• はてぶ
  • あとで
【終了】スペイン三大祭りの1つ、「バレンシアの火祭り」をまとめてみた

情熱の国「スペイン」。この国は非常にイベントが盛り上がり、特にスペイン三大祭りである「セビリアの春祭り」「パンプローナのサン・フェルミン祭」「バレンシアの火祭り」は世界的にも有名ですよね。そこで今回は「バレンシアの火祭り」についてまとめてみました。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

世界で一番アツい「バレンシアの火祭り」

開催期間:毎年3月15日〜19日

毎年3月15日〜19日にかけてスペインのバレンシアの各市で「バランシアの火祭り(サンホセの火祭り)」が行われます。三月に入ると町一帯がお祭りムードとなり、様々なところで爆竹などの音が聞こえ始めます。展示されている大きな張子の人形の順位を競って、最優秀作品のみが展示され他の作品は燃やされます。
冬明けに大工が建築器具を燃やしたことが始まりとされるこちらのお祭りでは、のちにカトリックとの宗教も相まってバレンシアにとって誇りあるお祭りとなりました。3月15日には各地で作られた「ファジャ」と呼ばれる人形が飾られ始めます。街を歩けばどこにでも「ファジャ」を見かけることができますよ。
開催期間中は毎朝8時になるとブラスバンドが訪れ街中を廻ります。また大量の爆竹が投げられているので朝が苦手な方には少し厳しいかも?張子人形だけでなく大量の爆竹が鳴り響くバレンシアの街に驚く人も少なくないはず。せっかくなのでお祭り気分で楽しみましょう!
そして最終日の3月19日。ついに優秀賞以外の作品が燃やされる時が来ました。このお祭りの凄いところは燃やされることも計算して張子人形が作られていること。そのため比較的安全に燃やすことができるんだそうです。まるで火事のような光景に地元民以外は心配そうに火を見つめるのだとか。

優秀作品が展示される「火祭り博物館」にも行ってみよう!

「バレンシアの火祭り」は人形の出来を競うコンテストです、そのため優秀な作品は「火祭り博物館」に展示されます。せっかくバレンシアに来たのであれば訪れてみてはいかがでしょうか。また祭期間中でなくても燃やされる人形の大きさを見ればスケールの大きさにちょっと触れることができるかもしれませんね。

詳細情報

■バレンシアの火祭り(サンホセの火祭り)
開催期間:毎年3月15日〜19日
場所:スペイン バレンシア州各地

Plaza Monteolivete, 4, Valencia

写真を投稿する
- 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する