• はてぶ
  • あとで
この冬、行っきゃったもんせ!"ちる"すぎる「鹿児島」の2泊3日プランはこれだ

桜島や温泉など壮大な南国の自然が広がる鹿児島。そんな、いま大注目である鹿児島の自然の旨味を吸収した美味しい食べ物や風情あふれる歴史的建造物などを厳選した2泊3日のプランをご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

15:00「鹿児島中央駅」に到着

まずは、鹿児島のメインターミナルである鹿児島中央駅へ。東京からは飛行機がおすすめです。羽田空港〜鹿児島空港まで約2時間+鹿児島空港〜鹿児島中央駅ま直行バスで約40分です。大阪からは、新幹線がおすすめです。新大阪〜鹿児島中央駅までは、約4時間ですよ。
そんな「鹿児島中央駅」は、2011年3月の開通してから、周辺にはホテルや商業施設が続々とでき、活気が溢れています。なかでもオススメなのが、シースルーの「観覧車アシュラン」です。桜島や鹿児島の街並みを一望することができます。

詳細情報

鹿児島県鹿児島市中央町1-1

3.05 16133

15:30「ドルフィンポート」で絶景を

いよいよ旅の始まりですね!最初に訪れたいのは、「ドルフィンポート」です。こちらは、鹿児島中央駅から市電もしくはバスで約30分の場所にある錦江湾に面した大型複合施設です。
施設の中には、鹿児島名物を食べられるレストラン、名菓や伝統工芸品、ご当地グッズを販売するお店など鹿児島の魅力を堪能できるお店がたくさんあります。近くには水族館もあり運がいいと水路で飛び跳ねるイルカを見ることができますよ!

詳細情報

16:00「桜島」到着

続いて訪れたいのは、「桜島」です。こちらは、ドルフィンポートからフェリーで約15分でいけます。現在も頻繁に噴火している生きた火山「桜島」を見ようと日本国内のみならず、世界中から人々が訪れます。鹿児島に来た際には、絶対に外すことができないスポットです。

詳細情報

16:10「桜島溶岩なぎさ公園足湯(桜島)」で足湯を

「桜島」を訪れた際に、ぜひ行って欲しいのが「桜島溶岩なぎさ公園足湯」です。桜島港から徒歩約10分のところにあるこちらの足場、なんといっても驚きなのがその長さ。なんと約100mもあるんです。ぽかぽかと温かい湯に足を浸しながら見る桜島はなんとも爽快。開放的な気分を味わえます。
足湯の近くには芝生が広がっています。お弁当を食べたり寝転がったりとリラックスできること間違いなしです。温かい南国を味わいながら贅沢なひとときを堪能してくださいね。

詳細情報

17:30「烏島展望所(桜島)」で自然を体感しよう

続いて訪れたいのは、桜島港から徒歩約25分に位置する「烏島展望所」です。こちらは、かつて錦江湾に烏島が浮かんでいました。しかし、大正3年(1914年)の大噴火により、沈没して、現在は、展望所となっております。
こちらには、沖合約500mにあった烏島と大噴火の説明が書いてある記念碑が建てられています。ほんとに島があったのかなって不思議に思ってしまうほどの光景が広がっています。自然のエネルギーの偉大さを肌で実感してしまいますね。

詳細情報

鹿児島県鹿児島市桜島赤水町3629-12

3.37 24

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

19:00「黒豚料理 あぢもり」で夕食を

桜島を満喫した後は、「黒豚料理 あぢもり」で、ディナー。こ鹿児島有数の繁華街天文館にあ黒豚料理の専門店。鹿児島といえばやっぱり黒豚、口溶けが柔らかく、あっさりとしながらも甘みもある黒豚の美味しさを存分に生かした料理を堪能できます。
そんな「黒豚料理 あぢもり」でオススメなのが、黒豚しゃぶしゃぶです。素材の旨味を存分に生かしている秘伝のスープと卵に、こだわり抜かれた黒豚という絶妙なコンビネーションを、ぜひ味わってくださいね!

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する