鹿児島おすすめご当地グルメ13選!これを食べなきゃ帰れない!

鹿児島県は、温暖で寒暖差が小さく、農業や畜産さつまいもなど複数種の野菜の栽培や養豚に優れていますこのような地理的要因を踏まえて、食文化を独自に発展させてきました。なので、鹿児島のご当地料理が美味しいんですよ。その中でもおすすめのご当地グルメを13選でご紹介します。地元の人しか知らないものから、全国的に有名なものまで、これを見れば鹿児島の美味しいものがすぐわかりますよ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

王道鹿児島グルメ

▷鹿児島黒豚のしゃぶしゃぶ

世界中から注目されている黒豚

鹿児島は黒豚が有名ですが、「黒豚」の発祥の地なんですよ。鹿児島県は和牛肥育頭数が全国1位で、南国の自然で育てられた黒牛はきめ細かく、柔らかな肉質とバランスがいい霜降りが特徴で世界中から注目されています。

おすすめのスポット:黒豚料理 あぢもり

鹿児島で「黒豚」が食べられるおすすめのお店は、鹿児島駅から市電やバスで約5分の場所にある「黒豚料理 あぢもり」です。1987年創業の黒豚しゃぶしゃぶの発祥の地で観光客にも大人気のお店なんです。歯応えのあるお肉に、脂の甘さと出汁の深い味わいが今までに味わったことのない旨みを引き出しています。

黒豚料理 あぢもり

鹿児島県鹿児島市千日町13-21

3.42 874
  • ¥5,000〜¥5,999
うまし

鹿児島名物である黒豚。 今では黒豚は鹿児島だけでなく全国的にも知られる美味しい豚ですが、昭和40年代には生産効率の点からランドレース種(白豚)の生産が増え、鹿児島県でも黒豚の生産量は数パーセントまで落ち込んだそうです。 そんな中、北海道出身の佐藤氏が鹿児島の黒豚を食べ、その美味しさに感動をしたそうです。 この美味しさを無くしてはならんと創業したのが『黒豚料理 あぢもり』さん。 黒豚しゃぶしゃぶの発祥のお店です。 佐藤氏は「美味しい黒豚の応援団長となれたら」という気持ちで、自らが本当に美味しいと思う黒豚を提供し続け、今では全国的な認知度になったわけです。 その努力に、歴史に、味わい深さに感動です。 ▽---------------------▽ ○店名: 黒豚料理 あぢもり ○食べログ評価3.77(2024/02/01時点) ○鹿児島中央駅より車で10分ほど ○予算¥5,000/1人 ○鹿児島県鹿児島市千日町13-21 ○Instagram→不明 ○営業時間▷11:30~14:30/17:00〜21:30 ※定休日:水曜日 ※駐車場なし △---------------------△ 【混雑状況】 木曜日12:30時点で店内満席 【オススメ利用シーン】 同僚、家族、友人、恋人 【注文】 ◆お昼のしゃぶしゃぶコース ¥4,620 お昼のコースは3,000・4,000・5,000円の3種類。お肉やお野菜の量が 【コース内容】 ◾︎小鉢:黒豚とお野菜の三杯酢がけ ◾︎サツマイモと黒豚のコロッケ ◾︎しゃぶしゃぶ ・バラ肉 ・ロース ・お野菜盛り合わせ ◾︎うどん 細めのおうどん ◾︎デザート:羊羹 お茶・コラーゲン・サツマイモ 【感想】 いやはや、、感動です。 しゃぶしゃぶと言えばゴマだれやポン酢につけて食べるものだと思っていましたが、こちらはお出汁にしゃぶしゃぶしてそのまま食べます。 お出汁とお肉の美味しさを存分に頼めるスタイル。 バラ肉はお出汁でそのままに。 ロースとお野菜は最初はお出汁とそのままで味わい、後半は卵と合わせてすき焼きのように。 お出汁とお肉が相当美味しいからこそできる食べ方かと。 接客も丁寧ですし、雰囲気もいい。 幸せなひと時を過ごせました。 ごちそうさまでした!

▷かんぱち漬け丼

養殖日本一のカンパチ

鹿児島県は、カンパチが有名で養殖のカンパチの生産量が日本一なんですよ。こちらは、新鮮な食材を使った贅沢な地元の名物料理の丼もの「かんぱち漬け丼」です。鹿児島県の認定するブランド魚“かのやカンパチ”を使った名物丼ぶりは、鹿児島だからこそ味わえる美味しさなんです。

おすすめスポット:づけ丼屋 桜勘 鹿児島店

今回おすすめする「かんぱち漬け丼」のお店は、鹿児島中央駅すぐアエールプラザ1階にある「づけ丼屋 桜勘(おうかん)」です。名物の漬け丼はもちろん、新鮮で絶品のカンパチの料理や各種定食を、お手頃な価格でいただくことができるんです。

づけ丼屋 桜勘 鹿児島店

鹿児島県鹿児島市中央町22-16 アエールプラザ1階 づけ丼屋 桜勘

3.63 34
  • 〜¥999

▷鹿児島地鶏

世界に誇る800年の歴史の地鶏

鹿児島で昔から愛されている地鶏は「薩摩鶏」と言われており、日本三大地鶏のひとつで天然記念物でもあるんですよ。およそ800年前、薩摩藩祖島津忠久の時代から飼われていたと言われており、昔は闘鶏用として鹿児島で飼育されていました。

おすすめスポット:地どりの里 永楽荘

鹿児島で「鹿児島地鶏」が食べられるお店は、「地どりの里 永楽荘」です。鹿児島空港から車で15分ほど山道を登った場所にあります。自然に囲まれた隠れ家的なお店なんです。新鮮な鳥刺は歯ごたえが良く、とり胸肉は口の中でとろけるような滑らかさ。地元どり焼きは、地鶏をサッと炙っていただきます。これがここでしか味わえない絶品なんです。

地どりの里 永楽荘

鹿児島県霧島市隼人町松永3766

3.63 349
  • ¥2,000〜¥2,999
  • ¥3,000〜¥3,999
ボリューム、お味、コスパ◎わざわざ行きたい秘境の店

今年は未踏の県を訪問する!という目標をたてたので、早速南から。 鹿児島のお店は催事のみだったし、九州も唯一、宮崎は書いてない(8年前に行っているし、美味しいものも食べたけれどもう写真がない)ので、今回は宮崎・鹿児島を訪問。 焼肉百名店が発表された時、鹿児島はここに行こう!と決めていたのは山奥にひっそり佇む【永楽荘】さん。 ナビに入れても、各種のマップで見ても違うところを案内されてしまう、まさに秘境のようなお店。 近くまで行くと主な分岐ごとに案内の看板が出ているので、それに従っていくとたどり着ける。 お食事処のほか、宿泊施設模併設。 新鮮な地鶏料理は各定食にサービスでつくなど、とにかくボリュームに圧倒される。 とにかく品数、量、質、共に驚かざるを得ない内容。 ご飯、お味噌汁、お新香、キムチ、鶏のマリネ、鳥刺し盛り、サラダ、そこに立派な焼肉のロース&カルビ。 2人でロース定食にしたらロースは1枚物のステーキサイズで提供されたΣ(゚д゚;) 見るからに立派なサシがはいり、とろける柔らかさ。 ついてきた鳥刺しは絶品♡ 行くのは大変だけれど、行く価値のあるお店。 営業は昼のみだったり、14時までだったりするから必ず事前に電話確認&予約がおすすめ。 ご馳走様でした。

▷うな丼

日本最大の養殖ウナギを堪能

鹿児島の食材と言えばお肉と考える方も多いですが、新鮮なお魚を使用した「うな丼」もおすすめです。ウナギと言えば、愛知県や静岡県が有名ですが、実は鹿児島はウナギの養殖が盛んで、漁獲量はなんと日本一なんです。かば焼きの香りが食欲を誘う、地元でも人気の「うな丼」は、遠方からの観光客にも人気のグルメです。

おすすめスポット:うなぎの松重

おすすめするのは、昭和21年創業のウナギ料理専門店、二中通駅から徒歩約2分のところにある「うなぎの松重」です。鹿児島県産のうなぎと、秘伝のタレを使った絶品ウナギ料理をいただくことができます。新鮮な「うな丼」を食べられる旅行なんて、贅沢ですよね!

うなぎの松重

鹿児島県鹿児島市下荒田1-5-10 うなぎの松重

3.57 030
  • ¥2,000〜¥2,999

▷キビナゴ

鹿児島県自慢の新鮮な海鮮

「キビナゴ」は、体調約10cmで体に美しい銀色の縞模様を持つニシン科の魚なんです。鹿児島県は、「キビナゴ」がとれる数少ない地域で、塩焼き、唐揚げ、てんぷら、お吸い物など色々な料理で使われているんです。獲れたての「キビナゴ」をお刺身で食べてみてください。

おすすめスポット:熊襲亭

鹿児島で新鮮な魚「キビナゴ」が食べられるお店は、「熊襲亭」です。鹿児島中央駅から車で10分の場所にあります。錦江湾で獲れた新鮮なキビナゴを自家製の特製カラシ酢味噌で食べられます。鮮度の高いキビナゴは銀色に光っており、宝石の輝きを放っています。

熊襲亭

鹿児島県鹿児島市東千石町6-10 熊襲亭

3.11 125

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する