• はてぶ
  • あとで
【神戸】願いを叶えよう!思わず巡りたくなるおすすめパワースポット15選

願い事ってかなえたいですよね。でも、どうやって叶えたらいいか分からないならおパワースポット巡りなんてどうですか?恋愛運や仕事運など様々な運気のアップを狙いましょう。ということで今回は神戸のおすすめのパワースポットをまとめさせていただきました。(情報は記事更新時点のものです。訪れる際は公式ホームページなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 生田神社(いくたじんじゃ)/ 中央区

最初にご紹介するのは、神戸市中央区にある「生田神社」です。こちらの神社は三宮駅から近くアクセスがとてもいいです。かつては、中央区一帯が神社の面積内だったらしく歴史と伝統ある由緒正しい神社として知られています。
こちらの神社は縁結びの神社として非常に有名です。恋愛に関することを祈れば叶う杉の木などがあります。その他にも、ほかの神社にはない水占いもあります。本田の裏にある小さな池におみくじを浸せば今後の運勢が分かります。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

詳細情報

② 氷室神社(ひむろじんじゃ)/ 兵庫区

続いてご紹介するのは「氷室神社」です。こちらの神社には氷室という名前が付いているだけあって氷を保管するための洞窟があるそうです。昔後白河法皇が幽閉されたといわれていて歴史ある神社です。
実は「氷室神社」も縁結びの神社として有名なんです。境内には恋愛ポストと呼ばれるものがあります。そのポストに自分の願う恋愛を手紙に書いて200円と一緒に投入すると願った恋愛が叶います。すごく力の強い神様なので生半可な気持ちでやらないでくださいね。

詳細情報

③ 五色塚古墳(ごしきづかこふん)/ 神戸市垂水区

続いてご紹介するのは「五色塚古墳」です。前方後円墳の形をした古墳で、国の史跡にも指定されています。この古墳は明石海峡大橋を望む高台にあり、兵庫でも最大の古墳として有名です。管理事務所で手続きをすれば、古墳に登ることができます。
階段の上にある円形の部分の中心が一番のパワースポットらしいですよ。円形の中心部分は構造によって音がこだまするそうなのですぐ気づくことができるそうですよ。まだ有名ではないので穴場感も楽しむこともできます。ぜひ一度訪れてみてはいかがですか。

詳細情報

兵庫県神戸市垂水区五色山4-4-1

3.42 215

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 神戸北野天満神社(こうべきたのてんまんじんじゃ)/ 中央区

続いてご紹介するのは、「北野天満神社 叶い鯉」です。北野天満神社は、学問の神様として親しまれている菅原道真公がお祀りされています。なので学問の願い事をする人もたくさん訪れます。
「北野天満神社」の取水所に、鯉をかたどった像があります。この像が「叶い鯉」です。この叶い鯉に水をかけて祈願すると、鯉だけに恋が叶うそうです。そんな恋愛成就のパワースポットとして、女性を中心に注目を集めています。

詳細情報

⑤ 坂の上の異人館 / 中央区

続いてご紹介するのは「坂の上の異人館」です。こちらのスポットは一時期中国領事館として利用されていました。中は東洋風のデザインで統一されていて日本では珍しい東洋風の異人館になっています。
「坂の上の異人館」のパワースポットは入口の門にいる狛犬です。この狛犬の間を通りながら願い事を祈ると実際に願い事が叶うといわれています。是非訪れてみて「坂の上の異人館」と一緒に楽しんでくださいね。

詳細情報

⑥ ポルチェリーノ / 中央区

続いてご紹介するのは「ポルチェリーノ」です。この「ポルチェリーノ」というのは北野町にある「うろこの家」にあります。「うろこの家」とは異人館の一つで外観が何だか魚のうろこのように見えるため「うろこの家」と呼ばれています。
「ポルチェリーノ」はイノシシの形をしたブロンズ像です。イタリアにはオリジナルがあり、鼻をなでると幸せになれるといわれています。来訪者のほとんどが鼻をなでるため、鼻がポリッシュされピカピカになっているのもすこし面白いですよね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する