• はてぶ
  • あとで
ヨーロッパ観光の穴場!ドナウの流れと王室の気品あふれるブダペスト おすすめ観光スポット15選

「ブダペスト」ってどこにあるかご存知ですか?ブダペストは中央ヨーロッパに位置するハンガリーの首都です。街の中心をドナウ川が流れ、ブダとペストの2つの都市が一緒になった街です。ドナウ川に育まれた自然を残しつつ、ハンガリー王室のゆかりの地が点在するブダペストは美しい観光スポットの宝庫です!日本人観光客は少ないものの、独特の肉料理グルメや王室建築を目的に欧米を中心に人気の観光地となっています。多くの魅力を秘めたブダペストのおすすめ観光スポットを紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①くさり橋

重厚な鉄骨の橋でハンガリーの当時の栄華が判ります。夜のライトが点灯すると特に綺麗です。

出典:www.tripadvisor.jp

ライトアップされた王宮と国会議事堂、くさり橋の真珠の首飾りのようなイルミネーションが、息をのむような美しさです。

出典:www.hankyu-travel.com
ドナウ川を境に西に広がるブダと、東のペスト。この二つの町を最初につないだのがくさり橋です。
夜になると380mのケーブル線に連なる幾千の電灯がともり、ドナウ川の河面を照らす美しい姿をみることができます。ドナウ川にいくつも架かっている橋の中でも、最も美しいと称されるのがこの観光スポットです。ブダぺスト観光の定番スポットでもあります。
訪れるなら夜のライトアップもおすすめです。

ブダペスト観光のハイライトである王宮も近く、王宮の丘へ登るケーブルカーのある広場も橋のためとにあるため、ブダペスト観光では必ず訪れる観光スポットとなるでしょう。
【場所】ドナウ川に架かり、王宮とセーチェニー・イシュトヴァーン広場を結んでいる
【アクセス】最寄りはメトロ デアーク広場駅から徒歩10分。16番と105番バスが橋の上を通る

②王宮

国立美術館、国立図書館、歴史博物館、軍事博物館などがあり、大統領官邸前では正時毎に衛兵交代も見ることが出来ます。 王宮の丘からのドナウ河とペスト地区の眺めは素晴らしいです。

出典:www.tripadvisor.jp
王宮の丘の南側に位置し、水色のドーム型屋根が一際目立ちます。
13世紀半ばにハンガリー王ベーラ4世によって建設され、15世紀にはハンガリー・ルネッサンス文化の中心として栄えました。
現在は修復されたバロック様式の建物が美しく、ブダペスト観光の目玉となっています。王宮は美術館や博物館として活用されており、外観だけでなく、内部まで楽しむことができるのでおすすめです。是非、じっくりと時間をとって訪れてほしい観光スポットです。
【住所】1014 Budapest, Szent György tér 2
【料金】施設によって異なる(参考:国立美術館1200Ft、歴史博物館1500Ft)
【営業時間】10時~18時
【休日】月曜日

③マーチャース教会

目に飛び込んでくる色彩が美しくて、まるで画家グスタフ・クリムトの描く世界に入り込んでしまったような気分になりました。
なんで、こんなに美しいものを人間てつくれるのかと。人って、すごい。

出典:travel.nyan-class.com

白い尖塔と外壁。それとは対照的に赤や緑のマジョリカタイルで飾られた鮮やかな屋根。内陣に入ると更にその豪華さ、荘厳さに圧倒されるばかりでした。

出典:www.tripadvisor.jp
ブダペストのシンボル的な存在として知られるこの教会は、王宮と同じくハンガリーの長い歴史を背負った観光スポットです。
13世紀の半ばにベーラ4世によって建てられて以降、幾度もの増築を行い、オスマン帝国占領時代にはフレスコ画は塗りこめられ、アラーへの礼拝が行われていました。
17世紀に再びカトリック教会へ戻った後は、王室の戴冠式が執り行われましたが、第二次世界大戦によって打撃を受け、現在は復元された姿となっています。

内部の美しいステンドグラスが見所の一つで、宗教がや石像で飾られた厳かな雰囲気が漂います。ブダペストの歴史の厚さを体感するうえで是非おすすめしたい観光スポットです。
【住所】Szentharomsag ter 2, Budapest 1014, Hungary
【営業時間】9時~17時
【料金】1000Ft
【休日】土曜午後、日曜午前

福岡県久留米市安武町安武本善隣教久留米教会

写真を投稿する
- 01

④漁夫の砦

半日の間に3回も訪問。理由はただ素晴らしい町並みがみえたからです。

出典:www.tripadvisor.jp

白亜の美しい7つの塔と優雅な回廊で構成された砦はまるでメルヘンの世界に入り込んだかのようで、どれだけ眺めていても飽きません。

出典:allabout.co.jp
砦と言っても戦いに使われたものではなく、ブダペストの街の美化の一環として建造された観光スポットです。
ドナウ川に沿って、ネオロマネスク様式で建造された数個の尖塔と回廊が並んでいます。白い石灰石で出来た建物自体も幻想的で美しいのですが、特におすすめなのはオープンカフェからの景色です。ドナウ川とペスト地区を一望することができます。

かつてここに魚の市が立っていたことや、漁師組合が守っていたことから、漁夫の砦という名が付けられました。
【住所】Szentharomsag ter 5, Budapest 1014, Hungary
【営業時間】9時~23時
【料金】600Ft
【休日】10月16日~3月14日

⑤聖イシュトヴァーンの騎馬像

この像の特徴は、手に持っている二重の十字架。ハンガリーでは、通常の十字架ではなく二重の十字架が多いので、注意して見てみよう。

出典:www.ryoko.info
砦の南端、マーチャース教会の横にある銅像が、聖イシュトヴァーンの騎馬像です。聖イシュトヴァーンは、ハンガリー建国の父と言われる初代国王です。手にはハンガリーの国章にも取り入れられている二重の十字架を持っています。
二重の十字架は、イシュトヴァーンがハンガリー王国を築いた功績と、大司教の決定権を持つことの2つを意味していると言われています。
ブダペスト観光の要所に位置し、周辺に多くの観光スポットが点在しています。
【住所】1014 Budapest, Szentháromság tér
【営業時間】随時
【料金】無料
【休日】無休

⑥王宮地下迷宮

真っ暗なところに、亡霊のように男の人が立っていて、子どもが悲鳴をあげていました。
ちょっとオバケ邸みたい!なスリルも。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
王宮の丘の地下には、洞窟が縦横無尽に走っています。ひとくちにブダペストと言っても、ブダとペストでは地形が全く異なり、平坦なペスト側に比べ、ブダ側はカルストの山がちな地形が広がっています。
洞窟内はランプの明かりを頼りに探検することができ、おすすめです。ただし、一人だと少し怖いかもしれません…!
ワインセラーや監獄、祈りの場として使われていたこともあり、第二次世界大戦中は軍の秘密基地としても使われていた観光スポットです。
【住所】1014 Budapest, Úri utca 9 Hungary
【営業時間】9時30分~19時30分
【料金】2000Ft
【休日】無休

1014 Budapest, Úri utca 9 Hungary

- 02

⑦国立美術館

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する