• はてぶ
  • あとで
【終了】メキシコが誇る一大イベント。「死者の日」についてまとめてみた

毎年10月31日から11月2日にかけて、メキシコで伝統的に行われている「死者の日」。開催期間である10月31日から11月2日には死者の魂がこちら側に戻ってくると考えられており、なくなってしまった人々へのお祈りを行います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

メキシコの「死者の日」とは?

開催期間:毎年10月31日〜11月2日

メキシコで伝統的につづく行事、「死者の日」。開催期間である10月31日から11月2日には死者の魂がこちら側に戻ってくると考えられており、なくなってしまった人々へのお祈りとセレモニーが行われます。街中の至る所に骸骨の人形や顔が置いてあったり、花が飾られていたりと華やかなイベントです。
「死者の日」とは死者を弔う、と言う点で日本で言う「お盆」に似た文化となっていますが、日本とは違って死者の魂を楽しくもてなすイベントなんです。そのために街中で骸骨の仮装をする人や古代アステカ民族の衣装に身を包む人などが街中を盛り上げます。
お墓や教会、広場といった場所にはマリーゴルドの花やフルーツなどで飾られるのでとても明るく楽しい雰囲気が街中に広がっています。マリーゴールドは太陽に似た美しさを持つことから太陽信仰のあるメキシコで愛されているのかもしれませんね。死者が楽しく向こうへ行けるように、そういった願いが込められています。

見所を少しだけ紹介!

こちらの華やかな祭壇は「オフレンダ」と呼ばれているものです。家の庭先やお店の正面。道の至る所で見つけることができます。なくなった家族の写真や家族が好きだったものなど、個人を忍びながら華やかに飾り付けられた祭壇ははかなく美しいですね。
各地でパレードやセレモニーが行われ、周囲には陽気な音楽が流れているのでとても楽しいお祭りになっています。骸骨人形が歩き回る姿をみようと世界各地から人が足を運びますよ!ぜひ訪れる際は仮装を楽しんでみてはいかがですか?

伝統が色濃く残る街「オアハカ」

こうした「死者の日」の伝統が色濃く残る町がメキシコ南部の町「オアハカ」。こちらでは先住民の割合が多く、そうしたイベントがしっかりと残っています。また街並みも美しく、治安もいいため日本人観光客にも人気が高いです。また古代文明の遺跡である「モンテアルバン遺跡」もあるため観光には困りません。

詳細情報

■死者の日
開催期間:毎年10月31日〜11月2日
場所:メキシコ
  • Oaxaca, Oaxaca, Mexico

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する