• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
北の果てに眠る大自然。北海道・根室で味わえる自然豊かな観光スポット10選

美味しい食べ物が盛りだくさんで旅行先として大人気な北海道。ついついグルメ旅行になりがちですが、広い北海道にはたくさんの自然が手つかずのまま眠っているんです。そのスケールと歴史に圧倒されること間違いなし。中心地だけに終わらず、少し足を伸ばして根室の大自然を観光してみませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

① 納沙布岬(のさっぷみさき)

まずはじめに紹介するのは、日本最東端に指定されている「納沙布岬(のさっぷみさき)」。ここではオホーツク海と太平洋を一望することができます。そして、日の出の時刻が日本の中でもトップクラスに早いのです!元旦には初日の出を見るイベントが開催されており、郷土芸能の披露や花咲ガニのてっぽう汁の販売がされており、温かい飲み物が配られます。極寒ですが格別の絶景です。
また、北海道ならではの野生動物や自然も楽しむことができます。初冬から春にかけてはネズミイルカやミンククジラなど、夏にはラッコ、冬は流氷を見ることができるんだとか。どの季節に行ってもその時々の楽しみ方ができそうです。他にも、風が強く木が育たないこの地域では牧畜が盛んなため、その様子を見ることもできますよ。

詳細情報

  • 北海道根室市納沙布
  • 0153-24-3104

② 北方館 望郷の家

次に紹介するのは、望郷の岬公園内に位置する「北方館 望郷の家」。2つの施設が隣接して建っています。この一帯は北方領土返還運動発祥の地と言われており、北方館には北方領土問題の発生の状況や歴史的経緯に関する資料が、望郷の家には戦前の島民の生活関連資料が展示されています。2階は北方領土を望遠鏡で見ることのできるブースとなっています。
同じ敷地内には、北方領土返還運動の象徴として「四島の架け橋」と言われる大きなモニュメントが建てられています。地域全体から北方領土の歴史と島民の思いが感じ取ることができます。特に望郷の家は、北方領土を追われた島民の心の拠り所になっているんだとか。北海道を訪れた際、より奥深く楽しみたい方はぜひ足を運んでみてはいかかでしょうか?

詳細情報

  • 北海道根室市納沙布36-6
  • 0153-28-3277

③ 根室半島チャシ跡群

続いて紹介するのは「根室半島チャシ跡群」。“チャシ”とは、アイヌ語で“柵囲い”という意味を表し、このスポットは砦や祭祀の場、見張り場として使われた場所の跡地を指します。一見ただの草原ですが、よく観察すると台地に盛り土をして濠を巡らせていることがよくわかります。
上の写真は「ヲンネモトチャシ跡群」で、このチャシ跡群の中で最大級の一帯となっています。16〜18世紀ごろに使われていたとされるチャシ。道内全体ではこのような跡地が500もあり、根室市では32個、うち24個をまとめたこの根室半島チャシ跡群が日本100名城の第一号として認定されました。当時の生活の知恵を実感することのできるスポットになっています。

詳細情報

  • 北海道根室市温根元59

④ 明治公園

次に紹介するのは「明治公園」。明治8年(1875年)に国によって設立されたこの公園は、牧場の跡地であることから当時のサイロがそのまま残っていることで有名なんです!現存するレンガ造りのサイロとしては国内有数の古さを誇っていて、登録有形文化財にも登録されています。
春先には満開の桜を見ることができ、5月ごろには一面にタンポポが咲いてとっても綺麗なんだそう。公園内には噴水広場やBBQ施設があり、レジャー目的でも充分楽しめそうです。さらにクリスマスには“ハッピークリスマス”というイベントが開催されます!ライトアップされた様子がかわいいですよ!

詳細情報

  • 北海道根室市牧の内
  • 0153-24-3104

⑤ 車石(くるまいし)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する