• はてぶ
  • あとで
TSUTAYA TOKYO ROPPONGIがリニューアル。六本木 蔦屋書店の10の魅力

BOOK & CAFEの先駆けとして2003年に開業したTSUTAYA TOKYO ROPPONGIがリニューアルし、六本木 蔦屋書店として、2020年3月7日(土)にオープンしました。今回はその魅力について探っていきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」リニューアルオープン

オープン日:2020年3月7日(土)

BOOK & CAFEの先駆けとして2003年に開業したTSUTAYA TOKYO ROPPONGIがリニューアルし、六本木 蔦屋書店として、2020年3月7日(土)にオープンしました。今回はその魅力について探っていきたいと思います。

六本木 蔦屋書店の10の特長

1.ここは、“六本木の洋書屋”です

30,000冊の洋書・洋雑誌を取りそろえた“六本木の洋書屋”として、特にデザイン、ファッション、アートなどのジャンルを強化し、国際的に活躍するGlobal Thinker の方々にSource of Inspiration を与える場に。

2.BOOK & CAFEをお愉しみください

日本のBOOK & CAFEの先駆けとなった六本木のTSUTAYA。ご購入前の本もスターバックスのコーヒーと共にじっくりと読み、本との出会いをお楽しみいただけるそのスタイルはリニューアル後も継承します。さらに、テラス席を中心にカフェ席を増やします。コーヒーと読書でくつろぎのひと時をお過ごしください。

3.BOOK & BAR-LOUNGEもお愉しみください

今回は、BOOK & CAFEに加えて、BOOK & BAR-LOUNGEを新設するんだとか。2階「The Lounge」でもご購入前の書籍・雑誌を読むこともできますよ。
2017年にWorld's Best Sommeliers(世界のソムリエ50)に選出されたヤン・セジュ氏と、Chivas Regal MIZUNARA Masters Cocktail Competitionでの優勝経験もあり、日本茶と洋酒、和酒全般を合わせたカクテルなどを提供する大場文武氏とでタッグを組んでつくりあげた、アート作品がモチーフのカクテルの数々をお楽しみください。

4.日本をお持ち帰りください

もらった人が幸せになる。贈った人も誇らしい。 そんな日本の“OMIYAGE”を揃えました。「日本を持ち帰る」をコンセプトに、職人の技が光る逸品を揃えています。ちょっとしたプレゼントにいかがですか?

5.これからのスタンダードを意識した一つ先のモノ選びを

Stationeryのコーナーでは、文具だけでなく、仕事の質を高めるガジェット、プライベート空間を彩るインテリア雑貨、社会課題を意識した一つ先のもの選びを提案する品々など、“これからのスタンダード”を意識したライフスタイルグッズが並びます。

6.ここでしか手に入らない「六本木 蔦屋書店限定商品」も

六本木 蔦屋書店のオープンを記念してつくられたfragment designとRAMIDUSによる「本のためのトートバッグ」、京都の老舗洋菓子店「フランス屋製菓」と共につくった「大和色ショコラ」、紙の専門商社PCM竹尾監修による当店限定販売のノート、ベリンガー社のノブレッサレザーを使用したBONAVENTURAスマホケース六本木 蔦屋書店限定カラーなど、ここでしか手に入らない商品もあるそう。

7.アートがある書店

2階には本棚に囲まれたアートスペース「BOOK GALLERY」が登場。アートシーンで注目され、今後さらなる活躍が期待されるアーティストの作品を展示・販売するそう。オープニングでは、エアロゾルライティングやストリートアート、カリグラフィー、ファインアートの文脈も包括する研究とその制作で多方面から評価の高い大山エンリコイサム氏の展覧会が開催されます。

8.子どもたちにもインスピレーションの源を

「絵本はアート」をテーマに、絵本の豊かな色彩とさまざまな物語を通して、子どもたちの豊かな感性と知的好奇心を育む良書があります。英語はもちろん世界各国の言語の絵本や、絵本を卒業されたお子さんのための読み物や図鑑も数多くそろっているそう。

9.映画の街・六本木にふさわしい映画コレクション

映画を愛する人々から世界最高峰と高い評価を得る米国のパッケージレーベル、CRITERIONのBlu-rayディスクがあるそう。また、コレクションとして所有したい、映画史に名を残す作品をBlu-ray修復版・4K版を中心に揃っていますよ。

10.朝7:00から24:00まで、年中無休です

出勤前、休日の朝の散歩にも利用できるように、朝は7:00から営業しているそいう。夜は深夜までお酒と本、アートでくつろぎのひと時を満喫できますよ。

六本木の洋書屋で、インスピレーションを高めて

いかがでしたか?ブックカフェの先駆けともなった、六本木の蔦屋。今回はバーラウンジや、アートの世界を感じられる、インスピレーションの場ともなっているそう。さらに、朝早くから開いているそうなので、最近話題の”朝活”にもいかがでしょうか?

詳細情報

■六本木 蔦屋書店
オープン日:2020年3月7日(土)
住所 :東京都港区六本木6丁目11−1 六本木ヒルズけやき坂通り1F・2F
電話番号:03-5775-1515 (バーラウンジ:03-5843-1467)
営業時間:7:00~24:00(2Fバーラウンジは10:00~24:00)

東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズけやき坂通り1F・2階

3.39 019

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する