• はてぶ
  • あとで
元住民が教える!“全米住みたい街No.1”の「ポートランド」の魅力

最近じわじわと話題になっているアメリカの都市、「ポートランド」って知ってますか?なんと「全米で住みたい街ランキング」で1位を勝ち取ったことで話題になっています!かつて実際に現地に住んでいたことのある筆者が、「ポートランド」が素晴らしい理由を教えますよ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ポートランドってどこ?

ポートランドはアメリカ西海岸の北部、オレゴン州にあります。シアトルからは車で6時間ほど南に位置し、ロサンゼルスの北の方に位置します。

今回は全米でも住みたい街No.1であるポートランドの魅力に迫ります!

魅力① 自然が豊か

街の中心であるダウンタウンでさえ、緑が豊かです。都会特有の息苦しさがないのでとってもオススメできるポイントですね。
中心地からも近い人気観光スポット「マルトノマ滝」。緑豊かな美しいこの滝は、見る者の心を癒してくれる、パワースポットのような場所です。
富士山に似ているといわれる「フッド山」はウィンタースポーツの場所として人気です。

季節によって全く違う顔を楽しめる

ポートランドの夏は、日差しが強くカラッとしていて過ごしやすいです!気温も25度くらいなので、日本のジメジメした夏とは大違いですね。
しかし秋から冬になると、ほとんど毎日雨が降ります。他の街から移り住んできた人はあまりの雨の多さに鬱になる人もいるらしいですが、雨の落ち着いた雰囲気に魅了される人も多いです
ポートランドでは年間180日は雨!一年の半分ほどが雨が降っていることから「雨の街」とも言われています。このように、夏と冬ではそれぞれ全く違う雰囲気をもっているのもポートランドの魅力の一つです。

街の大きさがちょうどいい

ポートランドのダウンタウンは一ブロックの区画が約60m!これは他の都市とくらべると約半分の大きさです。車社会のアメリカですが、ポートランドでは歩行者の自由が大きいのが魅力です!
ダウンタウン自体も小さく、高いビルもあまりないので、自然に囲まれたスローライフを満喫できるのも魅力。
「マックス」と呼ばれる路面電車を使えばダウンタウンの中では楽に移動できるので、旅行者にも優しいですね。

魅力② アクティビティが盛ん

スケートボードや自転車を単なる移動手段ではなくスポーツとして楽しむ人が多いポートランド。そのためのパークやショップなどの環境が抜群に整っています。

※写真はイメージです。

雨が多いので濡れないよう高架下にパークが作られています。雨でもアクティブな人たちが多いです。

魅力③ 消費税がない

日本の消費税にあたる、アメリカの「売上税」は州によって異なりますが、なんとポートランドのあるオレゴン州では売上税そのものがないのです!だから旅行できた場合でも安心して買い物を楽しめます。
カフェなどでも税金がかからないのは助かりますね!思わず何回も休憩しちゃいそうです。
実はポートランドは全米有数のコーヒーが美味しい街です!Coavaというカフェは、スタバ発祥の地、シアトルを抑えてバリスタ大会で優勝したこともあるとか。

※写真はイメージです。

健康志向が高いポートランドでは、オーガニックのレストランやカフェ、化粧品も人気なのです。

魅力④ どこか変わっている

ポートランドはどこか変な街です。街のスローガンは"Keep Portland Weird" つまり「ポートランドをヘンテコにしていこう」ということです。

どこがヘンなのか

おそらくこれを見ればポートランドがヘンな理由をわかっていただけるでしょう...
毎年6月頃に行われる「裸で自転車に乗ろう」というイベント。男も女も生まれたままの姿で自転車で夜の街を駆け抜けます!一体何がしたいの...?
他にもコスプレしてマラソンするイベントや...

※写真はイメージです。

地元で有名なダースベイダーの人など...少し変わった人やイベントが多いポートランド。日常に刺激が足りてないあなたは一度訪れてみては?

ポートランドへ行こう。

今回は筆者が滞在していたこともある全米で住みたい街No.1のポートランドの魅力についてまとめてみました!NYやロサンゼルスだけでなく、ポートランドも訪れてみてはいかがでしょう?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 「次はどこに住もうかな?」と考える時、家賃・駅近・コンビニなど各々評価基準があ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する