• はてぶ
  • あとで
豊洲に屋外パブリックアートが誕生。「チームラボプラネッツ」の新作が気になる。

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、2020年7月16日(木)から、新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》が公開されます。また、期間限定で《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity》が夏の装いになります。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式ホームページなどを確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に新作登場

登場日:2020年7月16日(木)

チームラボプラネッツは、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品による「水に入るミュージアム」です。2018年7月の開館から2周年を迎え、現在は、入館制限等の新型コロナウイルスの感染防止策を実施の上で、ミュージアムをオープンしています。
アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、2020年7月16日(木)から、新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》が公開されます。また、期間限定で《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity》が夏の装いになります。
新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》は、デジタルテクノロジーによるアートとしては他に類のない大きさのパブリックアートです。開放感のある屋外で、入館の有無に関わらず、誰でも鑑賞できる作品となってます。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity

開催期間:2020年7月16日(木)~8月2日(日)

夏季限定のプロジェクションマッピングも登場するそう。夏の季節限定で、来場者が裸足になって水の中を歩く作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity》は、水面を泳ぐ鯉たちが人々にぶつかると、向日葵に変化し散っていきます。
一年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わり、向日葵の花が見られるのは、7月16日(木)から8月2日(日)まで。鮮やかなひまわりが見られるのは、わずか一か月だけ。夏の思い出にいかがですか?

新作も定番も気になる!

いかがでしたか?チームラボに待望の新作が登場します。しかも、屋外ということで、開放感もあり、夏らしさが感じられる作品となっていますよ。さらに、夏季限定の屋内作品も注目ポイントです。もちろん、定番の作品も見ることができますよ。コロナ対策も行っているようなので、ぜひ足を運んでみては?

詳細情報

■空から降り注ぐ憑依する滝
登場日:2020年7月16日(木)
■人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity
開催期間:2020年7月16日(木)から8月2日(日)

チームラボプラネッツ TOKYO DMM
所在地: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間: 平日 10:00〜19:00、土日祝 9:00〜19:00
※最終入館は閉館の30分前
休館日: 2020年7月8日(水)

チケット料金:
大人(18歳以上) 3,200円
大学生・専門学生 2,500円
中学生・高校生 2,000円
小人(4歳 – 12歳) 800円
シニア(65歳以上) 2,400円
障がい者割引 1,600円
  • 東京都江東区豊洲6-1-16

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する