• はてぶ
  • あとで
博多×高知のハイブリット居酒屋が気になる!「酒場フタマタ」が西池袋にオープン

「博多かわ串・高知餃子 酒場フタマタ」が6店舗目となる、西池袋店を2020年3月12日(木)にオープンします。「酒場フタマタ」「酔場フタマタ」は新橋、小岩、浜松町、恵比寿、西新橋に出店、今最も勢いのあるブランドなんだとか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「博多かわ串・高知餃子 酒場フタマタ 西池袋店」オープン

オープン日:2020年3月12日(木)

「博多かわ串・高知餃子 酒場フタマタ」が6店舗目となる、西池袋店を2020年3月12日(木)にオープンします。「酒場フタマタ」「酔場フタマタ」は新橋、小岩、浜松町、恵比寿、西新橋に出店、今最も勢いのあるブランドなんだとか。
名物「博多かわ串」・「高知餃子」のほか、新鮮な肉刺しやお手軽おつまみ、プチ贅沢メニューなど、二つの地域、二つの食材をキラーコンテンツとした”ハイブリッド酒場”ならではのラインナップです。ドリンクメニューは定番のビール、ハイボール、サワー、カクテルはもちろん、「フタマタ」ならではの焼酎をシャーベット状に凍らせた「シャリ酎」もあるそうですよ。

高知餃子 450円

サクッとクリスピーの様な、軽すぎる食感がクセになること間違いなし!愛さずにはいられない「高知餃子」。注文後に薄皮で包み、一つ一つ丁寧に蒸し、黄金色に香ばしく焼き上げる一口サイズの餃子です。とても軽いので「〆」にも最適。カリッサクッ食感に徹底的にこだわり、包みたて、握りたてでいただけます。

博多かわ串 1本 170円/10本 1,650円

表面をカリッと焼き上げ、中はジューシーな旨みが楽しめる「かわ串」は5日間かけて1本1本丁寧に焼き上げるそう。本場博多では、一人10本は当たり前に注文されるほどのソウルフードとして愛されているんだとか。こだわりの6回焼きでいただけますよ。

オープニングキャンペーンも

いかがでしたか?店内は、カウンター席から四人用の机まであるので、一人飲みでも飲み会でも利用することができますよ。さらに、2020年3月12日(木)~18日(水)の期間には、馬刺し2色皿が一人一皿までの限定で100円でいただけるキャンペーンもやっています。この機会にぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

■博多かわ串・高知餃子 酒場フタマタ 西池袋店
オープン日:2020年3月12日(木)
住所:東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ102
アクセス:JR池袋駅西口徒歩5分、東京メトロ池袋駅C1出口徒歩2分
電話番号:03-5396-7210
営業時間:全日:15:30~23:30(オープン日3/12のみ17:00~)
定休日:なし(※店休日:3/16,3/23,3/30,4/6)
チャージ:お通し290円(コース利用時なし)

■オープンフェア
開催期間:2020年3月12日(木)~18日(水)
フェア:馬刺し2色皿 100円 (お一人様一品限定)

東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ102

3.02 06

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する