• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
「かわいい」が止まらない。春の京都をめぐる2泊3日プラン

日本国内の中でも特に旅行者が多く人気な京都。たくさんのグルメ・観光スポットがあり、どこに行ったらいいか迷う人も少なくないと思います。そこで今回は、思わず「かわいい」と言ってしまうようなスポットを詰め込んだ京都2泊3日の旅行プランをご紹介します。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【11:00】「京都駅」からスタート!

東京駅からJR東海道新幹線「のぞみ」に乗って2時間15分ほどでアクセス可能な京都駅。今回はお昼前には京都に到着するプランにしました。駅の近くのホテルを取っている場合はホテルに、そうでない場合はコインロッカーに荷物を預けていざ出発です!

詳細情報

  • 京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3
  • 075-361-4401

【12:00】「AWOMB 祇園八坂」でランチ

まずはちょうどお昼なのでランチにしましょう。ご紹介するのは、京阪本線「祇園四条駅」から徒歩15分、阪急京都線「河原町駅」から徒歩20分のところにある「AWOMB(あうーむ) 祇園八坂」です。こちらは、手織り寿しを食べられることで有名なお店となっています。
京都の食材を活かしたお万歳がお皿にずらりと並び、なんとも色鮮やかでかわいらしいです。それらをご飯と海苔で巻いていただきます。ゴマや一味、ワサビなどの調味料も添えられているので自分好みに味付けしてみてくださいね。行列の絶えない大人気のお店なので、事前に予約しておくことをおすすめします。

詳細情報

  • 京都府京都市東山区下河原町463-8
  • 075-204-3564

【14:00】映えスポット「八坂庚申堂」で記念撮影

お腹を満たしたら、今や定番の映え観光スポットとなった「八坂庚申堂」で記念撮影をしましょう!カラフルで女子に人気のスポットですが、実は「日本三庚申」の一つでもあるこちらは、大願成就や縁結びのご利益があるなどまぎれもないパワースポットです。
お手玉のように丸くカラフルな布袋がたくさんぶら下がっていますが、こちらは
「くくり猿」と言われる、手足をくくられた猿の形をしたお守りなんです。これにお願い事を書いて吊るすと願いが叶うと言われているので、ぜひ訪れた記念に書いてみてくださいね。

詳細情報

  • 京都府京都市東山区金園町390−1
  • 075-541-2565

【15:00】「DORUMIRU.yasakanotou」でパフェを堪能

少し歩き回って、そろそろ甘いものが食べたくなる頃ではないでしょうか。そんなときにぴったりなのが、「DORUMIRU.yasakanotou(ドルミール 八坂の塔)」です。こちらは、八坂の塔の前にあるパフェ専門店。こちらでは、味にも見た目にもこだわりまくった創作パフェをいただくことができます。
この見た目の可愛さにはわくわくしますね。フルーツなど個々の味をしっかり生かしつつ、いろんな素材が組み合わさることで新しい味わいとなり、食べ進めるごとに味が変化するパフェは他では食べられない逸品です。人気店となっているので、早めに予約しておくことをおすすめします。

詳細情報

  • 日本、京都府京都市東山区金園町388−3
  • 075-366-5000

【16:30】「清水寺」から京都の街並みを一望する

京都に来たら必ず訪れたい観光スポット「清水寺」。重要文化財を多く持っており、世界遺産にも登録されています。境内が広く一周見て回るのに1時間ほどかかる上に、一年を通して観光客が多いので焦らずゆっくり見て回りましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する