• はてぶ
  • あとで
空と紅葉のコントラスト!都立水元公園の「見上げる」紅葉が美しい

秋といえば「紅葉」。赤や黄色に染まる葉っぱは1年の中で一番美しい姿と言えるかもしれません。そんな美しい「紅葉」。もみじやイチョウなどが定番ですが、今回ご紹介する都立水元公園の紅葉は見上げて見ると美しい素晴らしい絶景です。(※2016年10月3日最終更新)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

都立水元公園に行ったことある?

水元公園は東京都葛飾区にある都立公園。東京都内では最大級の水郷公園です。訪れたことがある人も多いのではないのでしょうか。
水元公園では手ぶらでBBQができることから家族連れなどにも人気です。夏になると多くの人で賑わっています。
また、美しい鳥たちが生息する場所としても有名です。バードウォッチングをするために訪れる人も多いんだとか。そんな水元公園、秋になるとどのような美しい姿に変身するのでしょうか。

美しすぎる紅葉に染まる「水元公園」

例年の紅葉の見頃は11月上旬~12月上旬

みてください、この絶景!現実のものとは思えないほど美しい景色です。そう、これが都立水元公園の秋の紅葉の光景です。これほどまでに美しい紅葉は都内でもそう多くはありません。

メタセコイアの木

この都立水元公園の紅葉の特徴といえば「メタセコイア」。なんとここには生きた化石ともいわれるメタセコイアが1800本も植えられているのです。
すらっと高い木に真っ赤な葉…タイトルにもある「見上げてみる紅葉」とはメタセコイアのことだったんです。
メタセコイアが見渡すかぎり植えられている道をお散歩するのがここの紅葉の楽しみ方。光の差し込み方や角度によって全然見える景色が違うんですよね!
あまりの美しさにCMやテレビ、ドラマの撮影にも引っ張りだこ。シーズンになるとロケバスが止まっていることもしばしばなんです。
その中でも特におすすめの紅葉スポットをご紹介します。

ベンチ下

背の高いメタセコイアにかこまれたベンチ下はポイントの一つ。紅葉を見ながらコーヒーをのんだり、サンドイッチを食べたり…のんびりするのもおすすめです。

小合溜井(こあいだめい)

公園の中心にある大きな池。水面に映る木々はやっぱり美しい。晴れた日の夕暮れの時間帯が最も美しく映るんだとか。

今年は水元公園の紅葉に行ってみない?

珍しいメタセコイアの木の紅葉を見ることができる都立水元公園。今年の秋はぜひ都とも立水元公園に出かけてみてはいかがでしょうか?

水元公園の紅葉情報

《紅葉スポット》都立水元公園
《例年の紅葉見頃》11月上旬~12月上旬
《住所》東京都葛飾区水元公園3-2
《電話番号》03-3607-8321
《アクセス》JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町」から京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車 徒歩7分
  • 東京都葛飾区水元公園3-2
  • 0336078321

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

bemuとにかく夏が好き。

このまとめ記事に関して報告する