• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
こんな場所があったなんて!シャッターを切りたくなる埼玉のフォトスポットLIST

都心からのアクセスもいい埼玉県ですが、何も無いとも言われがち。そんなあなたに伝えたい、ここでしか見ることができないフォトスポットをご紹介します。SNS映えしそうなフォトジェニックな風景から幻想的な絶景まで、埼玉県在住の筆者が厳選したフォトスポットをお届けします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 / 飯能市

まず初めにご紹介するのは、飯能市にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」です。北欧の作家であるトーベ・ヤンソンとの手紙のやり取りから生まれたというこちらの公園は、まるで北欧の絵本の世界のよう。テーマパークというよりは開放的な公園になっており、のんびりとした時間の流れを感じられます。
どこを切り取ってもユーモアな風景が広がるこちら。日本ではなくフィンランドなのかと錯覚してしまいそうになります。喧騒な都会からは少し離れて大自然の中でのびのびすることができるフォトスポットになっています。

詳細情報

2. 首都圏外郭放水路 / 春日部市

続いてご紹介するのは、春日部市にある「首都圏外郭放水路」です。こちらは大規模な治水施設で、地下神殿とも言われています。埼玉県の地下にこんな空間があったなんて、少し驚きですよね。私たちの生活を守るためにある、大切な施設なんですよ。
こちらでは気軽に見学できるコースからじっくり学べるコースまで、3種類の見学コースがあります。いざ『地下神殿』の中に入ってみると、その壮大さに圧倒されます。大人でも好奇心が抑えられなくなりそうな非日常フォトスポットです。

詳細情報

  • 埼玉県春日部市上金崎720
  • 0487460748

3. 五千頭の龍が昇る聖天宮 / 坂戸市

続いてご紹介するのは、坂戸市にある「五千頭の龍が昇る聖天宮(せいてんきゅう)」です。台湾を彷彿とさせるこちらのスポットは中国・台湾の道教のお宮で、誰でも自由に参拝することができます。こんな場所が埼玉県にあったこと、皆さんはご存知でしたか?
埼玉の数あるスポットの中でもこちらはまだあまり知られていない穴場のフォトスポット。気軽に台湾旅行の気分が味わえますよ。迫力のある建物は見どころも多く、ゆっくり見て回りたいですね。都心からのアクセスもいいのでぜひ一度訪れてみてくださいね。

詳細情報

  • 埼玉県坂戸市塚越51-1
  • 0492811161

4. 川越エリア / 川越市

続いてご紹介するのは、埼玉でも人気な観光スポットの川越エリアです。蔵造りの街並みがノスタルジックな雰囲気を醸し出しており、ただ歩くだけでも気分が上がります。そんな川越のシンボルとも言える「時の鐘」は、川越に来たら絶対外せないフォトスポットです。
また川越の定番観光スポット「川越氷川神社」は縁結びのパワースポットと言われており、若い女性を中心に人気を集めています。例年夏の時期になると『縁むすび風鈴』が開催されます。暑い季節に涼しげな音とカラフルな風鈴に癒されるフォトスポットです。

詳細情報

  • 埼玉県川越市幸町15-7 薬師神社 時の鐘
  • 049-224-6097
  • 埼玉県川越市宮下町2-11-3
  • 049-224-0589

5. ジョンソンタウン / 入間市

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する