どこか懐かしいのどかな愛媛。宇和島で一度は行くべき観光スポット10選

瀬戸内海に面した温暖な地域にある愛媛県。なかでものどかな雰囲気のある「宇和島」は豊かな自然や文化に触れられる注目のスポットなんですよ。そこで今回は、宇和島の魅力を堪能できるスポット10選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1.宇和島城

まず最初にご紹介するのは「宇和島城」です。日本国内で指折りの天守がある城として親しまれており、伊達政宗の息子・秀宗が初代城主を務めたことでも有名なんです。このお城の大きな特徴は、堀が五角形になっているところなんです。築城の名手と言われた藤堂高虎が敵を錯覚させるために考えたと言われており、面白い‟からくり”のお城としても知られているんですよ。
また、宇和島城の天守閣は、城下の街と瀬戸内海を一望できるスポットとして人気があるんです。春には華やかな桜が天守閣のふもとで咲き誇るので、さらに美しい景色を堪能できますし、初夏にかけては青々とした木々に移り変わっていう様子を楽しむことができるんですよ。訪れた際は、是非天守閣の上まで登って、開放的な景色に癒されてみましょう。

詳細情報

2.天赦園

次にご紹介するのは「天赦園(てんしゃえん)」です。伊達政宗にゆかりのあるこちらの庭園は、大きな池を中心に橋や島などを配置した‟池泉廻遊式(ちせんかいゆうしき)”で作られています。また、園内には「潜渕館(せんえんかん)」という茶亭もあり、こちらは昭和天皇が訪れたことでも知られているんです。
色とりどりの草花やおもむきを感じる池も見どころなのですが、なかでも是非注目していただきたいのは、さまざまな形に‟見える”石です。牛の姿に似ている『臥牛石』『起牛石』、虎のように見える『虎吠石』などのユニークな石が点在しているんですよ。訪れた際には、石を探しながら園内を巡ってみるとより楽しめるかも◎

詳細情報

3.南楽園

続いてご紹介するのは「南楽園(なんらくえん)」です。こちらの庭園はツツジや梅、桜などの木々が美しいだけでなく、カップルが楽しめるポイントもあると人気なんです。例えば、ボートに乗って池の方からお庭の風景を楽しめたり、ボート乗り場近くにある可愛らしい鯉(恋)のモニュメントで記念写真を撮ったりできちゃうんです。天気の良い日にはゆったりお散歩で訪れてみるのも良いかもしれませんよ。
また、園内には足を止めて休憩できるスペースがいくつかあるのがうれしいところなんです。なかでも食事をいただける「食彩 和日輔(わびすけ) 別邸」では、宇和島の郷土料理を味わうことができます。しっかりお食事をいただくのも良いですし、じゃこ天や太刀魚巻焼などで小腹を満たすのもいいです。お供に地元名産の‟ゆずの里”を使った「ゆずの里ソーダ」もどうぞ。

詳細情報

4.滑床渓谷

続いてご紹介するのは「滑床渓谷(なめとこけいこく)」です。手つかずの大自然が残るこちらのスポットには、日本の滝100選に選ばれている「雪輪の滝」があるんですよ。絹のように白い滝水が、浸食によってなめらかになった岩をスルスルと流れていく姿は、見とれてしまうほど美しいと話題なんです。
新緑や紅葉の時期に訪れれば、色鮮やかな山の景色を楽しめるので特におすすめです。渓谷に沿って遊歩道が整備されているので、安心して山歩きができちゃいますよ。鳥のさえずりと滝の流れる音があいまって、とても清々しい気分になれること間違いなしです!自然の中にあるスポットなので、日が出ている明るい時間に訪れてみてくださいね。

詳細情報

5.宇和島市営闘牛場

お次にご紹介するのは「宇和島市営闘牛場」です。宇和島では江戸末期から闘牛の文化があったのですが、第二次世界大戦以降は社会の変化により、一度は開催がなくなってしまいました。しかし、この文化を伝承すべく立ち上がった人々の尽力によって、今では宇和島を代表する一大イベントとなっているんですよ。
間近で競われる牛同士の迫力ある対決には観客も大盛りあがり!子どもから大人までが熱狂するんですよ。定期的に対戦が行われる「うわじま闘牛定期大会」は年に5回開催されていますので、観戦したい方は事前にホームページなどでチェックしてみてくださいね。

詳細情報

宇和島市営闘牛場

愛媛県宇和島市和霊町496-2

写真を投稿する
3.00 00

6.道の駅 津島やすらぎの里

続いてご紹介するのは「道の駅 津島やすらぎの里」です。地元で作られたお野菜やご当地商品を購入できるこちらの施設には、実は『熱田の湯』という温泉がついているんです。しかも源泉かけ流しなんですよ。しっかり浸かって温まることもできますし、気軽にお湯を楽しみたい方向けに足湯もあるんです。観光の途中にちょっと立ち寄って疲れをほぐすのにぴったりのスポットですよ。
また、地元の特産品を使ったスナックやスイーツがあるのもこのスポットの魅力なんです。例えば、島原かまぼこの「じゃこ天」や津島・岩松のどぶろくNASSOを使用した「特製なっそアイス」などがいただけるんですよ。じゃこ天は小魚の旨みがしっかり味わえる地元でも人気のスナック。特製なっそアイスは、ほのかなどぶろくの香りとお米の優しい甘さがクセになるスイーツなんです。ノンアルコールなのでお酒に弱くても安心して食べていただけますよ◎

詳細情報

7.和霊神社

お次にご紹介するのは「和霊神社」です。産業の神様として、主に漁業の方々に親しまれている‟和霊さま”の総本山であるこちらの神社。境内の風景が日本一ともいわれるほど美しいとして人気があるんですよ。夏には「和霊大祭」が行われ、多くの観光客でにぎわうスポットなんですよ。
また、こちらには御影石で作られた大鳥居があるのですが、こちらも日本一の美しさとして有名なんですよ。参道の草木に囲まれて佇む姿には圧倒されてしまうかも。神社の正面にある橋を渡ると和霊公園があり、地元の子供たちの憩いの場として親しまれているんです。園内には昔懐かしい蒸気機関車が置かれているので、神社を参拝した帰りに少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

和霊神社

愛媛県宇和島市和霊町1451

- 022

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

RETRIPもちあん2020年〜RETRIP公式の中の人。ひどめのアレルギー体質で困ることもありますが、逆にこんな体質だからこそ、憧れの気持ちを写真や文章に落とし込むのは得意です。

このまとめ記事に関して報告する