• はてぶ
  • あとで
これぞ贅の極み!「こんなのはじめて」な‟天ぷら”を集めました【東京都内】

家庭でも出てくる親しみある料理のひとつ、‟天ぷら”。たまには贅沢な天ぷらを食べてみるのはいかがでしょうか?今回は「こんなのはじめて」と声が出てしまうような、ちょっと珍しい天ぷらを東京都内からご紹介します。ぜひこちらの記事で「こんなのはじめて」な‟天ぷら”をみつけてみてください!(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 百舌亭 / 六本木駅

まずはじめにご紹介する「こんなのはじめて」な‟天ぷら”がいただけるお店は、「百舌亭(もずてい)」です。六本木駅から徒歩でおよそ2分ほどの場所にあるこちらのお店は、カジュアルでお洒落な雰囲気のあるビストロなんです。こちらでは、天ぷらとしては珍しい具材をつかった贅沢グルメをいただくことができるんです。
そんな「百舌亭」の贅沢な天ぷらは「グラスフェッド牛の昆布〆―山葵塩―」です!名前から、天ぷらというよりはお洒落なフレンチ料理なのでは?という印象を受けますよね。牧草を食べて育ったグラスフェッド牛を利尻昆布でしめ、大場で香りづけされた、なんとも贅沢な牛のてんぷら。ぜひ一度ご賞味ください!

詳細情報

2. 喜久や 恵比寿店 / 恵比寿駅

まずはじめにご紹介する「こんなのはじめて」な‟天ぷら”がいただけるお店は、「喜久や 恵比寿店」です。こちらのお店は、恵比寿駅から徒歩でおよそ2分ほどの場所にあります。こちらのお店は、「立ち食い・飲み」が楽しめるお店なんです。カジュアルな雰囲気で天ぷらを楽しむことが出来るなんて珍しいですよね。
そんな「喜久や恵比寿店」、珍しいのは立食スタイルだけではありません。お店の人気メニューの1つにある「大根」は、ヘルシーさが魅力。ひと口かじれば、衣のサクッとした食感とともに、大根にしみこんでいるジューシーな出汁があふれ出します!他にもあふれる黄身がなんともムービージェニックな「味玉てんぷら」などもありますよ。デザートには「バニラアイスの天ぷら」がおすすめです。

詳細情報

3. てんぷら 下村 / 新御徒町駅

最後にご紹介する「こんなのはじめて」な‟天ぷら”がいただけるお店は、「てんぷら 下村」です。新御徒町駅からと徒歩でおよそ5分ほどの場所にあるこちらのお店は、木のテーブルやイスなどの家具が落ち着いた雰囲気を醸し出す、魅力のてんぷら屋さんです。お店は、上野動物園や東京スカイツリーから近い場所にあり、某有名グルメ雑誌で紹介されていることもあり、外国人観光客の方も多くいらっしゃっているそうです。
なかでも、ビジュアルが印象的なのが「サツマイモの天ぷら」です。厚切りのサツマイモは、40分かけてじっくりと揚げることで、火を入れているんだとか。アラカルトで注文するのも良いですが、「何を頼めば良いのか分からない」と言う方は、コースを予約するのがおすすめです。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

詳細情報

東京都台東区三筋1-11-13

写真を投稿する
3.10 00

珍しい天ぷらに驚き!

いかがでしたか?今回は、東京都内でいただける「こんなのはじめて」と声が出てしまうような、ちょっと珍しい天ぷらをご紹介しました。気になるお店はみつかりましたか?お仕事を頑張った週末に、天ぷらグルメでプチ贅沢をしてみるのも良いかもしれませんね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する