界新三大夜景にも選ばれている長崎に次いで選ばれたのが、「札幌市」なんです!
その理由は、札幌市では夜景を大パノラマで見られる施設が充実していることに加えて、北海道ならではの澄み切った空気できれいな夜景を見ることができるから。
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
特にこれからの季節は札幌ならではの「冬」夜景を見ることができます。いつも美しい札幌の夜景ですが、冬の降雪時期は雪が光を反射してよりきれいに見えるんです。
今回は、そんな札幌の冬夜景を見るのにぴったりな「もいわ山展望台」と、こちらも特別な景色が見られる「大倉山展望台」に行く『札幌の絶景をめぐる1dayプラン』をご紹介したいと思います!

10:30▶︎大倉山から観光スタート

提供:札幌大倉山展望台
さて、札幌市に着いたらまずは大倉山へ。地下鉄さっぽろ駅から円山公園駅まで行き、そこからバスに乗って大倉山競技場入口で降りて、徒歩10分で到着。さっぽろ駅から約30分です。詳しいアクセスは下記ホームページをご覧ください!
提供:札幌大倉山展望台
大倉山にある競技場は冬季オリンピックで使用されたことでも有名な場所で、現在も実際の大会などに使われているとのこと。大きなジャンプ台を目の前で見ることができます。緑豊かなジャンプ台も、雪景色もどちらも美しいですよね。
下からの景色を楽しんだら、ジャンプ台横のリフトに乗って展望台へ向かいましょう。リフトは片道5分。スキージャンプ選手の目線や気持ちを想像してみると、そのすごさがわかるかもしれません◎

11:00▶︎展望台に到着!

提供:札幌大倉山展望台
山頂から見える景色はまさに絶景!北海道の自然あふれる景色と街並みを一望できます。札幌ドームや北海道大学など札幌市内のランドマークも見えるので、いろいろ探してみるのも楽しいかも。

12:00▶︎札幌オリンピックミュージアムで競技を疑似体験

提供:札幌大倉山展望台
お腹が満たされたら、次は札幌オリンピックミュージアムへ。大倉山展望台には競技場だけでなく、ミュージアムも併設されているんです。つまり楽しめるところがいっぱい◎
このオリンピックミュージアムには選手の貴重なグッズが展示されているだけでなく、オリンピック競技を疑似体験できるシミュレーターがあります。
提供:札幌大倉山展望台
スキージャンプやクロスカントリーなど、実際にはなかなか挑戦しづらいスポーツもシミュレーターなら楽しく体感できますよね。ウィンタースポーツならではのスピード感や、選手たちの見る景色、音などを体験できるのはかなり貴重。きっといい思い出になるはず!
しっかりと大倉山を満喫したところで、次なる絶景スポット「もいわ山」に移動しましょう。今回の大本命、冬夜景にわくわく♪

14:00▶︎おしゃれなカフェでパンケーキを満喫

提供:cafe hygge
ミュージアムを堪能したあとは、大倉山の近くにあるおしゃれなカフェでちょっと遅めのランチをいただきましょう。「cafe hygge(カフェ ヒュッゲ)」では、スパイスカレーや砂糖不使用で粗挽き全粒粉を使用したパンケーキを味わうことができます!
提供:cafe hygge
vegeballやsmoked salmonなどのお食事パンケーキは、食物繊維やミネラルが豊富に含まれており、美味しいだけでなく健康にもなれちゃう絶品メニュー♪温かで居心地の良い店内の雰囲気とともに楽しみましょう。

16:00▶︎もいわ山に移動

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
ランチスポットからもいわ山へはバスで、南19条西16丁目まで行きましょう。さっぽろ駅から行く場合は地下鉄から市電に乗り換えてロープウェイ入り口駅まで。そこから目的地である「もいわ山麓駅」までは無料シャトルバスが出ています。
ランチスポットからは約40分、さっぽろ駅からは30分ほどで到着します。詳しいアクセスは下記をご参照ください。

17:00▶︎ロープウェイで中腹まで

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
ロープウェイ前に着いたらさっそく乗車。ロープウェイは山頂まで行かず中腹までですが、ここまででもかなりの標高。それもそのはず、5分間で1,200m近くのぼるそう!
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
このロープウェイのゴンドラはガラス面がとても大きいのが特徴で、ゴンドラ内でも札幌の街から遠くの石狩湾まで一望できます。写真でもわかるこのきれいさ!ぜひのぼりながらの景色も楽しんでください♪

17:15▶︎中腹でお土産探し

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
中腹に着いたら、お土産コーナー「もいもいのお店」も必見!札幌や北海道のお土産がたくさん売っているだけでなく、ここでしか買えないもいわ山オリジナルグッズもあります。
もいわ山のマスコットキャラクターでエゾリスの「もーりす」グッズが人気だそう。きょとんとした表情がかわいいのでチェックしてみてください◎
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
また、山頂展望台にある「幸せの鐘」の手すりに「愛の南京錠」をつけられるのも、もいわ山展望台の楽しいところ。もいもいのお店で南京錠が買えるので、メッセージを書き込んで山頂に持っていくのもいい記念になるかも!

17:30▶︎ついに山頂へ…!

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
それでは山頂に行きましょう!山頂まで連れていってくれるのは「もーりすカー」と呼ばれるミニケーブルカー。乗車時間は約2分で、森の中を駆け抜けていきます。ロープウェイとはまた違った景色を楽しめますよ♪
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
あっという間に到着。山頂から見える景色がこちら!夕暮れ時もとてもきれいです。思わず時間を忘れてしまうほど。ただ、外はとても寒いので、温かい格好をして訪れてみてくださいね。

18:00▶︎絶景を見ながらディナータイム

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
ここ、山頂駅には「THE JEWELS(ジュエルズ)」という特別なレストランがあるんです。なんとこのレストランは札幌で一番高い場所にあって、札幌の美しすぎる夜景が目の前に広がる素敵なレストランなんです。
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
特別な日を過ごすにはぴったりの場所。ディナーはコースのみなので予約をしていくのがベター。北海道の食材も使った絶品コース料理がいただけます。
ロープウェイやケーブルカーとのお得なセットプランもあるので、こちらも要チェックです。すっかり真っ暗になったら、待ちに待った夜景を堪能しにいきましょう。

20:00▶︎お待ちかね!最高の夜景を堪能

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
お待たせしました!この絶景が日本新三大夜景に選ばれた札幌市の夜景です。もいわ山展望台では、360度パノラマの夜景が目の前に広がります。北海道、特に冬の澄んだ空気の中で見る夜景はさらに格別。キラキラした宝石のような夜景ですよね。
提供:札幌もいわ山ロープウェイ
また、冬夜景ならではの美しさが雪景色。白銀の雪に包まれた街や自然は一層キラキラ輝いてきれいに見えます。今までに見たことがない、感動する夜景にきっと出会えますよ◎

いかがでしたか?

提供:札幌もいわ山ロープウェイ
今回は札幌の冬夜景、そして合わせて行きたい絶景と観光スポットを1dayプランにしてご紹介しました。札幌市だからこそ見れる雪化粧をした夜景を見に、札幌に行ってみませんか?きっと忘れられない冬の思い出になるはず!
より詳しい情報は下記の公式HPよりチェックできます。また、悪天候時はロープウェイやケーブルカーなどが運休となる場合があるので、公式の情報をご確認の上行ってみてくださいね◎

関連するリンクこの記事に関連するリンク