• はてぶ
  • あとで
淡いグラデーションは今だけ。四国エリアの「紫陽花」を楽しむスポット8選

梅雨に入りじめじめした季節になりましたね。そんな今見ごろを迎えている「紫陽花(あじさい)」を見に行きませんか?梅雨の今だからこそ見ることの出来る紫陽花を景色と共に楽しみましょう。今回は、四国エリアで見たい紫陽花スポット8か所をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

愛媛県

1. 新宮あじさいの里 / 愛媛県・四国中央市

最初にご紹介するのは、「新宮(しんぐう)あじさいの里」です。愛媛県の四国中央市のあるこちらでは、毎年6月中旬頃から下旬にかけて、山の斜面に約2万株の紫陽花が咲き誇ります。山一面に咲く、色鮮やかな紫陽花の絶景にうっとり…!
雨の日ってなんだか憂鬱な気分になっちゃいますよね。でも、あじさいは雨に濡れるとより鮮やかになるんです!あじさいがたくさん咲くこちらの遊歩道で、雨の日も満喫しちゃいましょう!

詳細情報

愛媛県四国中央市新宮町上山新宮町上山3336

3.05 023

2. 下長瀬あじさい公園 / 愛媛県・四国中央市

2つ目にご紹介するのは、「下長瀬(しもながせ)アジサイ公園」です。愛媛県の四国中央市富郷町にあるこちらの公園は、近くを流れている「銅山川」の川辺に紫陽花が咲いているので、川と紫陽花の素敵なロケーションが広がっていますよ。
また、こちらの公園の近くには、国道319号線の別小山に向かう沿線約15㎞に紫陽花が咲き誇る「あじさいロード」があるんです。約3万株もの紫陽花が植えられており、運転中の癒しの光景になること間違いなしですね。

詳細情報

799-0642 愛媛県四国中央市金砂町平野山

3.03 02

高知県

3. 六條八幡宮 / 高知県・高知市

3つ目にご紹介するのは、「六條八幡宮(ろくじょうはちまんぐう)」です。高知県高知市にある神社で、毎年6月ごろになると境内のいたるところに紫陽花が咲き誇ることから「あじさい神社」と呼ばれています。古くから地元の方をはじめとても親しまれています。
こちらの「あじさい神社」の特徴は、紫陽花の絵が描かれている絵馬。また、様々な品種の紫陽花が植えられており、白に青にピンクととてもカラフルで可愛らしい景色を楽しめるところも見どころですよ。

詳細情報

高知県高知市春野町春野町西分3522

3.06 046

徳島県

4. 熊谷寺 / 徳島県阿波市

4つ目にご紹介するのは、「熊谷寺(くまだにじ)」です。こちらは、徳島県阿波市にあり四国お遍路八十八か所霊場の第8番礼所のお寺です。毎年6月末から7月初旬にかけてお寺には色とりどりの紫陽花が咲き、風情を感じることが出来ます。
県の文化財にも指定されている「仁王門」から本堂までの道を彩る紫陽花は、ぜひ見ておきたいポイント。初夏には紫陽花、春には桜が咲き誇るなど、季節によって様々な花を楽しむことも出来るお寺です。

詳細情報

5. 大川原高原 / 徳島県・名東郡

5つ目にご紹介するのは、「大川原高原(おおかわはらこうげん)」です。徳島県名東郡佐那河内村にある高原で、毎年6月末から7月中旬頃には約3万株の紫陽花が一面に咲き乱れます。高原いっぱいを青い紫陽花が埋め尽くす景色は圧巻です。
大きな風力発電機がある大川原高原の展望台は、標高がおよそ1000mあり、市街地との気温差は4~5度低く、とっても涼しいのが特徴的。紫陽花が咲く季節には県内外から多くの人が訪れる人気のスポットになっているんです。

詳細情報

香川県

6. 粟井神社 / 香川県・観音寺市

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する