• はてぶ
  • あとで
【終了】美しさの象徴「芍薬」を見にいこう!青森県で「芍薬まつり 2020」開催

2020年6月6日(土)~6月14日(日)の期間にわたって、青森県にある「手作り村 鯉艸郷(りそうきょう)」にて「芍薬まつり 2020(しゃくやくまつり2020)」が開催されます。「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」、という言葉のように美しい女性を例える言葉にも古くから使われていることから、大変綺麗な芍薬。そんな芍薬をゆっくりと観察することができます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「芍薬まつり 2020」が開催

開催期間:2020年6月6日(土)~6月14日(日)

※画像はイメージです

2020年6月6日(土)~6月14日(日)の期間にわたって、青森県にある「鯉艸郷(りそうきょう)」にて「芍薬まつり 2020(しゃくやくまつり2020)」が開催されます。芍薬とは春から初夏にかけて咲くアジア原産の多年草で、見た目の麗しさから観賞用として育てられることが多いです。
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」、という言葉のように美しい女性を例える言葉にも古くから使われていることから、スラリとした茎の先に美しい花を咲かせることから女性の立ち姿に擬えられています。淡いピンク色のものや濃いもの、白いものなど様々なカラーバリエーションがあります。

茅葺小屋でいただく蕎麦もおすすめ!

園内を入って右に行くと目に入る昔ながらの茅葺小屋。こちらの「鯉艸亭(りそうてい)」は平成2年に移築された昭和初期の建物で、風情あふれる懐かしさを思わせる小屋ですね。こちらの「鯉艸亭」では、石臼で挽いたばかりの香り高いそば粉を使った「手打ちそば」、予約をすることで「わっぱとりめし」などをいただくことができます。
すぐそばにある水車で蕎麦粉を引いたり作付けがあったりと基本的には園内で作られているのだそうです。6月は他にも「花菖蒲まつり」やルピナスが見頃を迎えます。ぜひ一度訪れてみたいですね。

詳細情報

■芍薬まつり 2020
開催期間:2020年6月6日(土)~6月14日(日)
住所: 青森県十和田市大字深持鳥ケ森 2-10手づくり村 鯉艸郷
営業時間:9時~17時
アクセス:東北新幹線 七戸十和田駅からタクシーで約17分
  • 青森県十和田市深持鳥ケ森2-10
  • 0176272516

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する