• はてぶ
  • あとで
マウイの魅力知っていますか?マウイ島のおすすめ観光スポット10選

常夏の島ハワイ。この地でバカンスをしたいと思ったこと、誰もが1度はあるのではないでしょうか?今回は、観光客に大人気のオアフ島から離れて、マウイ島にスポットを当てました。ちょっと通な旅をこの夏してみませんか?フォトジェニックな場所も沢山あるのでインスタ映えも間違いなしです!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① Paia Town(パイアの町)

最初に紹介するのは、まさに町全体がインスタ映えの「パイアの町」です。パイアは、サトウキビ産業で栄えた歴史があり、1970年代頃からは多くのヒッピーたちが移住してきた町。また、ウィンドサーフィンのメッカとして注目を集める地でもあります。そのため、小さな町の中にヒッピーを感じる店やサーファーたちの店など、多くのお洒落な店が立ち並んでいます。
町を散策して写真撮影をしたり、気になったセレクトショップで買い物を楽しんだり、オーガニック料理を食べて過ごすのも楽しいでしょう。また、インスタ映えスポットとしておすすめなのが、ボールドウィン・アヴェニューにあるカラフルなサーフボード。真っ青な空と一緒に写真を撮ってみてくださいね。

詳細情報

アメリカ合衆国 〒96779 ハワイ州 パイア パイア湾

3.00 04

② Garden Of Eden(エデンの園)

続いて紹介するのは、美しい熱帯植物と景色が見られる「エデンの園」です。入場料は1人当たり15ドル程度かかりますが、レインボーユーカリなど、その価値以上の自然を体感することができます。孔雀や鳥も見られるかもしれません。庭園内は1〜2時間で回ることができ、舗装がしっかりとされているため、気軽に散歩するにはぴったりの場所でしょう。
また、庭園内を一通り見て歩いた後に嬉しいのが、庭園内にあるカフェです。スムージーや軽食をいただくことができ、無料Wi-Fiが備えられています。カフェの他にもギフトショップがあり、素敵なデザインのアクセサリーなどを買うことができます。

詳細情報

10600 Hana Highway, Haiku Maui HI 96708

写真を投稿する
3.05 00

③ Hana Highway(ハナへの道)

続いて紹介するのは、マウイ島で最も有名な道「ハナへの道」です。中心街のカフルイから小さな村のハナまで83km、約3時間のドライビングコースになっています。「ハナ」は、天国に近い場所と言われており、600ヶ所以上のカーブと54の橋を渡って辿りつくことができます。
道中では、窓を開けて風を感じながら、滝や海、竹林を見ることができ、夕日を望めばパワーをもらうことができるでしょう。素晴らしい景色と少しハードな道だからこそ、目的地だけではなく、ドライブ自体を目的として楽しめますね。道の随所にある小さなお店など、事前にチェックしておくことで、より一層ドライブが楽しめます。

詳細情報

Hwy,Hawaii,アメリカ合衆国

写真を投稿する
3.08 02

④ Hamoa Beach(ハモアビーチ)

続いて紹介するのは、ヘミングウェイが世界一美しいと称した「ハモアビーチ」です。全米で最も美しいビーチとして選出されたこともあり、先ほどのハナからさらに奥へ進んだところにあります。まさに天国に近いビーチと言えるのでは?透明度の高さに驚くこと間違いありません。
波は比較的高いため、サーフィンやボディーボードをするのに適しています。アクセスの関係からか観光客は少なく、地元住民にとても愛されているビーチです。波打ち際でバカンスを楽しみたい、静かなビーチでゆっくり過ごしたい人に良いかもしれません。

詳細情報

写真を投稿する
3.08 00

⑤ Black Sand Beach(ブラックサンドビーチ)

続いて紹介するのは、ワイアナパナパ州立公園にある「ブラックサンドビーチ」です。名前の通り、当たり一面黒い砂浜になっているため、コントラストで海がより深い青色に。ハナへの道の途中で立ち寄ることができます。また、ビーチの隣には、王妃の魂が隠れているとされている洞窟があり、神秘的な空間が広がっています。写真スポットとしても人気の場所。
黒い砂浜や岩で覆われた海岸線、木々や植物の緑と海と空の青さは、まさにハワイの歴史を思わせる風景であり、自然のパワーを感じることができるのではないでしょうか。観光客の数は比較的多く、透明度の高い海でシュノーケリングを楽しむこともできます。

詳細情報

Hana Hwy. near mile marker 32, Hana, HI, アメリカ合衆国

写真を投稿する
3.08 00

⑥ Pipiwai Trail(ピピワイトレイル)

続いて紹介するのは、ハレアカラ国立公園にある「ピピワイトレイル」です。往復約6.5kmの登山道となっており、所要時間は約2時間。一本道の登山道になっているため、道に迷う心配もなさそうです。また、いつでも来た道を引き返せるので気軽に登ることができます。
山の中腹には、ワイモクの滝があり、折り返し地点になります。静かな竹林の中で、滝の音を感じることができ、目の前に見られる滝の壮大さは圧巻です。その他、菩提樹の木などトレイルでは様々な景色を楽しめるのが人気の理由と言えます。

詳細情報

Mile Marker 41 Hana Hwy, HI, アメリカ合衆国

写真を投稿する
3.10 00

⑦ Lahaina Banyan Court(ラハイナバニヤンコート)

続いて紹介するのは、バニヤンツリーがシンボルの「ラハイナバニヤンコート」です。巨大なバニヤンツリーは、樹齢約140年でハワイ最大級を誇っています。ラハイナのメインストリート沿いにあり、バニヤンツリーと写真を撮れば思い出に残ること間違いなしです。
観光客だけでなく、地元住民の憩いの場にもなっており、暑い日差しから守ってくれるツリーの下でベンチに座って休憩するのも良いかもしれません。ハワイに住んでいる気分が味わえそうです。周辺には、ラハイナの歴史を無料で学ぶことができる資料館や、モールでお土産を買うことができます。

詳細情報

アメリカ合衆国 ハワイ州 ラハイナ フロント・ストリート

写真を投稿する
3.00 00

⑧ Lahaina Jodo Mission(ラハイナ浄土院)

続いて紹介するのは、三重の塔や大仏がハワイでも見られる「ラハイナ浄土院」です。真っ青な空の下、ヤシの木とともにそびえ立つ三重の塔は一見の価値があります。また、大仏は日本人移民100周年を記念して、1968年に設置されたそうで、海外の大仏の中では最大級の大きさを誇っています。
地元の人々にも馴染み深く、愛されていて、夏場になるとお祭りが開催され、盆踊りを踊ります。観光客にはあまり知られていない穴場のスポットです。外国の地に根付いた日本の文化に触れてみてはいかがでしょうか。周辺には、ビーチやラハイナ・キャナリー・モールがあり、歩いて行くことができます。モールでは、時間帯により、フラダンスのショーが見られるかもしれません。

詳細情報

United States

3.06 064

⑨ Maui’s Winery(マウイズ・ワイナリー)

続いて紹介するのは、マウイワインが楽しめる「マウイズ・ワイナリー」です。このワイナリーでは、カラカウア王の別荘であるコテージをテイスティングルームに変えました。ブドウだけでなく、パイナップルやラズベリーで製造されたワインを試飲できるのが魅力です。販売もされているため、記念に購入するのも良いのでは。
また、約30分の無料ツアーで、ワイン畑とワインの製造過程を見学することができます。ワイナリーの見晴らしはよく、ハワイの歴史を学ぶことができるギャラリーもあるとのこと。ワインを嗜みながらリッチな気分を満喫できそうですね。

詳細情報

14815 Piilani Hwy, Ulupalakua, Hawaii 96790

写真を投稿する
- 00

⑩ Nakalele Blow Hole(ナカレレ・ブローホール)

最後に紹介するのは、潮吹きが見られる「ナカレレ・ブローホール」です。ブローホールの側には小さな看板しかなく、観光客が少ない時期は、アクセスが難しい点がありますが、おすすめのスポットです。運が良ければ、勢いよく潮が吹き上がったところに虹を見ることができます。
そしてもう一つ、ここに訪れたら絶対に探したいのは「ハート型の岩」。このハートをカップルで見ると結ばれるとも言われています。駐車場から潮吹き口まで下るのは、約20分。岩場はかなり滑りやすくなっていて危険ですので、履き物なども考えて十分に注意して楽しんでくださいね。

詳細情報

Highway 30, Maui Hawaii, United States

写真を投稿する
3.08 00

マウイ島で思い出を作ってみては?

いかがでしたか?今回は、マウイ島のおすすめスポットを紹介しました。どの場所も自然と文化が美しく、忘れられない思い出になることでしょう。写真に残しても色鮮やかで、後から振り返るのも楽しそうですね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する