• はてぶ
  • あとで
ローカルな自然を体感しよう!地元民がオススメする沖縄名護の体験13選

沖縄旅行に何度も行ったことのあるリピーターや長期滞在者が実は多い名護市。沖縄本島の北部に位置する名護市は、沖縄県で一番広い市で西側にも東側にも海があり、山原(やんばる)とよばれる森林地域が広がる自然豊かな場所なんです。今回は、「沖縄のメジャーな観光地はいったことのあるよー」という沖縄旅行のリピーターの方にも、おすすめしたい名護の体験をご紹介します。いつもの沖縄と違うちょっぴりレアでローカルな体験を、自然豊かな名護で体験してみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

沖縄県産コーヒー豆の収穫&焙煎体験

名護市農泊推進協議会
コーヒー好きには、ぜひオススメしたいのが「コーヒー豆の収穫&焙煎体験」。コーヒーって黒い豆になる前は、コーヒーチェリーとよばれる真っ赤な甘い実だってこと知ってましたか?沖縄のジャングルのような山の中にあるコーヒー畑で、自分でコーヒーチェリーを摘むところから、加工して焙煎してコーヒーを飲むところまで、全部自分で体験することができます。
名護市農泊推進協議会
あの赤い実がどうやって美味しいコーヒーになるのか、気になる方はぜひ体験してみてくださいね。自分でゼロから焙煎して作った1杯のコーヒーは格別です。
名護市農泊推進協議会
体験したあとには、きっと普段飲んでいるコーヒーがより感慨深いもの感じられることでしょう。体験はコーヒーチェリーが熟する11月下旬ごろから5月中旬ごろまで開催しています。

帆掛けサバニ×野外レストラン体験

帆掛けサバニ体験

やんばる野外手帖
沖縄でしかできないマリンアクティビティをしたい方にオススメなのが「帆掛けサバニ体験」。沖縄の伝統的な木造船「サバニ」は、古来より漁や遠方への移動に使われていたもので、体験してみると、SUPやカヤックなどとは少し違う面白さがあります。
やんばる野外手帖
乗組員同士で協力しながら漕いだり、帆を立ててうまく風に乗れたときの気持ちよさはこの上ないものがあります。
やんばる野外手帖
チームビルディングとしてサバニ体験を活用する人もいるので、仲間との結束を高めたいときにはぜひ挑戦してみてほしい体験です。

野外レストラン体験

やんばる野外手帖
人数の多いグループ旅行でみんなで思い出に残る楽しみ方をしたい方におすすめなのが、「野外レストラン体験」。沖縄の人はよく浜辺でBBQをやりますが、せっかくならもっとオシャレで本格的な野外レストランを体験してみてはいかが?ビーチでの設営からはじまり、料理は地元のプロのシェフが作ってくれます。
やんばる野外手帖
沖縄の食材をつかった料理と、きれいな海を眺めながらの食事は控えめにいって最高な思い出になることでしょう。毎回、希望に合わせてロケーションや内容は相談の上で決めるので、やってみたいと気になった方は、一度問い合わせてみることをオススメします。

農家民泊体験

沖縄に根付いた文化に深く触れたい方にオススメなのは、農家民泊です。農家民泊自体は日本全国いろいろな場所でもできますが、沖縄の農家民泊の本質的な魅力は、やはり地元の方々とのふれあいを通じて沖縄ならではのカルチャーの違いを肌で感じることができることではないでしょうか。沖縄に何度も行ったことのある人でも、地元の方と時間を共にすることで、いままで知らなかった新しい発見がきっとあるはず。
名護の農家民泊では、一緒にご飯を作ったり、お酒を飲み交わしたり、他愛ない会話をしたりする中で、地元の人の優しさに触れながら共に楽しい時間を過ごすことができます。参加者の多くが、農家民泊を終える頃には、本当の家族のような気持ちになり、そこが第二の故郷のように感じて、「また来たい」と戻ってくる人が続出しています。日頃のせわしない生活から抜け出してたまにはこういう経験をしてみるのもオススメです。

リバートレッキング

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する