• はてぶ
  • あとで
自然と共生する時代。“自然×建築”を楽しむ東京のお出かけスポット7選

「都会といえば高層ビルが立ち並ぶ無機質な光景」そんなイメージはもう古い。近年、東京には都会ならではの洗練された建築に自然の緑が彩りを添えるスポットが数多く生まれているんです。今回はそんな“自然×建築”を楽しみ、日常に新たなインスピレーションを与えてくれそうなスポットを7つご紹介します。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① GYRE. FOOD / 表参道

続いてご紹介するのは「GYRE. FOOD(ジャイルフード)」です。5つの箱のようなフロアが渦巻くように積み重なったデザインが特徴的な複合ビル「GYRE」。「GYRE. FOOD」はその4階レストランフロアで、フレンチレストランやグロッサリーショップなどが一体となっています。
お店ごとの仕切りがなく、建物の中に密林があるような空間デザインは、屋内にいながら自然の開放感を感じさせてくれそうです。カラマツのブロックが階段状に積み重なったエリアは、自由に座ったり机にしたりでき、様々なシーンで利用することができそうですね。

詳細情報

神宮前5-10-1

3.60 12180

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② WITH HARAJUKU / 原宿

続いてご紹介するのは「WITH HARAJUKU(ウィズハラジュク)」です。2020年6月にオープンしたこのスポットは、様々な価値観が混じり合う“たまり場”がコンセプトの複合施設で「IKEA」や様々なアパレルショップやカフェなど個性豊かなショップが入っています。
この「WITH HARAJUKU」の敷地は、かつて「源氏山」と呼ばれる小高い丘であったことから、屋外テラスは丘を彷彿とさせる、まるで段々畑のような形状になっているんだとか。8階にある「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」からは明治神宮の杜を見渡すこともできますよ。

詳細情報

東京都渋谷区神宮前1-14-30

3.48 7151

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ 明治神宮ミュージアム / 明治神宮前

続いてご紹介するのは「明治神宮ミュージアム」です。荘厳で深い森がとても神秘的な「明治神宮」。「明治神宮ミュージアム」は鎮座百年祭記念事業の一環で開館したミュージアムで、周辺の緑とも親和性の高い建築が魅力的ですね。
このミュージアムを設計したのは、後ほどご紹介する「根津美術館」も手掛けた隈研吾氏。ロビーからは周辺の緑が見え、とても開放的な空間が広がっています。1階の「杜の展示室」では明治神宮の歴史について、2階の宝物展示室ではイギリスの馬車「六頭曳儀装車(ろくとうびきぎそうしゃ)」などが展示されています。

詳細情報

④ SHIBUYA SKY / 渋谷

続いてご紹介するのは「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」です。ここは開業当初から多くの注目を集めていた「渋谷スクランブルスクエア」の屋上にある展望空間で、およそ230mという渋谷随一の高さから、真っ青な空や渋谷の街並みを楽しむことができるんです。
屋上展望空間の「SKY STAGE」にはガラスの柵が使用され、何も遮るものがない360度の大パノラマを楽しむことができます。中央ヘリポートには人工芝があり、座ったり寝転んだりすればきっとリフレッシュできるはず。また、46階にある全面ガラス張りの屋内展望回廊「SKY GALLERY」では様々な映像演出を楽しむことができます。渋谷が誇る最先端建築を実際に体験してみてくださいね。

詳細情報

東京都渋谷区渋谷2-24番12号 渋谷スクランブルスクエア 14階・45階・46階・屋上

4.12 10416

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ 東急プラザ銀座 / 銀座

続いてご紹介するのは「東急プラザ銀座」です。この建物の建築コンセプトは「光の器」で、建物の外観は伝統工芸品の江戸切子をモチーフにしているんだとか。中には多彩なショップが入っており、伝統と革新が共存して日々新たな魅力が生まれています。
そんな「東急プラザ銀座」の屋上には「KIRIKO TERRACE(キリコテラス)」というパブリックスペースがあり、水をコンセプトにしたゾーンと緑をコンセプトにしたゾーンがあります。水の涼しさや緑の開放感を感じながら、地上約56mからの景色を楽しんでみてくださいね。

詳細情報

⑥ 東京ミッドタウン日比谷 / 日比谷

最後にご紹介するのは「東京ミッドタウン日比谷」です。ここはかつて日比谷にあった鹿鳴館から着想を得て、“ダンシングタワー”というコンセプトのもとデザインされたそうです。低層部の外観は石造りの上品なデザインが特徴的で、日比谷の名建築として知られた「三信ビル」のエッセンスも取り入れられているんだとか。
そんな「東京ミッドタウン日比谷」の6階にある空中庭園「パークビューガーデン」は、緑に包まれた癒しスポット。近くの日比谷公園や皇居のお堀を眺めたり、散策路をのんびり歩くこともできますよ。夕方から夜にかけての眺めも綺麗で、ロマンチックな雰囲気に包まれます。

詳細情報

⑦ 根津美術館 / 南青山

まず最初にご紹介するのは「根津美術館」です。ここは日本・東洋の古美術品を多く収蔵している美術館で、年に7回ある展覧会で作品を鑑賞することができます。本館はかの有名な建築家・隈研吾氏によるもので、ガラス越しに緑を感じられるカフェも必見です。
この美術館には本格的な日本庭園があり、散策するのも楽しみの一つ。石畳の小径を進んでいくと茶室や池など、なんとも趣深い光景が広がっています。まるで森林のような庭園で、静かで穏やかなひとときを過ごしてみてくださいね。

詳細情報

現代の建築へ出かけてみよう!

いかがだったでしょうか?洗練されたデザインの中に緑があると、開放的でリフレッシュできそうですよね。ぜひ、現代の東京が誇る建築へ足を運んでみてくださいね。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する