• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【開催中】“あかり”がテーマの体験型展覧会。「江戸東京あかり展」神田で初開催

2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)の期間、神田明神文化交流館 地下1階「EDOCCO STUDIO」で「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」が開催されます。(※なお掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」開催

開催期間 : 2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)

2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)の期間、神田明神文化交流館 地下1階「EDOCCO STUDIO」で「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」が開催されます。
最大の特徴は、アート展示にアトラクション要素を組み合わせた、「アート系アトラクション」。アート作品を鑑賞するだけでなく、演者やアート作品への投げかけによってストーリーが展開。ゲストの選択によって「ストーリーの結末」や「鑑賞できる作品」、「演出効果」が変化していきます。更に、演劇性に富んだスタッフ達がストーリーテラーとしてゲストをアトラクションの世界へ誘います。従来のアート展にはない体験ができます。

※画像はイメージです

また、ゲストの投げかけに「青森ねぶた」をはじめアナログな立体作品が呼応するなど“アナログ インタラクティブ”な体験”ができるのも特徴の一つです。“アナログなアート作品にデジタル技術を融合する”という既存のアート展覧会には無い取り組みにも挑戦しているのだとか!

“アナログ×デジタル”のあかり。

あかりをテーマとした国内最大級のイベントをご紹介しました。日本全国のクリエイターが集結し、「アート」「祭り」「デザイン」「職人」「テクノロジー」といった5つのジャンルが“あかり”を通じて1つになり、歴史ある神田明神の地に新たな世界を創り出します。初開催の体験型展覧会、注目ですね。

詳細情報

■江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博
期間:2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)
開場時間:
月~木10:00~19:00(最終入場18:30)
金~日10:00~20:00(最終入場19:30)
2020年1月1日~1月3日及び祝日は20:00閉場(最終入場19:30)
場所:神田明神文化交流館 地下1階 EDOCCO STUDIO
入場料:一般 1,500円、前売り 1,300円、小中高校生 1,000円、未就学児無料
  • 東京都千代田区外神田2-16−2
  • 03-3254-0753

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する