少し足を伸ばしてプチ贅沢な週末を!南房総・館山1泊2日プラン

東京から車で約2時間半で行くことができる「南房総・館山エリア」。海が近いこともあり、様々な海の絶景を楽しむことができ、海の幸も存分に堪能できます。そんな南房総・館山エリアの1泊2日プランをご紹介します。贅沢なホテルステイも楽しんでくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【9:00】東京を出発

館山・南房総エリアへは、車で行くことをおすすめします。道中にはドライブで立ち寄りたいスポットが多くあり、ドライブコースとしても最適なんです。今回は、まず房総半島の南端にある「房総フラワーライン」を車で通り抜け、館山・南房総で過ごすプチ旅行を始めましょう。
房総フラワーラインは、「日本の道百選」にも選出されている道で、季節によって変わる花々が沿道を飾っています。冬から春にかけては菜の花、夏にはマリーゴールドなどの花々を横目に気持ちよくドライブすることができます。フラワーライン周辺には観光スポットも多くあるので、時間があれば寄り道をしてみても良いかもしれません。

【11:30】野島崎灯台に到着

東京都内から房総フラワーラインまでは車で2時間から2時間半ほどかかります。「野島崎灯台」は、房総フラワーラインのすぐ近くにある灯台で、房総半島の南端に位置しています。「最南端の碑」も設置されているので、ぜひここで写真を撮っていってください。
野島崎灯台は、全国的にも珍しい、のぼることができる灯台です。また、日本で二番目に点灯した歴史ある灯台でもあります。房総半島の最南端の岬にある灯台なので、目の前には広大な太平洋が広がり、房総半島を望むことができますよ。

【13:00】お昼ご飯は地元の漁師めし!

野島崎灯台から車で30分ほどで「相浜亭」に到着します。こちらは、相浜漁港の目の前にあり、房総半島周辺の海で獲れた新鮮な地魚を堪能することのできるお店です。季節によってアワビや伊勢海老などを使用したメニューもあり、2000円台からいただくことができるので高コスパです!
6~7月と冬場にいただくことのできる「伊勢海老天丼」や、冬場に登場する「ウツボ丼」など、季節によって登場するどんぶりも見逃せません。通年提供している新鮮な海鮮丼も、どれも絶品なんですよ。房総半島ならではの海鮮グルメを楽しんでみてくださいね。

【14:30】常楽山 萬徳寺でユニークな参拝

新鮮な海鮮でお腹いっぱいになったら、世界最大級のお釈迦様のいる「常楽山 萬徳寺(じょうらくさん まんとくじ)」へ向かいましょう。車で10分ほどで到着します。こちらのお寺は、巨大な寝そべっているお釈迦様がいることでも有名ですが、参拝方法もとてもユニークなんです。
まず、靴を脱いでお釈迦様の中央で合掌します。その後、お釈迦様の周りを時計回りで3周します。3周した後、お釈迦様の足の裏に向かって願い事をすると、願い事が叶うと言われています。また、こちらでは足腰に良いと言われるお守りも売っていますよ。

【15:30】ご当地ソフトでおやつタイム

参拝をして少し小腹が空いたら、常楽山萬徳寺から車で10分ほどの場所にある「木村ピーナッツ」でおやつタイムにしましょう。千葉県はピーナッツの収穫量日本一を誇る県で、「木村ピーナッツ」では栽培から製造、販売まですべてを一つの場所で行っています。
直売所では、20種類以上のピーナッツ製品が販売されています。中でもおすすめなのが、「ピーナッツソフト」。ピーナッツの風味がぎゅっと詰まったソフトクリームは、ピーナッツの栽培や製造も行っているここならではの味です。ドライブの休憩にぴったりです。

【16:10】城山公園でのんびり

「城山公園」へは、「木村ピーナッツ」から車で6分ほどで、歩いてもいける距離です。城山公園内には、「館山城」があります。館山城は、戦国大名の里見氏の居城跡で、現在では博物館として「南総里見八犬伝」に関する資料が展示されています。
城山公園は丘の上にあるので、頂上付近からの風景も見ものです。園内には季節ごとに花々が咲き誇り、様々な風景を楽しめるのでのんびり散策するのも良さそうです。また、博物館は16時30分が最終入場時刻ですので、訪れる際は早めに入場しましょう!

【18:00】海岸線で夕日鑑賞

陽が沈んできたら、夕焼けのベストスポットへ向かいましょう。「北条海岸」は、波が静かなことが特徴で、夕日鑑賞スポットとして有名です。もし陽が沈むまでまだ時間があったら、ヤシの木が立ち並ぶ北条海岸沿いをドライブするのもいいかもしれません。
北条海岸からは、天気の良い日には夕日に染まる富士山を見ることができます。また、5月頃と8月頃には、「ダイヤモンド富士」といって、夕日が富士山の頂上に沈んでいく光景を見ることができるかもしれません。撮影スポットとしても人気なスポットですよ。

北条海岸

千葉県館山市北条

3.19 7120

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する