• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
少し足を伸ばしてプチ贅沢な週末を!南房総・館山1泊2日プラン

東京から車で約2時間半で行くことができる「南房総・館山エリア」。海が近いこともあり、様々な海の絶景を楽しむことができ、海の幸も存分に堪能できます。そんな南房総・館山エリアの1泊2日プランをご紹介します。贅沢なホテルステイも楽しんでくださいね。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【9:00】東京を出発

館山・南房総エリアへは、車で行くことをおすすめします。道中にはドライブで立ち寄りたいスポットが多くあり、ドライブコースとしても最適なんです。今回は、まず房総半島の南端にある「房総フラワーライン」を車で通り抜け、館山・南房総で過ごすプチ旅行を始めましょう。
房総フラワーラインは、「日本の道百選」にも選出されている道で、季節によって変わる花々が沿道を飾っています。冬から春にかけては菜の花、夏にはマリーゴールドなどの花々を横目に気持ちよくドライブすることができます。フラワーライン周辺には観光スポットも多くあるので、時間があれば寄り道をしてみても良いかもしれません。

詳細情報

  • 千葉県南房総市白浜町
  • 0470-22-2544

【11:30】野島崎灯台に到着

東京都内から房総フラワーラインまでは車で2時間から2時間半ほどかかります。「野島崎灯台」は、房総フラワーラインのすぐ近くにある灯台で、房総半島の南端に位置しています。「最南端の碑」も設置されているので、ぜひここで写真を撮っていってください。
野島崎灯台は、全国的にも珍しい、のぼることができる灯台です。また、日本で二番目に点灯した歴史ある灯台でもあります。房総半島の最南端の岬にある灯台なので、目の前には広大な太平洋が広がり、房総半島を望むことができますよ。

詳細情報

  • 千葉県南房総市白浜町白浜630
  • 0470383231

【13:00】お昼ご飯は地元の回転寿司!

野島崎灯台から車で30分ほどで「スーパー回転寿司やまと」に到着します。こちらでは、房総半島周辺の海で獲れた新鮮な魚介類を堪能することができ、ネタは常時100種類以上あるんだとか。店内の生け簀から魚を取り出してさばいてくれるパフォーマンスも楽しめますよ。
こちらのお店は炙りのお寿司が美味しいと評判で、「いわし岩塩炙り」や「赤えび明太マヨ炙り」、「まぐろほほ肉炙り」などがあります。貝の種類も豊富で、白つぶ貝や煮ほたて、ほっき貝などがあります。いくつになってもわくわくしてしまう回転寿司で、房総半島のグルメを楽しんでください。

詳細情報

  • 千葉県館山市北条1321-12
  • 0470232070

【14:30】常楽山 萬徳寺でユニークな参拝

回転寿司でお腹いっぱいになったら、世界最大級のお釈迦様のいる「常楽山 萬徳寺(じょうらくさん まんとくじ)」へ向かいましょう。車で20分ほどで到着します。こちらのお寺は、巨大な寝そべっているお釈迦様がいることでも有名ですが、参拝方法もとてもユニークなんです。
まず、靴を脱いでお釈迦様の中央で合掌します。その後、お釈迦様の周りを時計回りで3周します。3周した後、お釈迦様の足の裏に向かって願い事をすると、願い事が叶うと言われています。また、こちらでは足腰に良いと言われるお守りも売っていますよ。

詳細情報

  • 千葉県館山市洲宮1571
  • 0470-28-2013

【15:30】ご当地ソフトでおやつタイム

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する