• はてぶ
  • あとで
自粛・自粛・自粛…。引きこもる毎日に刺激を加える10のアイデアをご紹介

もうずっと家から出てない。実際に会って話してる相手は一緒に住んでる人だけ。そんな自粛生活を毎日繰り返すのは退屈でしんどいですよね。今回は引きこもる毎日が楽しくなる、刺激を加えてくれるアイデアを10個ご紹介して行きます。家で楽しみながらこの辛い時期をみんなで乗り越えましょ!(※なお情報は記事掲載・更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①バレットジャーナルを描いてみる!

みなさん Bullet Journal(バレットジャーナル)はご存知でしょうか?バレットジャーナルは海外で流行っている箇条書きノートのこと。月々の目標や行きたい場所、見たい映画など好きなものをなんでも書き込んでいくノートなんです。一枚一枚時間をかけるのがポイントです。
かわいいイラストを描いてみたり、写真や雑誌の切り抜きでコラージュを作ったりみなさんたくさん工夫してノートに毎週書き込んでいるんだとか。ページが増えるごとに達成感を感じるのでおすすめです。時間がないとなかなかできないので、是非この機に試して見てください。

②ネットショッピングで気分を上げる

今は外にショッピングに行けませんよね。そんな状況でストレス抱えてしまうあなたにはネットショッピングをおすすめします。Amazonや楽天などを当てもなく探すのも楽しいのでおすすめ。こんなもの売ってるの?なんていう面白い発見ができるかも。
ファッションサイトで服探しに絞って買い物をするのもいいですよね。リーズナブルに買い物するなら「17kg(イチナナキログラム)」という韓国のファッション通販がおすすめ。比較的に安くとにかくかわいい服で溢れているので見ているだけでも癒されます!

③部屋の模様替えで気分も切り替え

部屋を模様替えしてみるのはいかがでしょうか?とことん時間をかけて壁の色を塗り替える大規模のものから、家具の配置を変えるなどのちょっとした模様替えまでさまざまなやり方があるので、どなたにもおすすめです。インスタグラムなんどでおしゃれな部屋などを参考にしてみるのもいいかもしれません。
インターネットで、新たな小さなインテリア・小物を購入してみるのもいいかもしれません。部屋に合うような小物で理想な部屋や雰囲気を作っていきましょう。また大手家具量販店のイケアのウェブサイトには、家具を繋げて自分の理想の棚などをバーチャルに作ることができるんです。想像しやすいのでかなりおすすめです。

④見たかった映画をリレーする

誰しも気になる映画というのはあるかと思います。でも映画を一本見るの、集中力と時間を使うので見始めるまで少し躊躇してしまいますよね。ですが、この自粛中の1日一回の日課にすれば、苦痛に感じることなく楽しく映画を鑑賞することができます。
見始める前に、気になる映画リストを作成してみてはいかがでしょうか。そこから毎日一本ずつ選んで見ていきましょう。リストが埋まる達成感を味わえますし、何より映画を見て楽しむことができるのでかなりおすすめです。映画は読書と同じように色々な価値観を学ばせてくれるので、この自粛期間におすすめです。

⑤セルフケア・ルーティーン

スパのような極上体験、とまではいきませんが似たようなものを家でやってみるのはいかがでしょうか?リラックス効果抜群で、身も心も綺麗にしてくれます。例えば、お風呂にワインやキャンドルなどでリラックス空間を作って、バスボムの入ったお風呂に入るなどして最高のセルフケアタイムを作りましょう。
お風呂時間以外にも例えばフットケアグッズを使って、フットケアをしたり、高級スキンケアグッズで肌を労ったりなど。時間がないとできないセルフケアをしましょう。ゆったりとできて自宅でスパ体験をすることで、極上のリラックス空間が生まれます。ストレスのたまりやすい自粛期間にぴったりでおすすめです。

⑥30日筋トレチャレンジ

「30 Day Challenge」をご存知でしょうか。これは海外で一時期流行った30日間決めたことを毎日する挑戦のこと。自粛期間はこちらの30日チャレンジをやってみてはいかがでしょうか。定番なのは筋トレなどの体づくり。毎日10分ほどの筋トレを続けてみましょう。
毎日へのモチベーションも上がるのでこのアクティビティはかなりおすすめです。筋トレが苦手ならヨガやストレッチなどでも◎30日経ったら、30日前の自分と比べてみて。きっと大きな変化に感動すること間違えないです。絶対後悔しない自粛期間の過ごし方です。

⑦文通をしてみる

誰とも会えないこの期間。オンラインで繋がることは簡単ですが、そんなときにあえて文通を書いてみてはいかがでしょうか?手紙をもらう方も書く方も嬉しいのでおすすめです。ただの手紙だと普段のラインでのやり取りと変わらないな、と感じるならちょっと凝った手紙を書いてみるのもいいかもしれません。
例えば庭に咲く花を押し花にしたり、昔懐かしい印刷された写真を同封したり。相手の喜ぶことを考えながら書くのはきっと楽しいです。また最近はシーリングスタンプなどが流行っているので、そのアンティークな見た目を利用して占いお手紙を友達に書くのもいいかもしれません。自粛期間中だからこそ会えない辛さを楽しさに変えましょう!

⑧キットを買って本格ものづくり

暇だし何か作ろうかな…。と考えても「作り方が複雑でわからない」や「材料がないからできない」という理由で諦めてしまう方、多いのではないでしょうか?全部必要なものが入ってるキットならそんな心配もなく一つの作品を作りあげることができるのでおすすめです。
調べて見るとキットはさまざなジャンルのものがあってかなり種類が豊富…!刺繍キットや、ドライフラワーのリース、インテリアとして使えるピカピカ泥団子やビーズアクセなど…!0から材料集めて始めるのは大変そうですが、キットなら全部揃ってやり方も丁寧に説明されているので比較的簡単にできます。気になるキットを是非購入してみてくださいね。

⑨今から気分あげてこ!旅行計画

ずーっと自粛していると外の世界のことを忘れてしまいますよね。気分をパッと上げるために、自粛が開けたら行きたい旅行先を探しましょう!ネットから探して見つかる世界遺産や絶景。これらをを実際の自分の目で見たいと思いモチベーションも上がりますし、ワクワクするのでおすすめです。
一つの場所に絞って、日数や誰と行くのかなどの細かい旅行計画を立てるのも◎とりあえず見つけた行きたい旅行先をひたすら書いていくのも◎。どちらでも旅行に行くことを目標として作って行くので、自粛生活も頑張れます。想像を膨らませて、自粛開けを楽しみに待ちましょう。

⑩写真整理しながら思い出に浸る

機械の普及と進化のおかげで写真が撮りやすくなりました、撮りやすくなったぶん不要な写真も増えたんじゃないでしょうか。携帯に残る無駄なスクショやぶれてる写真、被ってる写真などがあるかと思います。それらを自粛期間中に整理するのも、一つのアイデアです。
整理しながら遡っていくうちに、様々な懐かしい写真に出会えるでしょう。それらを見つけるのも楽しいこと間違いありません。また写真整理した中でお気に入りを見つけて部屋に飾るのもいいかもしれません。写真フォルダも心もすっきりするのでおすすめです。是非試してみてくださいね。

ストレス溜めずにあとちょっとの辛抱!

ずっと自粛、自粛、自粛、だとしんどいですし、ストレスが溜まりやすいですよね。ですが、ちょっとした工夫や刺激を与えることででストレスフリーな毎日を送ることができます。今回はそんな刺激を与えるためのアイデアをいくつかご紹介していきました。これらを実践しながら、自粛期間を乗り越えましょう!(※なお情報は記事掲載・更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • まだまだ続く、自粛期間。「コロナ疲れ」というワードも出てくるほど、「暇」を実感…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する