• はてぶ
  • あとで
子供も大人もスキー場を満喫!長野県信濃町の家族で訪れやすいスキー場の魅力6選

冬のアクティビティといえばスキー・スノーボードですよね。家族でスキー場を訪れる方も多いと思います。ですが子供と大人だと楽しみ方も違いますし、家族全員が満足するのはとても難しいですよね。そこで今回は大人は充実したゲレンデを満喫、子供はキッズパークや雪遊びで楽しめる2つのスキー場をご紹介します。(※掲載されている情報は記事更新時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【黒姫高原スノーパーク】

(一社)信州しなの町観光協会
「黒姫高原スノーパーク」は黒姫山の東側斜面に広がる高原エリアで、このエリアは妙高戸隠連山国立公園にも指定されています。スキー場開発以来、恵まれた自然環境を生かした様々な観光業が営まれています。

ここからは「黒姫高原スノーパーク」とその周辺地域の持つ様々な魅力についてご紹介します!

魅力①”雪遊び”するなら、黒姫。

(一社)信州しなの町観光協会
スキーやスノーボードに限らない、”雪遊び”が自慢のスノーパーク。100%天然雪の広々としたエリア内には至るところにフリーゾーンがあり、雪だるま作りやかまくら作りが楽しめます。
(一社)信州しなの町観光協会
また6本あるリフトの内、3本が長靴のまま気軽に利用でき、ソリやストライダーが手軽に体験できるなど、お気軽・お手軽が魅力の施設です。

魅力②ストレスフリーの優しいコースレイアウト

(一社)信州しなの町観光協会
様々なニーズに対応したエリアとコースが充実しており、思い思いのスタイルでストレスフリーに過ごせる空間が自慢の「黒姫高原スノーパーク」。ゲレンデ上部でしっかりと滑り込んだり、中腹ではキッカーやアイテムにチャレンジすることも出来るんですよ!セーフティネットでセパレートされたキッズパークも人気です。みんなでお手軽・安全に楽しむことが出来る、まさに”雪の楽園”です。

魅力③宿泊施設も充実

TABI YADO Rantan

(一社)信州しなの町観光協会
「黒姫高原スノーパーク」を中心として、付近にはおもてなしを大切にした約20軒の宿が点在しています。それぞれの宿がここでしか味わうことのできない雪国ならではのサービスを提供していますよ。
(一社)信州しなの町観光協会
今回紹介するのは「黒姫高原スノーパーク」からすぐの所に位置している「TABI YADO Rantan」です。ここは黒姫の魅力をより知るために2016年12月にリニューアルしました。大自然の中でホッと一息つくことが出来る、暖かい場所として多くの方に愛されています。

詳細情報

長野県上水内郡信濃町大字野尻3884−167

写真を投稿する
- 00

【タングラム斑尾】

(一社)信州しなの町観光協会
四季を通じて楽しむことが出来る施設が充実した複合リゾート「タングラム斑尾」。その中にある「タングラムスキーサーカス」は良質な天然雪に恵まれたスキー場で、北信州の雄大な山々に囲まれた自然の中でスノースポーツを楽しむことができます。

ここからは「タングラム斑尾」の魅力についてご紹介します!

魅力①極上のパウダースノー(非圧雪コース)

(一社)信州しなの町観光協会
「タングラム斑尾」は斑尾山の北北西斜面に位置しており、パウダースノーで覆われた斜面での滑走を楽しむことができます。またツリーランコースでは木々に囲まれたコースを滑走することができ、自然で形作られたコースはスリル満点ですよ!
(一社)信州しなの町観光協会
また非圧雪コースの他にも、ビギナー向けに「初心者練習エリア」がホテル前にオープンしました!スキーを履いたままでもらくらく登ることが出来るスノーエスカレーター完備で、楽しくスキー体験をすることができますよ。
※無圧雪コースのリスクを十分に理解した上で、ご自身の判断と責任でご入場ください。
※安全のため、ヘルメット・レガースの着用が必要となります。

魅力②滑る・遊ぶ・泊まるが1箇所に

(一社)信州しなの町観光協会
「タングラム斑尾」ではスキーやスノボードを楽しめることに加えて、初心者の方も安心な練習エリアが整っており、子供も安心して雪遊びを楽しむことができますよ!ご家族で初めてのスキー場でも気軽に訪れられますね。
(一社)信州しなの町観光協会
また「タングラム斑尾」は各コースが基本的に「ホテルタングラム」と「ホテルハーヴェスト斑尾」へとつながっており、スキーやスノボードを楽しんだらすぐにホテルへと戻ることが出来るんです。スキー場からホテルのアクセスが良いところが魅力ですね!第6リフトから滑ることが出来る”パンタンライン”はペンションエリアにつながっているので、「ホテルタングラム」以外の宿泊施設でもアクセスは抜群です。

魅力③世代を超えて楽しめる施設

(一社)信州しなの町観光協会
スノーラフティングやスノーモービル等の大人数で楽しむことが出来るアクティビティが充実しているため、家族でスキー場を訪れる方にはぴったりですよ!
(一社)信州しなの町観光協会
他にも室内でボルダリングや室内プールなども完備されているため、天候によらずアクティビティで遊べます。
(一社)信州しなの町観光協会
また4月から11月の期間中にリフトで空中散歩を楽しみながら訪れる「野尻湖テラス」。ここでは、野尻湖や北信五岳を見渡すことができますよ。テラス頂上ではユリ畑が広がる光景を眺めたり、カフェでゆったりとしたひとときを過ごしたりと、冬以外も楽しむことが出来る施設です。「スキー場は冬」という固定概念を取り払って、ぜひ訪れてみてください!

詳細情報

ikyuで見る

長野県上水内郡信濃町古海3575-8

写真を投稿する
3.02 00

家族でスキー・スノーボードを楽しむなら!

(一社)信州しなの町観光協会
いかがでしたか?今回は子供も大人も楽しめるスキー場として「黒姫高原スノーパーク」と「タングラム斑尾」、それらの周辺地域をご紹介しました。それぞれたくさんの魅力があり、ご家族で楽しめること間違いなしですよ!是非家族でスキー場に訪れる際には参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する